2021年01月27日

GMT Stalingrad '42 天王星作戦

H先輩の希望で、GMT「Stalingrad '42」のウラヌス作戦をプレイ。
本作はキャンペーンの他に、ブラウ作戦、コーカサス戦役、ウラヌス作戦の3シナリオがあり、「一度はキャンペーンを」と思わなくもないが、とても現実的ではない。
今回もH先輩からのお声がけがなかったら、ウラヌス作戦のシナリオはプレイしなかったかもしれない。
だが、やはり途中からのシナリオということもあり、決して多いとは言えないユニットでも、配置リストとにらめっこしながら、一つ一つ探して配置していく作業に一時間以上かかってしまった。

14bd9fd750d294dd3e7918c193c31d8.jpg

例のごとく4人プレイで、H先輩とK先輩がソ連、O先輩と私がドイツを持った。
いざ並べてみると、確かにドイツ軍はスターリングラードと周辺にはいるものの、両翼はルーマニア軍とイタリア軍で、すでに一部攻撃が始まっているところから開始される。すぐにも大穴が開きそうな感じだ。
しかし、赤軍側もよく見てみると、そこここに裏返ったユニットがあり、攻撃力の要であるはずの戦車も予想外に少ない。枢軸同盟軍とは戦えても、ドイツ軍部隊と戦うにはいかにも戦力不足な感じだ。部隊数も決して十分とは言えない感じ。

プレイを始めると、前回プレイした「Holland '44」とルールを混同するところが多く、いちいちルールブックを確認しながらプレイすることに。
「基本設計は同じだけど、ちょっとだけ違う」というのは本当に厄介だ。

赤軍の最初の攻撃で確かに穴は開けられたものの、埋められないほどでもなく、ドイツ軍は少しずつ下がってゆく。
いかんせんソ連軍歩兵の移動力は「3」しかないため、後が続かないことと、ソ連側が部隊を温存して突破戦闘を控えめにしたことが大きい。
結局、28ターン開始で、カラチが落ちてスターリングラード包囲が完成したのが31ターン、スターリングラードの飛行場が陥落したのが33ターンで、36ターンまでにスターリングラードが陥落する気配はなく、時間切れとなった。
ソ連軍は36ターンまでに5VPをとる必要があるが、33ターンまでに取れたのはカラチの1VPだけで、かなり厳しい結果となった。

a8dcbb26e19f4bb77ec29d37e672b93.jpg

ソ連側は、とにかく早々にカラチを落としてスターリングラード飛行場も封鎖した上で、西方に突進、さらにロストフを目指す必要があるが、かなり難しそうだ。しかし、枢軸側が戦線を張れている間はまず無理であり、赤軍は損害覚悟で低比率の攻撃を繰り返す必要がありそうだ。
このリスキーな攻撃が、楽しそうと言えば楽しそうではあるのだが。。。

ヴォロネジ方面は殆ど動きがなかったものの、展開は史実に近く、これはこれで面白いシナリオと言えそうだ。
全体像を理解したところで、もう一度プレイしたいところだが、初期配置の面倒さは何とかならんものか。。。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | ゲーム、囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: