2020年10月31日

無人機で圧倒するアゼル軍

【ナゴルノカラバフ、紛争再燃】
 アルメニアの野党政治家だったパシニャン首相は18年、大統領から首相に転じて権力を握り続けようとしたサルキシャン氏をデモで打倒し、国家指導者の座に就いた。旧ソ連圏の「カラー革命」とは異なり、欧米に傾斜することなく、親ロシア路線を維持。「国是」として係争地を死守するに当たり、さすがに弱腰は見せられないようだ。
 パシニャン首相は、アゼルバイジャンのアリエフ大統領と19年3月にウィーンで初会談し、今年2月のミュンヘン安全保障会議でも議論を交わした。ただ、政変を経てもアルメニアが強硬姿勢を崩すことはなく、16年の前回の大規模衝突時から何ら変化がないと、アゼルバイジャン側の目に映ったとみられている。
 「トルコの軍事顧問らがアゼルバイジャンの司令部に入り、作戦を指揮している」。パシニャン首相は9月29日、ロシア国営テレビでこう非難するに至った。
 翻ってアゼルバイジャンは、オイルマネーを元手に軍備の近代化を進めてきた。一例を挙げると、イスラエル(対イランの観点でアゼルバイジャンを重視している)から無人機を調達したほか、トルコ製の攻撃用無人機の導入にも動いた。
 今夏には自国領内でトルコと合同軍事演習を実施していた。アルメニアは同盟国ロシアが9月下旬に行った大規模軍事演習「カフカス2020」に参加しており、この直後にナゴルノカラバフで衝突が起きた。緊張が高まっていたことは確かだ。
(10月6日、時事通信)

百年戦争の様相を呈している「ア・ア戦争」。
これまでは、アゼルバイジャン軍が圧倒的な兵力を動員してアルメニア軍に襲いかかるも、少数精鋭(60代までいる)のアルメニア軍が手練手管を使って孤軍奮闘、撃退し、米欧に強力なロビイ勢力を有するアルメニアが国際世論を制してアゼルバイジャンを一方的に非難し、諦めさせるという流れが延々と繰り返されてきた。
アゼル軍は一見、やる気満々に見えるも、撃たれるとすぐに逃げ散ってしまい、背景には腐敗による軍紀の弛緩や給与未払いの蔓延などがあった。

ところが、今回は大動員した軍は前に出さず、トルコやイスラエルなどから調達した攻撃用無人機を大量に使って、アルメニア側の戦車と長距離砲、さらに兵器・弾薬庫を破壊して、先に継戦能力を奪ってしまった模様。

まったく、これではゲームにもなりませんな。どうやら私も長生きしすぎてしまったようで。。。
posted by ケン at 12:00| Comment(4) | ロシア、中国、国際関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まさかガンダムwの世界になるとは想定外でした(笑)
今後の戦争についてのこれは試金石となるか、しかしそれにしても元々継戦能力について一切考慮していない本邦でも危機感が出ていてもおかしくはないのですが…

今回の紛争ではロシアのスタンスはどうなんでしょうね?
Posted by 装鉄城 at 2020年10月31日 16:37
私のニュースソースでは破壊されたアルメニア側の兵器は殆どダミーバルーンだとか、緒戦でアゼルバイジャンの戦車部隊をタコ殴りにしたとかで、何が何やら……。

加えてシリア内戦の頃からトルコの印象が悪くなりつつあるのも悲しいものです。
Posted by スパルヴィエロ大公 at 2020年10月31日 19:34
日本の場合、「第一撃を耐えれば、米軍がやってきてなんとかしてくれる」という前提ですし、政府的には「継戦能力を持つと米軍が帰ってしまうかも」という考えですから。

今回のロシアの立場は非常に難しいです。中東や対EU関係でトルコとは良好な関係を保ちたいですし、イランとも同様ですから。とはいえ、アルメニアとは歴史的にも宗教的に強い関係を持っており、放置もできないわけです。ですので、本格介入を避け、早期に和解させることが、ロシアにとって最大の国益となっているわけですが。。。
Posted by ケン at 2020年11月01日 08:51
戦争なので、どちらかが100%一方的にやられるということはあまりないのですが、今回はアゼル側が制空権を得て、かなり一方的に叩いていることは確かなようです。資金力が桁違いですからね。しかし、戦争が長期化すると、アルメニアの方が有利になるのが常ですが、今回の場合、アメリカが大統領選の最中で、在米アルメニア人会が動けないというのも弱点になっています。
Posted by ケン at 2020年11月01日 08:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: