2019年02月26日

ちいさな独裁者


『ちいさな独裁者』 ロベルト・シュヴェンケ監督 ドイツ(2017)
「RED レッド」や「ダイバージェント」シリーズなどハリウッドで活躍するロベルト・シュベンケ監督が母国ドイツでメガホンをとり、第2次世界大戦末期に起きた実話をもとに描いたサスペンスドラマ。1945年4月。敗色濃厚なドイツでは、兵士の軍規違反が続発していた。命からがら部隊を脱走したヘロルトは、偶然拾った軍服を身にまとって大尉に成りすまし、道中出会った兵士たちを言葉巧みに騙して服従させていく。権力の味を知ったヘロルトは傲慢な振る舞いをエスカレートさせ、ついには大量殺戮へと暴走しはじめるが……。出演は「まともな男」のマックス・フーバッヒャー、「ヴィクトリア」のフレデリック・ラウ、「顔のないヒトラーたち」のアレクサンダー・フェーリング

ひっそりと上映されているが、かなりマニアックな上、いろいろ「来る」作品である。
ある脱走兵が大尉の制服をまとい、総統の名を連発すると、周囲の人間は皆思考を停止させ、自然に権威に従属することを選んでしまう。
そして権力が肥大化し、暴走して行く。
こう書いてしまうと、いささか陳腐に聞こえてしまうが、それが見事に映像化されていることに本作の意義がある。
実際のところ、ヘロルトは大尉の制服を拾っただけだが、実のところ権威の源泉であるヒトラーも「権力を拾っただけ」と言えなくも無く、そこに権威主義と全体主義、あるいはポピュリズムの恐ろしさがある。

この「権力を拾っただけ」というのは、永田町に勤務していた私には感覚的に理解できるものだ。
現代日本においても、例えば現総理などは30年前の自民党であれば、誰からも見向きもされなかったであろう程度の人物と見られるが、それが全体的な人的水準の低下とともに浮かび上がって、いつの間にか最高権力を得て、さらに権威を肥大化させ続けている。そして、官僚もマスコミも思考を停止させ、権威に従属することを進んで選んでいる。過激化していないだけで、1930年代のドイツと2012年以降の日本は非常に多くの共通点を抱えている。
その意味で、ヘロルトは決して例外的あるいは特殊な人間ではないのである。

映画自体はドイツ映画らしく、いかなるカタルシスもなく淡々と物語が進んで行く。
シュヴェンケ監督はインタビューで、本作を『ヒトラー〜最期の12日間〜』のアンチ・テーゼと位置づけている。
それは、ナチズムやその全体主義の暴力がヒトラー一人の責任に帰せられるものではなく、ドイツ国民の全てに帰せられるものだからだという。
そして監督の祖父を含めて「普通のドイツ人」が全体主義と暴力に加担したことを描く必要を訴えている。

本作のもう一つの魅力は、ドイツ人らしい歴史再現度にある。
もともと史実をベースにしているわけだが、空軍大尉の制服から国民突撃兵の自転車や武装、野戦憲兵隊の装備や仕草、そして脱走兵の収容所に至るまで、1945年のドイツを完璧に再現している。規則や手続き(あるいは人道?)にこだわる収容所の法務官もいい感じの演技になっている。
名作『バーダー=マインホフ 理想の果てに』では、テロリスト(運動家)のアジトにある本棚にある本の並びにまで配慮したという逸話があるが、いかにもドイツ人らしいこだわりである。

確かに本作の物語は1945年4月の「ちいさな」出来事かもしれないが、内包するものは決して古びてはいない。
posted by ケン at 12:00| Comment(2) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

【宣伝】The Unknown Soldier (2017)

結局KV戦車の映画は時間の都合(平日夜一回だけとか無理)で見に行けなかったが、良さげな映画の公開情報を知ったので紹介したい。
次回は「継続戦争」だ!
 フィンランドで2017年国内興収No.1の大ヒットを記録し、1テイクに使用した爆薬の量がギネスにも登録された映画『アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場』が、6月22日より新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開されることが決定した。

 フィンランドでは有名なヴァイノ・リンナの古典小説『無名戦士』を原作にした本作は、第2次世界大戦時に祖国防衛のために継続戦争をソ連軍と戦った、フィンランド兵士の壮絶な姿を描く戦争アクション。1939年に起きた、フィンランドがソ連と戦った“冬戦争”が翌年に終結。その代償として、カレリア地方を含む広大な国土がソ連に占領された。国土回復を掲げ、1941年にフィンランドはドイツと手を組み、再びソ連との戦争を開始した。これが「継続戦争」である。

 ロッカ、カリルオト、コスケラ、ヒエタネン、年齢や立場、支える家族などそれぞれ生きてきた背景が違う4人の兵士たちを通して、フィンランド軍がいかにしてソ連軍と勇敢に戦ったのかを克明に描写する。非情である最前線で戦う兵士たちに血肉を通わせ、友情、ユーモア、そして生きる意志が兵士たちの団結の力を生み、占領された土地を取り戻していく。最前線を担う各兵士たちの生活とその家族たちの生活を大きく変えてしまった“継続戦争”だが、たとえ戦場で息絶えたとしても戦士たちの生きた証はそれぞれの家族に、そして大地に確実に刻まれていくのだった。

■公開情報
『アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場』
6月22日(土)より 新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー
監督:アク・ロウヒミエス
出演:エーロ・アホ、ヨハンネス・ホロパイネン、アク・ヒルヴィニスミ、ハンネス・スオミ
撮影:ミカ・オラスマー
配給:彩プロ
2017年/フィンランド/フィンランド語/カラー/スコープサイズ/5.1ch/132分(インターナショナル版)/PG-12/原題:Unknown Soldier
(2月8日、Real Sound)



posted by ケン at 12:00| Comment(2) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月10日

新・北斎展 HOKUSAI UPDATED

六本木ヒルズにある森アーツセンターギャラリーで開催中の「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」に行く。

00091912.jpg

葛飾北斎の展覧会は一年中どこかでやってそうなくらいのイメージだが、本展は非常に見所が多く、足を運ぶことに。
2000件を超える北斎と北斎派のコレクションを所有していた北斎研究家(コレクター?)の故・永田生慈氏が企画したものだが、ご本人は企画中に亡くなられている。
ごく初期の作品から90歳で逝去する年に描かれた作品まで、70年近い年月を「アップデート」してきた北斎の画家人生を追っている。

WeChat Image_20190210100153.jpg

50代にして先を見据えて画の教本を書いたのに、そこから画家人生をさらに30年以上も続け、特に70代以降の肉筆画の迫力たるや鬼気迫るものあり、西洋画のような写実性ありで、「アップデート」ぶりがよく分かる。
90年の人生で70回も転居を行い、89歳にして江戸と信濃を往復する(もちろん徒歩)など、人間離れしたアクティビティは、空海やレオナルド・ダ・ヴィンチに通じるものがある。
非常に見応えのある展覧会である。

WeChat Image_20190210100202.jpg
ヒルズから見た東京の夜景。左手に新宿、東京都庁。左下に青山墓地と米軍麻布基地。
posted by ケン at 10:20| Comment(0) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月30日

ロマンティック・ロシア展

a3f3f88d79dbd2227c3146b9ab9ad7bc.jpg
トレチャコフ美術館の「ロマンティック・ロシア展」に行く(終了済み)。
滑り込みセーフだった。やはり東京は良い。
中国でも大都市部は美術や芸術のインフラが整いつつあるも、日本のレベルには遙かに及ばない。やはり日本の場合、戦前から培ってきた知識と経験、そして諸外国の美術館との深い関係があることが大きい。
中国の美術館や博物館は建物こそ新しくて立派だが、展示の質はまだまだな感じだ。

本展は19世紀後半のいわゆる「移動派」を中心に、風景画と人物画を展示している。
ロシアの風景画というのは独特の色使いがあって、一見単調な風景の中にロマンと懐古を見いだすことができる。従って、単調と言ってしまえばそれまでだが、そこに何を見いだすことができるかは観る側のセンスや感覚が問われる。想像力が必要なのだ。
何よりも光の使い方が非常に美しい。

クラムスコイ、シーシキン、クズネツォフらの魅力を余すこと無く堪能できる。作品の選別も非常にセンスが良く、トレチャコフに実際に行くよりもむしろコンパクトに凝縮して楽しめる。トレチャコフやロシア美術館は大きすぎて、途中で集中力が切れてしまうところに難があるからだ。

本展だけでも一時帰国して良かったと思える。
posted by ケン at 12:00| Comment(2) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月14日

【宣伝】タンク・ソルジャー 重戦車KV-1


鋼鉄の軍団”に挑んだ、不屈の男たち
1942年、激戦が続くロシア戦線。ソ連軍重戦車KV-1を駆り、世界最強のドイツ軍ティーガー戦車部隊に、絶対不利な戦いを敢然と挑んだ戦車兵たちの、驚くべき実話。

ツッコミどころが多すぎるが野暮な話なので何も言わない。
ただKV1が主役でありさえしてくれれば、それで良いのだ!
何とか2月に公開して欲しい。
posted by ケン at 20:31| Comment(3) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月22日

ドイツの同人映画がヤバすぎる件

一部ネットで話題になっていて、私も見てみたが、確かに凄い。
何が凄いって、同人制作であるという点だ。
一回10分前後で、エピソード5まで作られているが、「低予算の同人」に驚愕させられる。
細かいところでは「んん?」と思うところもあるのだが、どうでもいいレベルで、どうやらロシア人も本物のロシア人を使っているようで、色々リアリティがある。
むしろ短い時間に凝縮されているからこその良さも感じられ、もっと制作背景が知りたくなる。



posted by ケン at 12:00| Comment(4) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月24日

大河ドラマ 静かなドン

年初に見たロシアドラマ「エカテリーナ」も、TVドラマとは思えないクオリティで、「とても日本は太刀打ちできない」と思ったものだが、本作は、好みこそ分かれるところかもしれないが、個人的にはエカテリーナを超える出来だと評価している。いや、TVドラマでここまで魂が揺さぶられるほど感動した経験は無いかもしれない。それくらいの完成度だった。

81J0DwZglvL._SL1500_.jpg
『静かなドン』(日本語字幕付き) セルゲイ・ウルスリャック監督 ロシア1(2015) 

ソ連・ロシア学徒でも無い限り、『静かなドン(Тихий Дон)』を知っている人は稀だと思うので、先に説明したい。
同作は、ソ連期の作家ミハイル・アレクサンドロヴィチ・ショーロホフの代表作品で、一次大戦から革命を経て内戦に至る時期の、とあるドン・コサックの一族の末路を描いている。
コサックとは、本来、逃亡農奴や逃亡民、没落貴族などが自然的に集まって形成されたコミュニティを指し、民族などの概念では説明できない特殊な背景を持つので、日本人に一から説明するのは難しい。敢えて言えば、日本の「サンカ」に近いのかもしれないが、これも殆ど説明にならないだろうし、コサックには貴族がいることもどう説明すべきか難しすぎる問題だ。

それは一端放置するとして、コサックはある種「自由」の象徴であると同時に、「ロシアの何かを象徴するもの」として存在している。内戦期に白軍について戦ったため、徹底的な弾圧に遭い、コミュニティとしてはほぼ全滅させられたものの、今日でもロシア人の中にはある種の憧れや畏敬を覚える者が少なくない。いや、ロマンと言った方が良いかもしれない。

『静かなドン』は、トルストイの伝統を受け継ぐ長編小説で、ドン・コサックのタタールスキー部落を中心に何人かの主人公の視点からコサックの末路が描かれている。一次大戦における華やかな活躍を経て、革命が起き、部族は革命側と反革命側に分裂、長老が主導権を握って反革命側につくも、一進一退を繰り返す中で死人が続出、部族内部でも血で血を洗う抗争が繰り広げられ、やがて破滅してゆく。
日本では、後半の陰惨な情景が好まれなかったようで、人気は今ひとつだったようだが、そこには日本に共通する「滅びの美学」が感じられる。



もう一つ本作が凄いのは、反革命側の視点に立ち、政治的にはかなり中立的に描かれ、革命軍による虐殺なども書かれていたため、共産党の重鎮は当然のことながら、ソ連の文学人すら非難する始末だったにもかかわらず、スターリンの一声で擁護され、出版が認められた点にある(かなり検閲は入ったようだが)。そして、何よりもスターリンの愛読書で、スターリン自身何度も読み返したらしい。
また、文学人や学識者の非難は、「コサックの情景がリアルすぎる。日記か何かを剽窃したものに違いない」というものだった。知識人がそう考えるくらい、ロシア人からもリアルに見える作品なのだ。

本作は何度も映画化、ドラマ化されているが、本作は最新の2015年に「ロシア1」放送局が制作したもの。その完成度は、非常に高く、ロシア国内でも「最も原作に忠実」との評価が与えられている。45分のエピソードが14本あり、メレホフ家の次男であるグレゴリーの視点で描かれる(原作は複数主人公)。
セットも非常にリアルに再現されており、コサックの部落も「いかにも」な感じで、ドン川が原作通りの存在感を示している。しかし、映像美に頼ることなく、変に理想化して描くこともないところがまた良い。
何よりも全体の構成と脚本、そして演技が素晴らしく、そのどれ一つとっても、日本のテレビでは再現不能だろう。細かいところを言えば、現代のロシアの俳優が演じているので、「コサックぽくない」ところもあるのだが、そこは脳内補正するほかあるまいし、99.9%の日本人はコサックが何かを知らないだろうから、問題あるまい。
革命・内戦期の映像作品はあまり多くなく、この時期のコサック視点の映像は非常に貴重だ。戦闘シーンは多くないが、騎兵突撃から下馬戦闘に至る経緯も描かれていて、これも興味深い。



ロシア学徒的には、グレゴリーの「ロクでもない人格者」という説明が難しい人物像が見事に描写されているのが感動ものだし、父親であるパンテレイの「いかにもロシア」な蛮性には懐かしさを覚えるほどだ。
確かにドラマチックに描いているところもあって、リアリズムとは異なるのだが、かといってリアリズムを阻害するほどにはなっておらず、旧来のソ連・ロシア作品にありがちな「わかりにくい描写」も抑えられており、絶妙なバランスになっている。数々の音楽も非常に心を打つものがある。
ただ、相変わらず何の説明も無いため、私も部族内の人物関係(誰が誰か)を把握するのに前半部くらいかかってしまったところは、難点と言えよう。初心者向けには解説書が欲しいところではある。また、翻訳の都合だろうが、訳が簡略化されすぎていて惜しいことになっている。



ロシア・ソ連学徒、ソ連ファンは必見(&滂沱の涙)、絶対に見て損はしないと太鼓判を押したい。ロシア語を学んで良かったと思える名作である。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする