2020年09月19日

芸術家支援制度の申請者は20%

【500億円規模の文化庁芸術家支援、3次募集へ。動画や事務局体制強化で申請訴え】
 文化庁は、フリーランスひとりにつき20万円からの補助を行う「文化芸術活動の継続支援補助金」の3次募集を9月12日から行う。事務局体制を強化し、さらなる申請を訴える。
 新型コロナウイルスで経済的な影響を受ける文化・芸術分野のフリーランス向けに、ひとり20万円を支給する「文化芸術活動の継続支援補助金」。その第3次募集が9月12日10時から始まる(9月30日17時まで)。
 この補助金は、新型コロナの影響で発表の機会などが減少したアーティストなどを支援するため、その活動資金として20万円から最大150万円を支給するもの。
 募集人数の目安は20万円の金額ベースだとおよそ10万人だが、2次募集が終了した時点でその申請件数は2万件超と、5分の1ほどにとどまっている。
 ネックになっているのは申請方法だ。あらためて説明すると、美術分野では申請を一般社団法人日本美術家連盟が事前確認窓口を担っている。対象をグループ(1)なんらかの美術の団体に所属する人、日本美術家連盟会員、同連盟会員の推薦を受けた人、グループ(2):グループ(1)以外の、団体に所属していない人、の2グループに分けて窓口を設け、それぞれ当該分野の専門家による要件確認が行われる。日本美術家連盟を通すことで簡便な申請手続きが可能な「確認番号」を発行することができるが、これが浸透しきっていないのが現状と言えるだろう。文化庁は、8月には申請方法をよりわかりやすく説明するための動画を作成。文化庁ウェブサイトに掲載するなどアピールを強める。
 また文化庁は3次募集の開始に備え、事務局体制を強化。より迅速な処理が可能になったという。文化庁側は「確認番号は審査を迅速にするためのもの。取りまとめ団体と申請者とで積極的にコミュニケーションを取って、より多くの方に申請していただきたい」としている。
 今回の約500億円にのぼる文化支援策。申請件数が伸び悩めば、来年度の予算要求における文化支援予算に影響が出ることも懸念される。各アーティストはぜひ文化庁ウェブサイトから詳細を確認してほしい。
(9月4日、美術手帖)

手続きが恐ろしく面倒くさい上に、窓口が狭すぎて相談電話も繋がらず、二言目には「書類の不備」で申請を却下するくせに、「申請者が少ない」などという始末。
生活保護もそうだが、そもそも「申請させない」ことを目的とした制度設計になっており、「利用しない数=余剰金額」が役所の「実績」とされているものと推察される。

私が苦労して申請したマイナポイントは、「入金した月の月末から数えて三ヶ月後に付与されます」とのこと。つまり、12月末である。これで5千円では、全く割に合わない。家族の分がなかったら絶対に申請しなかっただろう。
私の場合、マイナンバーの申請に一ヶ月、同ポイントの申請に一ヶ月かかったが、「かなりマシ」な方らしい。

こうした行政の非効率こそが現代日本が抱える深刻な問題であると同時に、自民党やKM党20年近くも政権を担ってきた結果、与党周辺の人間にのみ手厚くなりすぎて、行政が与党に奉仕するシステムと化してしまった観がある。
議会制民主主義を採用しながら、あたかもソ連末期の様相を呈しているのだ。
つまり、「やってる感」というのは安倍政権や自民党の問題というよりは、時代から二周も三周も遅れてしまった明治帝政式の官僚制の問題なんだろうと考える次第。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: