2021年02月28日

日本が勝手に五輪を開催することをG7が黙認

【G7、五輪開催決意を支持 菅首相、バイデン大統領も初参加】
 先進7カ国(G7)首脳は19日、テレビ電話会議を開いた。新型コロナウイルスに打ち勝つ世界の結束の証しとして今夏に安全・安心な形で東京五輪・パラリンピックを開催するとの日本の決意を支持するとの首脳声明をまとめた。発展途上国にも新型コロナワクチンの供給を目指す枠組み「COVAX(コバックス)」などへの75億ドル(約7900億円)支援を確認。今年を多国間主義への転換点と位置付け、トランプ前米政権で損なわれた国際協調路線への回帰を鮮明にした。菅義偉首相のG7首脳会合参加は昨年9月の就任後初めて。バイデン米大統領、イタリアのドラギ首相もG7デビューとなった。
(2月20日、共同通信)

「開催決意を支持」という部分がどうにも翻訳が疑わしいが、予選会も難しい状況では、「日本が勝手に開催することをG7が黙認」くらいが実態なのだろう。
実情はどうやら「五輪を安全に開催するという方針に合意」というものだったらしい。相変わらず外務省の情報操作はひどい。

日本側に開催中止の権限(契約上)も意志(政治上)も無い上に、IOCも利権上一心同体であるだけに、どのような形であれ強行されるだろう。
おそらくは、かなりショボい地区大会レベルのものが無観客で行われる感じになりそうだ。にもかかわらず、準備やコロナ対策には一層のカネがかかるため、負債は増える一方となる。
アメリカがメダルを独占したロサンゼルス五輪(1984)が思い出されるが、ロス五輪は少なくとも一切税金を使っておらず、かつ約400億円の黒字を出したという。

東京五輪も是非見習って欲しい。
そして、1965年の五輪不況など比較にならない影響が出そうだ。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: