2020年09月28日

Compass Games「Europe in Turmoil」を初プレイ

19世紀末から20世紀初頭のヨーロッパを舞台に、自由主義と権威主義の陣営に分かれて、それぞれ勢力の拡大を目指すカード・ドリヴン作品。
言うなれば、「Twilight Struggle」で一次大戦前の外交・陰謀戦を描く。
ただ、TSは「アメリカ vs.ソ連」と敵対軸が明確だったが、ETは一応立て付け的に「イギリス vs.トルコ」となってはいるものの、より概念的な「自由主義 vs.権威主義」として設定されており、やや観念的と言える。

そのため、マップも地理や国家だけを描いておらず、ドイツ、フランス、ロシアなどの主要国は、パリやモスクワなどの地名の他に「国軍」「教会」「知識人」などのエリアが存在し、様々な役割を果たす。
TSの宇宙開発は、英独の建艦競争に代替されているが、ドイツは権威主義よりではあるものの、自由主義化する可能性もあるだけに、いささか微妙な感じを受ける。
また、スコアリングカードは、まずフランス、オーストリア、ロシアの三国が入っており、各々の国ごとに支配状態をチェックする。中盤戦になると、ドイツとバルカンのスコアリングカードが入る。

ゲームの流れ的には、TSと同様、初期は権威主義側が優位に展開し、後半になると自由主義陣営が有利になる傾向がありそう。
この日はT後輩とルールを確認しながら、一戦半で終わってしまったが、第一戦は権威主義陣営がドイツ、オーストリア、フランス、ロシアのほぼ全てで優位に立ち、自由主義側はどの国でも優勢を確保できないまま、終始劣勢に立たされ、第5ターンでサドンデス敗北(マイナス20点)を喫した。このゲームでは、建艦競争ですらドイツが二歩も先に進んでおり、イギリスは何の良いところも見せられなかった。

2043659461fc5ad11052209316724fa.jpg
権威主義にほぼ支配されたロシア。フィンランド、ポーランド、シベリア、ブルジョワジーだけが自由主義という点が「いかにも」だ。

第二戦は、建艦競争の「お手前」を学習してイギリスが先行、建艦競争で優位に立つと、盤面にも良い影響が出るため、何とか自由主義陣営ががんばるものの、これでも全体では「トントン」を維持するのが精一杯で、第五ターン終了時に「プラス6点」だったものの、権威主義側が優勢だったバルカンのスコアリングカードが出ていたら、「プラス1点」という状況で時間切れとなった。

本作では、スコアリングカードを処理する際に、手持ちの「安定カード」を出して微調整する仕組みになっており、これにより「スコアリングカードを持っている方が有利」というTSの弱点の克服を狙っている。
その意図はわからなく無いものの、このルールがゲームを色々複雑してしまっており、評価を難しくしている。

ゲームとしては相応の完成度となってはいるものの、色々抽象化されている点と第一次世界大戦前の外交戦という、日本人には非常に馴染みの薄いテーマである点が、TSほどには熱くなれない要因になっていると思われる。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | ゲーム、囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: