2021年01月14日

世襲の何が「悪」か

「世襲議員にもこんな良い人がいたんだ」という声を聞いて、少し考えた。以下、ケン先生の主観である。

世襲か否かは人格とは必ずしも関係ない。
それを言うなら、日本であれ中国であれソ連であれ、共産党員にも「良い人」はいくらでもいるからだ。
ぶっちゃけ、私は中共の皆さんには個人レベルではあるが、非常に良くしてもらっている。
少なくとも私の周囲で、「オレは党員だ」と権威を振りかざす人は見たことない。もちろん、話には聞くのだから普通にいるとは思うのだが、そういうレベルである。

日本を代表するお坊ちゃん学校に6年間通っていた経験や、永田町に20年近く勤務した経験から言っても、いわゆる「叩き上げ」と「おぼ・お嬢」を比べた場合、性格が悪いのは明らかに前者である。仮に外面が良くても中身は腹黒が基本で、菅総理などはその典型例だろう。二階幹事長も父親は県議ではあるが、今の自民党的には「叩き上げ」に分類されるだろう。

基本的に叩き上げは他者を騙し、蹴落としていかなければのし上がれない。結果、叩き上げは「顔は笑っていても目は笑っていない」者が非常に多い。
これに対し、「おぼ・お嬢」は放っておいても周囲が持ち上げてくれるので、他者をどうこうする必要がない。
これだけ考えても、「おぼ・お嬢」は後天的要素で性格が悪くなることは比較的少ないと言える。
結果、「おぼ・お嬢」は世間の感覚とズレているところはあるとしても、「ハラグロ」であるケースは非常に少なく、比較的穏やかな性格であることが多い。

しかし、日本政治において今や自民党議員の3割以上を占める世襲議員は、「悪」の象徴である。
それは性格や能力の問題ではない。
一般的には「世襲は能力が低い」と思われがちだが、世襲議員は何と言っても幼少期から政治的環境の中で育てられているため、初期の知識や経験値が圧倒的に高く、知識や人材や社会的背景も継承しているため、総合力としては「ポッと出の落下傘」よりも高いケースが多い。
問題は、いわゆる「地盤、看板、かばん」を継承している点である。

現代の小選挙区制や参議院の一人区の場合、投票率が50〜60%程度しかなく、投票数の半分を確保すれば確実に当選する。
1つの選挙区に複数が立候補することもあるため、平均的には全有権者の20〜25%の支持を得れば、実は当選できるのだ。
その結果、有権者の10%程度をカネと利権で囲い込めるかどうか、あるいは同数の浮動票を確保できるかどうかが、勝敗の鍵を握ることになる。
自民党の「強い」議員は15%以上の有権者を利権で抱え込んでいるため、圧倒的な強さを誇っている。これは県議や市町村議を巻き込んで利権構造を確立し、中央から予算を引っ張ってくることで成立している。
これに対して、野党はNK党以外は独自の利権構造を持たない、あるいは弱いため、常に「風」頼みの選挙となり、「自民党にお灸をすえる」形でしか勝てない。小沢一郎氏は、民主党政権で利権構造の再構築を試みたが、党内抗争に敗れて失敗に終わった。

いわゆる「世襲」を「悪」とするのは、国会議員を象徴とし県議が予算分配権を握って有権者に利権を配布して懐柔する利権構造が、そっくりそのまま継承されるためである。
ただでさえ過疎化が進む地方では、利権が固定化すればするほど、利権にあぶれた層は都会に出ていくほかなく、競争力のない企業が利権に寄生して存続し、ますます地方を疲弊させている。
有力な世襲議員がいると発言力が大きくなるため、公共投資も増えるが、それは最終的には維持費の肥大化となり、自治体の負担ばかりが重くなっていく。これは、有力議員を輩出している選挙区の公共施設を見て回れば、すぐに分かるだろう。

つまり、世襲議員の「悪」とは、社会階層の流動性を止め、社会構造を腐敗させ、地域の荒廃(見た目だけは立派だが)を進めるという点においてのことなのである。
posted by ケン at 12:00| Comment(6) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同感です。
Posted by 遍照飛龍 at 2021年01月14日 12:35
 どうも、ケン先生。

小選挙区制はどうも好きませんが、
できる事は色々ありそうです。

世襲の方の立候補を禁止するのは、憲法に抵触しますし、
やはり公職選挙に立候補する時の一番の障壁、
「供託金」制度を変えるべきでしょうね。

例えば、
供託金を現在の百分の一にして、候補から徴収。もしくは、
供託金を現在の十分の一にして、一定得票の候補へ半分返却。
など、色々なやり方がありそうです。

仮に、議席定員が1であっても、多数の候補者が乱立する事に
より、当選者の相対的得票率は下がり、選挙に不確定要素が
発生し、選挙が面白くなるだけでなく、当選者への「圧力」にも
なる事ができます。 投票率も上がるかも?

とにかく、供託金制度は変えないと・・。
それから、選挙が公示(告示)された日から、投票日までは
公休日・・とするのはどうでしょうか。

ケン先生はどう思われますか?



Posted by ムラッチー at 2021年01月14日 18:44
同窓の山花孫は良い奴でしたが浮世離れした仙人タイプで、ピンの孫はナチュラルボーン腹黒(だがわかり易すぎてうまく行かない)タイプでしたね。
どちらにしろ、やはり世襲は革新・進歩主義勢力の敵ですな。

供託金については民主党時代から、廃止してその代わりに支持者の名簿を出させる、という北欧タイプが提案されているかと思います。
Posted by o_tsuka at 2021年01月15日 00:25
小選挙区の場合、一度でも当選した実績のある選挙区からは2度と立候補できない仕組みにしましょう。再選は別の選挙区からのみ可能とする。国会議員は「国全体の代表」なんですから。
Posted by 地盤剥奪法 at 2021年01月15日 12:24
小選挙区の場合、一度でも当選した実績のある選挙区からは2度と立候補できない仕組みにしましょう。再選は別の選挙区からのみ可能とする。国会議員は「国全体の代表」なんですから。
Posted by 地盤剥奪法 at 2021年01月15日 12:26
私は議会制度の根本には市民の参加する政党があり、立候補者はあくまでも政党代表者として立候補すべきで、個人としてあるべきではないという考えに立っています。

小選挙区制は二大政党制を前提とし、その二大政党は階級に依拠することから始まったわけですが、日本の場合、二大政党も階級に依拠した政党もなく(自民党は階級と言えるかもですが)、前提条件を満たしていません。

その結果、一定の固定階級からの厚い支持を受けた自民党と日本最大セクト宗派が手を組むことで、安定的な多数派を形成しています。

仮に供託金制度を廃止したり、同一選挙区からの立候補を禁じたりしたところで、投票率が相当水準まで(例えば70%くらい)上がらない限り、自公が圧倒的に強い構図に変化はないと考えられます。

選挙制度は、主権者が「どのような代表者に主権を委任したいか」を表しているのですが、日本の小選挙区制は「昔地域ボス、今人気投票」になっています。この辺をどう解釈し、再定義するか考えない限り、日本の代議制民主主義の衆愚化はますます悪化していくことでしょう。

供託金について補足すると、確かに数百万円の供託金は高すぎるのですが、日本の選挙の勝敗は結局のところ、「候補者陣営がどれだけ人と金を動員して、集票ローラーをかけられるか」にかかっており、供託金を廃止したところで、カネの無い候補は毎朝駅頭に立って演説する以上のことはできず、ほぼほぼ勝てないでしょう。

個人的には、やはり委員会別に専門家を全国比例で選ぶ方式か、同じく全国比例ながら党員投票によって名簿序列を決定する方式が良いと考えます。
Posted by ケン at 2021年01月15日 23:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: