2020年09月09日

面倒くさすぎるマイナンバーカード手続き

【マイナポイントきょう開始 手間…事前申し込み1割未満】
 マイナンバーカードを持つ人に最大5千円分のポイントを付与する政府の「マイナポイント」事業が9月1日に始まる。ポイントは買い物などに使えるが、複雑な手続きなどが壁になり、事前の申し込みは想定の1割未満と低調だ。この事業では1日から来年3月末まで、事前に登録した電子マネーやスマホ決済、クレジットカードなどで支払いやチャージをすると、その額の25%分のポイントが付与される。
 政府はマイナンバーカードの普及や消費喚起、キャッシュレス決済の拡大を目的に、4千万人の利用を見込み、計2千億円の予算を用意した。ところが、総務省によると、申し込んだ人は8月30日時点で376万人にとどまる。申し込みは9月以降も受け付ける。
 手続きに手間がかかるのが、低調な理由のひとつだ。申請には、マイナンバーカードが必要だが、カードの交付率は8月30日時点で19・3%。このため、多くの人はまず市区町村に申請し、交付まで1カ月程度待ったうえで、原則本人が市区町村の窓口などに受け取りに行く必要がある。カードが準備できたら、スマホやパソコンでポイントを得るためのIDを設定し、キャッシュレス決済の中から自分の好きなものを一つ登録する手続きもいる。
 事業の認知度も低く、総務省は今後テレビCMなどでPRする予定だ。担当者は「事業が始まれば申し込みも増える」と期待する。ただ、大和総研の長内智主任研究員は「個人情報漏洩(ろうえい)への警戒感とメリットの少なさからマイナンバーカードをつくるハードルが高い」と分析。高齢者を中心にキャッシュレス決済を利用しない人には恩恵がなく、「税負担の公平性の観点からも問題がある」と指摘する。
(9月1日、朝日新聞)

マイナンバーカード、マイナポイントの申請は本当にめんどくさい。今回は私が夏休みの間に家族の分を全部まとめて手配したから良かったようなものの、普通にやったら恐ろしく大変。
まずカードの場合、何せネットで登録した上で、写真をアップロードして、(わが自治体の場合)実地手続きの予約(一ヶ月後!)をして、平日昼間に役所に出向いて本申請、受け取りという流れになる。
ポイントは、交通カードの場合、ネットで仮登録した上で、コンビニなどの端末で登録する必要があるが、これも結構面倒な上、なかなか回線に繋がらず、イライラさせられる。

いかにも役所仕事で、申請させないためのシステムになっているとしか思えないほど。
また、マイナポイントは理論的には「現金決済する人から非現金決済者への所得移転」でしかなく、原理的に不公正な制度。しかも、2万円使って5千円のポイントバックという点で、手続きの煩瑣に比してメリットが小さすぎて、話にならない。
如何にも日本の役所的な「戦力の逐次投入」である。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: