2019年07月17日

芒市ー中国のタイ?

雲南省の最果て、ミャンマーとの国境に近い芒市。
人口40万人だが、漢族は半数に満たない珍しい街と言える。
漢族の次に多いのは、タイ族(人偏の秦)で、後は景頗族(チンポー、カチン)、徳昂族(トーアン)など、様々な少数民族が暮らす民族自治州である。
戦争中は日本の第33軍が司令部を置いていたが、その位置までは分からない。
けっこう駆け足の旅だったため、街中をゆっくり歩く余裕はなく、非常に残念だったが、殆どタイかミャンマーであり、街中も様々な言語が飛び交っていて、意味不明すぎる。お寺も明らかにタイの雰囲気で、大乗系では無く小乗系だ。
旅の疲れを癒やすために「タイ式マッサージ」のお店に行ったら、従業員はミャンマー人だったということも(笑)

WeChat Image_20190715104331.jpg

WeChat Image_20190715104342.jpg

WeChat Image_20190715104337.jpg
最近建てられた僧院らしいが、やり過ぎ

WeChat Image_20190715104347.jpg

WeChat Image_20190715104351.jpg
明らかに観光地になっている「お寺」

WeChat Image_20190715104356.jpg
普通の街中もこんな感じ
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月16日

一時帰国報告ー2019夏

無事帰国しました。
八月末まで日本に滞在します。
一ヶ月以上あるので、しばらくのんびりしたいです。
一年目を終えて、さすがに色々疲労がたまっているようで、雲南以降、(軽度だが)腹を下しっぱなしで、どうもいかんです。
選挙が終わったら頃から、少しずつ活動を始めようかと。
よろしくお願いします。

WeChat Image_20190715101833.jpg

WeChat Image_20190715101828.jpg

WeChat Image_20190715101803.jpg

本もマンガもゲームも買いすぎ?
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月14日

騰越戦75周年で慰霊

今回の慰霊旅行の第二の目的地は騰越、現在の騰衝市である。
ミャンマー国境に近い町で、17世紀につくられ、早々に清王朝に追われた明の王族が最後に逃げ込んだ街としても知られる。日本で言えば、吉野や十津川のようなイメージかもしれない。基本的には華僑がミャンマーを通じた交易を行うために集まってできたため、漢民族の割合が高いが、周辺の少数民族も居住している。
位置的には、ミートキーナに通じる道の途上にあるため、重要拠点となる。

しかし、街は高地に囲まれた盆地にあり、周辺高地と飛行場を守らなければならず、およそ防衛には適さない地形である。
もともと歩兵148連隊を基幹に約3千人の混成部隊が守備についていたが、インパール方面の後方に降りた英チンディット部隊掃討のために約千人が抽出され、2千人で中国軍の到来を待つところとなった。来襲した中国軍は五個師団、五万人を数え、兵力差は25倍に達した。
6月末に周辺高地に対する攻撃が始まり、遅滞戦術を講じるも、7月末には要塞化した騰越城に籠城、さらに一ヶ月半戦い続け、9月13日、最後の70名が万歳突撃を敢行、玉砕した。
この騰越の場合も、8月21日にはまだ600名超が存命で、食料も弾薬もほぼ尽きており、戦闘機によるわずかな空中投下で凌いでいた有様だった。少なくとも、この600人は日本独特の軍事思想によって死ぬことが強要されたと言えよう。
もっとも、中国側の損害は戦死9千人超、負傷1万人で、日本側の10倍近い損害を出している。
また、中国軍とインド方面連合軍が手を結ぶのは、翌1945年1月21日のことだったという。

騰衝市では、市内にある戦没者墓苑と抗日戦争記念館を訪問。
WeChat Image_20190712131355.jpg

WeChat Image_20190712131413.jpg

WeChat Image_20190712131350.jpg
小高い丘の上にある中国軍の戦没者慰霊塔、白酒を供え、黙祷

WeChat Image_20190712131406.jpg

WeChat Image_20190712131359.jpg
丘の周囲には9千柱からの慰霊碑が並ぶ

WeChat Image_20190712131403.jpg
「飛虎」こと、フライング・タイガースの米軍属戦死者の慰霊碑

WeChat Image_20190712131417.jpg
国民党軍の李根将軍が建立した日本兵の慰霊碑だが、このネーミングはいささか「平将門の首塚」みたいな感じで、どうにも・・・・・・
日本酒を供えて黙祷を捧げ、振り向いてみると、中国人の集団に囲まれそうになっていた!
中国人の同行者がいたからセーフだったかもしれないが、まだまだ危険かもしれない。
やはり行き過ぎた愛国教育は危険極まりない。

WeChat Image_20190712131421.jpg
抗日戦争記念館だが、日中戦争全体を扱っており、巨大な割に騰越戦、雲南戦役のエリアは一部に留まる。
日本陸軍が保山や騰越に対して空襲した際、炭疽菌やペスト菌を入れた弾頭を投下した、とのこと。
フライング・タイガースの展示がやけに充実していた。

同行した二人の30代の中国人は、それぞれ上海と福建の出身だが、二人とも「雲南でこんな戦争が行われていたとは知らなかった」とのこと。
それは日本人も同じことではあるが、日中戦争全体を見た場合、「ビルマ公路=援蒋ルートの遮断」は非常に大きな意味を持つ。
中国人的には、いかに先に近代化した国とは言え、自国の4割程度のGDPしかない日本が7年にわたって海上封鎖し、雲南からまで攻め込まれ、対外ルートの大半を遮断されてしまったショックは凄まじく大きいものと思われる。

騰越戦では、数万人からの一般市民が犠牲になったとも言われ、日中両軍の戦没者とともに哀悼の意を表したい。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月13日

拉孟〜大陸における数少ない玉砕地

拉孟(中国では「松山」として知られる)は、よほどの陸軍通でなければ知らない地名だろうが、実は日本軍部隊が大陸で玉砕した数少ない地点の一つであり、インパール作戦に関連して生起した戦闘の一つでもある。

まず歴史から見ていこう。
1942年1月、日本軍はビルマに侵攻、この際、中国政府もビルマに派兵を決定し、4月には新編38師などがビルマ公路を通じて雲南から派遣され、日本軍と交戦するも敗退した。日本軍はそのまま追撃して、中国雲南に進入するも、国民党軍は怒江にかかる恵通橋を爆破して退却した。
日本軍はこの線で停止、以後二年間にわたって怒江沿いに両軍が対峙する。

The_Salween_campaign_-_11_May-30_June_1944.jpg
右中央の地名の無い丸が拉孟

この恵通橋のすぐ西側にある高地が拉孟である。
恵通橋は当時最重要だった援蒋ルートであるビルマ公路の要衝であり、日本軍は二年間にわたって援蒋ルートを遮断、連合国側はインドのチンスキヤ飛行場からヒマラヤ山脈を越えて昆明へ至る空輸を行うこととなった。これに対し、日本軍はビルマのミートキーナから陸軍の迎撃部隊(いわゆる加藤隼戦闘隊)が飛び立ち、激しい空戦を繰り広げている。

1944年3月、日本軍がインパール作戦を発動、同時期にアメリカ政府が中国政府に対して雲南方面での攻勢を要請した。蒋介石はインパール作戦の始動を見て、4月に攻勢を決断、5月に「雲南遠征軍」の反攻が始まった。
拉孟を守るのは、第113連隊(熊本/福岡)の2800名だったが、中国側の攻勢に備えて分散配置した結果、残っていたのは混成の1280名という有様で、うち300人は傷病療養中だった。
これを指揮するのは、金光恵次郎砲兵少佐だが、当時49歳というロートル中のロートルだった。しかし、現役徴集の一兵卒から特士を経て少尉に任官した後、満州事変から日華事変を戦い続けたという、軍歴30年近い「ヤバいジジイ」である。とはいえ、150cmそこそこしかない上、全く偉ぶるところがなく、部下に対しても「よし、入れ!」などと言うことは無く、「お入りなさい」「どうぞお入り下さい」と言う人格者だったらしい。
これに対し、中国軍は米式装備を持った最精鋭の第1師団を基幹とし、最大時には五個師団5万人近い部隊(国民党軍の一個師団は約7〜8千人、しかも未充足の場合が多い)が動員され、拉孟攻囲戦に当たった。

拉孟は最高地点が2019メートルの超高地にあり(普通は203高地とか112高地が有名)、その最高地点を主陣地として、11000メートル分もの塹壕・地下通路を掘って何重もの堅陣を敷き、100日分の補給物資を集積していた。

中国軍は5月末から攻撃を開始するも、地形上の困難から火力の集中が上手くゆかず、損害を重ねてしまう。
さらに雨季のため攻撃側も補給物資の蓄積が進まず、陣地を一つずつ潰してゆく形でしか進展しない。
一方、日本側はインパール作戦が発動中であったため、援軍を送ることができず、実質見捨てる形になった。
最終的には9月7日に全滅、万歳突撃による玉砕では無く、文字通り死守した後の全滅となった。生還したのは、捕虜になった傷病兵数人(中国側の坑道爆破による気絶の模様)と慰安婦数名、本隊への連絡のために軍命によって脱出した三名のみだったという。
だが、中国側の犠牲は日本軍をはるかに上回る、戦死4000、負傷3774名を数えており、いかに凄まじい戦闘であったかが想像される。
なお、蒋介石は自軍の不甲斐なさに嘆息し、雲南遠征軍に対して、
わが将校以下は、日本軍の松山守備隊あるいはミイトキーナ守備隊が孤軍奮闘最後の一兵に至るまで命を完うしある現状を範とすべし。戦局の全般は我に有利に進展しつつあるも、前途なお遼遠なり。我が将校以下は、日本軍の拉孟守備隊、騰越守備隊あるいはミートキーナ守備隊が孤軍奮闘最後の一兵に至るまで命令を全うしある現状を範とすべし。日本軍の発揚せる忠勇と猛闘を省みれば、我が軍の及ばざること甚だ遠し。

なる檄文を発した。これが日本側では「逆感状」として知られることになる。
なお、現地の第33軍(参謀は辻!)が第2師団を転用して反撃に出たのは9月初めのことだった。

以下、慰霊訪問。
WeChat Image_20190711194930.jpg
西側にある駐車場から見た「松山」。

WeChat Image_20190711210847.jpg

WeChat Image_20190711210842.jpg
2013年、「山崎」につくられた記念碑

WeChat Image_20190711210833.jpg

WeChat Image_20190711210837.jpg
「山崎」から主陣地「松山」方面を眺む

WeChat Image_20190711194924.jpg
松山と山崎の間の窪みにある貴重な水源。手前は日本軍の塹壕跡。

WeChat Image_20190711194919.jpg

WeChat Image_20190711194731.jpg
「侵略軍」などと書いてある割にデータの出所は防研

WeChat Image_20190711194914.jpg

WeChat Image_20190711194904.jpg

WeChat Image_20190711194719.jpg

WeChat Image_20190711194713.jpg

WeChat Image_20190711194705.jpg
日本軍の地下坑道入口

WeChat Image_20190711194919.jpg
西山の(最終)主陣地壕入口に日本酒を奉納

WeChat Image_20190711214918.jpg
松山の中腹から見た恵通橋とビルマ公路

2013年にかなり整備されたらしく、歩きやすい山道がつくられ、かなり細かく説明が付されている。
記念碑や入口の大きな看板には、政治性が強い「日本侵略軍が云々」という話が掲げられているが、細かい説明書きはかなり客観的で、概ね

「日本兵は少数にもかかわらず、1万メートル以上も塹壕を掘り、綿密に計算した陣地を構築、一人あるいは二人で壕に立てこもり、死ぬまで戦った」
「中国軍は(何万人もいたのに)1500メートルしか塹壕を掘らなかった」

みたいなことが書かれている。
重要なのは「たくさん塹壕を掘った」「一人で立てこもって戦い続けた」である。
一次大戦以降の軍隊の基本は「穴を掘る」にあるわけで、「穴を掘らない自軍(国民党軍)が勝てるわけが無い」ことを暗示しているのだ。
同時に、訓練が不十分だったり、士気の低い軍隊において、兵卒を一人で壕に入れた場合、90%以上が逃亡、降伏、戦わないのどれかになってしまう。ごく稀に英雄的な兵が一人で戦い続けることは、どこの軍隊でもありうるが、だからこそ「英雄」なのだ。逆を言えば、例外なく一人でも死ぬまで戦い続ける日本軍は「鬼のように強い」ということになるのである。もちろん、捕虜になることが禁じられている倫理的な問題は別の話である。
この政治的メッセージと軍事的評価のアンバランスが非常に興味深い。
とはいえ、国民党軍も坑道爆破を試みたり、アメリカ製の火炎放射器やバズーカ砲まで持ち込んでいるのだから、無能一辺倒とも思えないのだが。

とにかく日本軍の陣地遺構が非常に良い状態で残されており、戦記を読んで、見る者が見れば、非常に納得のいく戦跡になっている。さすがに中までは入れないが、そこは仕方あるまい。

五泊六日で計画した旅で、上海から昆明に飛び、一泊。さらに飛行機で騰衝まで飛び(約600km!)、そこから「松山」までレンタカーで2時間ほどである。私は中国人の知り合いと一緒に来たから良いが、普通はハイヤーを丸一日予約する必要があるだろう。
なお、5泊6日のうち、太陽を見たのはちょうど松山に登った時のみで、あとは雨か曇りばかりだった。特に騰衝は霧が深く、この時期はフライトの半分以上が欠航するということで、実際、帰路は芒市から一日遅れとなった。
別の日だが、車で移動中、凄まじい雨と霧で視界が10〜20メートルあるかないかになってしまい、ノロノロ運転せざるを得ないことが何度かあった。あるインパール作戦の回顧録に、「凄まじい雨で前を歩く戦友を見失った」旨の記述があったが、まさにそれであった。

最後に改めて日中両軍の戦没者に哀悼を捧げたい。

【参考】
楳本捨三『壮烈 拉孟守備隊』 光人社NF文庫(2012)

【追記】
拉孟守備隊は七月末の段階で300名余が残るに過ぎず、それも大半が負傷しており、解囲軍が来援する見込みは立っていなかった。通常の軍隊(国民軍)であれば、降伏が許される環境にあったと考えられるが、日本軍においては許されなかった。この当時、降伏が認められない軍隊は日本が最左派にあったが、基本的にはソ連軍やドイツ軍も同じで、ただ後者は個々人の判断で降伏するケースもあった。
中世においては、籠城した軍隊に対して解囲軍を起こせなかった君主は評価が激減したため、君主が解囲不能と判断した場合は降伏許可を出すのが慣例だった。これは洋の東西を問わない。
近代においては、国民国家が成立したことを受けて、主権者が王から市民・国民へと移行、軍隊の保有者も王から国民の手へと移った。その結果、主権者たる国民を無為に殺害するような作戦行動や軍隊規則は禁じられる傾向にあったが、特に日本とソ連は例外的状況にあった。日本においては軍隊は天皇の私物であり、基本的人権も大きく制限されていたため、兵卒の生命や軍隊の損害を考慮する倫理的根拠が無く、それが酷薄、残虐非道な軍隊を作り上げ、兵員の6割を飢餓と傷病で失ったり、玉砕や自殺攻撃を行わせる背景となった。
だが戦後、それらを犯罪として問う気運は高まらず、戦争犯罪人の追及もまた非常に不徹底に終わったまま、今日に至っている。その弊害は、自衛隊において捕虜になった場合の規定がいまだ作られていないことに象徴される。天皇制と明治帝政が存続する限り、再び同じことが起きる蓋然性は極めて高いだろう。
posted by ケン at 12:00| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月06日

ブログ休止のお知らせー慰霊の旅につき

本日より一週間ほど更新を休止します。
インパール作戦75周年に関連して「菊と龍」の皆さんの慰霊に向かうためです。
詳しくは戻ってきてから報告します。

ゲームの地図で言うと、こんなルート。
2雲南慰霊計画.jpg
posted by ケン at 12:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月30日

伍相廟

政治思想教育の「ついで」に立ち寄った伍相廟。
春秋期の呉王闔閭と夫差に仕えた名軍師で、越王勾践に仕えた軍師范蠡との戦いで知られる。
呉越戦争に勝利した際、夫差に対して「滅ぼさねば禍根を残し、逆にこちらが潰される」と諫言するも聞き入れられず、その後も諫言を続けたため疎まれて自害を命じられ、「越によって滅ぼされるのを見るために、死後、我が目を城門の上に掲げよ」と言い残して自裁したと伝えられる。

WeChat Image_20190427113635.jpg

日本では漢文好きを除いて伍子胥の名はさほど知られていないが、「日暮れて道遠し」(吾日暮途遠)は聞いたことのある人も多いだろう。ただ、本来の意味はあまりに過酷な戦争のやり口を非難する同僚に対し、「老い先短いんだから、無理してでもやるんだ、手段を問うてる場合じゃ無い!」というキレた老人の戯言だった。しかし、現代では「年をとっても、まだまだやるべきことが沢山ある」みたいな良い話になってしまっている。
また、「死者に鞭を打つ」も楚王平王の死体を300回も鞭打ったことから来ている。
どう見ても優秀だが、人格に難がありすぎる人であり、上司にしたくないタイプである。
しかし、郷土の英雄かもしれないが、中国人は好きらしい。

WeChat Image_20190427113639.jpg
posted by ケン at 12:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月28日

28年ぶりの思想政治教育?

嘉興市にて、ソ連留学以来28年ぶりとなる思想政治教育の実践。
とはいえ、そこは現代中国なので殆ど観光気分でユルユルだ。

WeChat Image_20190427113559.jpg

まずは南湖上の小島にある「紅船」。
1921年、毛沢東らが第一回共産党全国代表大会を開き、中国共産党の成立を宣言した「聖地」で、本来は上海にある李漢俊の自宅で開かれたのだが、早々に官憲に察知され、すぐさま全員脱出、汽車で移動した上、安全を確保するため船上で「大会」を続行した。その人数はわずか12人だったと言う。
この12人の内、日本の大学を出ているものは4人おり、時代を感じさせる。また、このうち生き延びて1949年の中華人民共和国成立に立ち会えたのは、毛沢東と董必武(日大)の二人だけだった。

WeChat Image_20190427113609.jpg

遊覧船に乗って南湖上にある小島に渡るのだが、老若男女とりどりで、仏僧のツアーも見られ、船の前でみな騒々しく記念撮影し、まぁ完全に観光地と化している。こういうところも、いかにも現代中国だ。
島自体は、清の時代につくられた別荘・庭園として存在しており、これも観光地になっている。

WeChat Image_20190427113616.jpg

船を下りて、10分ほど歩いて「英雄公園」に。
南昌蜂起から長征・抗日戦を経て国共内戦に至る殉死者を祀る記念碑だが、2006年に整備されたもの。
こちらは紅船とは打って変わって誰もいない。
今になって「英雄公園」を整備するというのは、やはり政治的思惑が見えすぎて、今ひとつピンとこない。

WeChat Image_20190427113643.jpg

さらに数分歩いて、南湖革命記念館へ。
こちらは2011年に建てられた、さらに新しい革命史の博物館。いかにも巨大で、見た目は人民大会堂にしか見えないし、金にものを言わせている感じ。そういえば、日本のバブル期に乱造された巨大公民館、美術館を思えば良いかもしれない。
こちらは学生の社会科見学を含め、けっこう人が入っている。
身分証の提示は必要だが無料で、この辺はさすが社会主義国である。

WeChat Image_20190427113647.jpg

WeChat Image_20190427113652.jpg
(初心を忘れるな、のスローガンが何とも微妙)

中では、アヘン戦争から辛亥革命を経て、中国共産党の成立、内戦と戦争を経て、新中国の成立から現代に至る170年の歴史を延々と展示している。巨大な建物に3フロア分もあるので、見るだけで相当疲れる。
しかし、展示内容は意外と(思ったよりは)客観的で、陳独秀や周仏海のような「裏切り者」についても、罵倒するような記述では無く、淡々と解説している(全て中国語だから完全に理解できるわけでは無いが)。あまりプロパガンダ、プロパガンダしていないところは好印象で、普通に見ていられる。
さすがに新中国成立後になると、あれやこれや「すっ飛ばしすぎ」なところはあるものの、そこは現代にまで掛かってくることだから仕方ないかもしれない。それでも、文革前後のことなど可能な範囲で客観的に伝えようとしている努力の跡は見受けられ、ソ連学徒としては色々葛藤が想像されて面白い。

自分が中国学徒だったら、もっと楽しめたのかもしれなかったが、とにかく色々勉強になった。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする