2019年09月06日

30年ぶりのロードス島戦記

一ヶ月遅れになってしまったが、水野良『ロードス島戦記 誓約の王冠』を読了。

WeChat Image_20190829093026.jpg

WeChat Image_20190829093017.jpg

ロードス島戦記は高校生の時に読んで、まだ和製ファンタジーを小馬鹿にしていた自分をたしなめてくれた作品でもあった。
30年も経てば黒歴史も笑い話である。
引っ越し(海外移住)や実家の建て替えで、学生の頃に読んだ本の多くは処分してしまったが、大事にとっておいた数少ないものでもある。
ラノベも30年経てば、十分に「お宝」だろう。

その水野先生の新作は先祖返りで「100年後のロードス島」だった。
あえて内容には触れないが、例の如く「薄い、あっさり、超王道」の水野節は健在ながら、今のところ「二番煎じ」でも無さそうで、悪くない出だし。
続刊を楽しみにしたい。どうせ一年に一冊のペースだろうから、中国住まいでも関係あるまい(笑)
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月23日

アガリスクエンターテイメント『発表せよ!大本営!』



アガリスクエンターテイメントさんの舞台『発表せよ!大本営!』を観劇。
1942年6月。行け行けドンドンの楽勝ムードで臨んだミッドウェー海戦にて歴史的な大敗を喫した日本軍。
戦勝パーティーまで準備していた海軍は、ショックも冷めやらぬまま新たな問題に直面する。

ーーーこの結果を国民にどう発表する?

「真実を伝えるべき」
「いや、国民の士気を落とすわけにはいかない」
「逆に危機感を煽ることによって戦意高揚を図るっていう…」
まとまらない意見。責任をなすりつけ合う各部署。

こうして、海軍報道部員のいちばん長い日がはじまった…!

虚偽の大本営発表はミッドウェー海戦に始まり、そこから坂道を転げ落ちるように嘘の上塗りを重ねたとされている。
そのミッドウェー海戦の敗戦と損害をどのように発表するのか。

敗北を認めれば責任が問われる軍令部(作戦部)は「国民の士気が下がる」として虚偽報道を主張。
「従来通りそのまま発表すれば良い。その方がむしろ士気が鼓舞される」とする海軍省軍務局。
「俺らの報告が間違っていると言うのか!」とねじ込んでくる現地部隊。
「海軍に敗戦の責任を認めさせよう」と企む陸軍。
その狭間に立って、各部から「そんな発表は認められない」と言われて窮地に立たされる報道部。
各部に良い顔をして、人を立て、妥協に妥協を重ねた結果、部分最適化には成功したものの・・・・・・

という話をブラックコメディーの舞台にした一作。

midoweekaisen.jpg

脚本も面白く、俳優も熱演しており、なかなか時宜にかなった舞台だった。
ただ、市井のカップルが「大本営発表があったら告白するのどうの」という流れは本筋と殆ど絡んでおらず、何のために入れたのか不明だった。
無用の「パンしゃぶの構造」(性欲と食欲を同時に満たす必要は無い)であろう。
全体で130分と非常に長く、この部分をカットすれば、100分ちょっとに収まったはずだ。
私が見た回はほぼ満席で大人気だっただけに、非常に惜しいところである。。

虚偽の発表や統計偽装は、今の霞が関でも横行しており、もはや昔話では済まされなくなっている。


posted by ケン at 12:00| Comment(0) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

『二百三高地 愛は死にますか』

今となっては忘れ去られているようだが、かの名作映画『二百三高地』にはTVドラマ版がある。
映画公開の翌1981年1月〜2月に放送されたものだ。
骨格は映画版を踏襲、脚本も基本的には変更せず、時間的に全8回分に増えた分のエピソードが追加されている。
追加された分の多くは銃後の人間関係に費やされ、第七連隊(金沢)の中隊兵士の家族や恋人などが細かく描かれている。乃木の家族についても同様。
軍関係でも、南山攻略や海軍との関係が追加され、全体像がわかりやすくなっている。

81Najgtk11L._SY445_.jpg

大きく異なるのは配役で、主人公の小賀少尉役があおい輝彦から永島敏行に、恋人の松尾役が夏目雅子から坂口良子に、乃木希典が仲代達矢から田宮高広に、明治帝が三船敏郎から(現)松本白鴎(当時は市川染五郎)などになっている。
この配役の違いをどう評価するかが、大きなポイントとなるわけだが、どうしても映画版で記憶がプリンティングされているため、マイナス評価になりがちだ。特に夏目雅子が良すぎただけに……
とはいえ、田宮高広の乃木は絶品で、最近再評価されつつあることを含め、「乃木はこれだよ!」と快哉を上げたくなるほど成りきっている。
明治帝も三船がやると三船になってしまう点で染五郎の方が良く、むしろそっくりさんみたいになっている。

また、銃後の描写が増えた分、いささか「お涙ちょうだい」化が見られるものの、ケン先生が「ゴールデンカムイの背景にある日露戦争症候群」で描いた日露戦争症候群の要素が多分に追加され、NHKが制作した「坂の上の雲」のような英雄万歳作品とは一線を画している。
この点は庶民目線の笠原和夫ならではであるが、笠原のドライな視点が薄めなのは残念だ。
しかし、映画を含め本作は当時、「戦争賛美」「右翼映画」と非難されたそうだが、左翼の私が見てもサッパリ理解不能だ。やはりNK党は禁止すべきなのだろうが、それは良い。

乃木や第三軍司令部の描写も、当時は既に司馬史観が蔓延し「無能」の評価が定着していたはずだが、今見てみると意外と中立的に描かれており、「さすが笠原和夫」と言いたくなってしまう。例えば、乃木は必ずしも正面突撃に賛成では無かったが、砲弾不足と周囲(上)からの要請によって、他に選択肢が無くなってしまった点など、良く描かれている。

1960〜70年代の戦争映画のような熱量は無いし、現代の戦争映画のような再現性も無いわけだが、人間ドラマとしてはやはり良くできた作品だと思う。
posted by ケン at 12:00| Comment(4) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

日本暗殺秘録

71jXUlkUAZL._SY445_.jpg
『日本暗殺秘録』 中島貞夫監督 東映(1969)

今日では半ば忘れ去られているが、「昭和動乱+笠原和夫」というマニアには垂涎ものの一作。
幕末の桜田門外の変(井伊大老)に始まり、明治期の紀尾井坂の変(大久保内務卿)、大隈重信暗殺未遂事件、星亨暗殺事件、大正期の安田善次郎暗殺事件、ギロチン社事件(アナキストによるテロ)を経て、昭和初期の血盟団事件、相沢事件、二・二六事件と繋がる一連のテロリズム史を、オムニバス形式で描いている怪作である。
オムニバス形式なので、言ってしまえば再現ドラマの連続のような感じだが、一応血盟団事件が本筋のような感じで映画の骨格をなしている。
つまり、血盟団事件のみがきちんとしたドラマになっており、後は暗殺シーンだけなので、全体としての作品のバランスは非常に悪い。人によっては「これは何の映画なの?」と思ってしまうかもしれない。が、そんなことはマジでどうでもいい。

SID0020922.jpg

なんと言っても『二百三高地』や『仁義なき戦い』など昭和を代表する脚本家の笠原和夫が脚本を担当。
そして、贅沢すぎる役者群が凄すぎる。
テロリスト役として、若山富三郎(桜田門外の変における有村次左衛門)、安田善次郎を殺害する朝日平吾役は菅原文太、五・一五事件の精神的指導者である藤井斉海軍大尉は田宮次郎、血盟団事件の小沼正は千葉真一、永田鉄山を惨殺する相沢三郎少佐に至っては高倉健である。これらの人々が次から次へと「天誅!」「奸賊!」とやるのだから、(悪い意味での)高揚感が半端ない。菅原文太や高倉健などは、出てきていきなり「天誅〜〜!」して次のシーンに移ってしまうのだが、恐ろしくカッコ良く描かれている。

当時、本作を見た反左翼の若者がこぞって右翼に入ろうとしたらしく、当時まだ存命だった小沼正から感謝され、「テロリズムを助長する」と非難され、公開規制まではされなかったものの、マスメディアからは完全に無視され、口コミでしか広がらなかったという曰くがある。
批判を受けた中島監督は「右翼やテロを美化する意図は無かった」と弁解したそうだが、「いや、それは無理ってもんでしょ」と言いたくなるくらい、真に迫っている。

血盟団事件と昭和動乱がナゾ過ぎるのは、井上準之助を殺害した小沼正や団琢磨を射殺した菱沼五郎が無期懲役となりながら、1940年には恩赦(法律上、殺人・殺人未遂には恩赦は不適用だった)で出獄、戦後もそのまま活動し続けている点にあるが、笠原はきちんと取材しており、テロリストの実像に迫っている。

映画作品としての完成度は低く(バランスが悪すぎる)、テーマ的にも問題ありまくりなのだが、現代作品では再現(演技)不能な熱量を誇っており、少しでも興味を持った者は是非ともGYAOなどで見て欲しい。

【追記】
いわゆる血盟団事件(本人らはそう名乗っておらず、検事がつけた名称)に際してテロに賛同した20〜30人ほどの集団には、東大生が四人、京大生が三人いた。この点、現代では理解しづらいことだが、理解・受容できないと、この時代のことは理解できない。
また、相沢事件(永田鉄山暗殺)に際して、相沢少佐は永田局長を斬殺した後、そのまま任地に赴任するつもりだったが、実行時に興奮していたためか自身もけがをしてしまい、医務室で施療を受けていたところを憲兵に拘束されたという。殺害後、陸軍省内では大騒ぎになったが、根本新聞班長や山下奉文調査部長らが「良くやった!」などと激励、拘束された憲兵詰所においてすら「握手してください!」と人が集まったという。こうした空気感が想像できないと、昭和の時代は理解できない。とはいえ、現代もそれに近い雰囲気が醸成されつつある。
posted by ケン at 10:39| Comment(0) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月09日

工作 黒金星と呼ばれた男

resize.jpg
『工作 黒金星と呼ばれた男』 ユン・ジョンビン監督 韓国(2018)

韓国のスパイ映画だが、従来の作品とはかなり毛色の異なる、現代ならではの作品。
北朝鮮において核開発が疑われた1992年、ある陸軍少佐が国家安全企画部にスカウトされ、北朝鮮への潜入捜査を命じられる。
その任務は「核開発の現状を把握する」「寧辺への潜入を試みる」「できる限り地位のある高官に接触する」で、いずれも尋常ならざる難易度の任務である。



前半はオーソドックスなスパイ映画の展開だが、後半は様相が変わってくる。
主人公は事業家に擬装して北朝鮮の対外経済部と接触を試みるが、利用し利用される関係の中で、擬装だったはずの民間事業が「南北融和の象徴」になっていってしまう。
さらに、対北諜報活動と言いながら、国内政治に関与して保守党を裏から支え、そのために北の軍部などと取引する安企部に対し、主人公は疑問を持つようになる。
そして、金大中が出馬する1997年の大統領選を迎え、クライマックスとなる。

ストーリー展開も描写も大胆かつダイナミックで、非常に見応えがある。
スパイ活動のディテールも緻密に描かれ、、演技も抜群で、グイグイ物語に引き込まれて行く。
音楽や演出で盛り上げるのでは無く、ストレートに演技で勝負しているところは高く評価したい。

本作の最大の特徴は、北を「悪」として描くのでは無く、可能限り中立的に描いている点にある。
善悪の単純な対立構造ではなく、「利害の一致」「交渉による妥協と融和」「善の中の悪、悪の中の善」など南北を巡る複雑な関係性も見事に描かれているのは、2018年という時代を表しているのだろう。」
北側の担当者たちも体制の人間とは言え、みな「一人の人間」として描かれ、みな様々な思いを心に秘め、ふとしたきっかけで露呈される。
その辺の描写がまた絶妙で、「上手すぎる」としか思えない。
同時に平壌などの再現度が半端なく、金正日役も非常に納得度の高い再現度で感動すら覚えるほど。
色々「なるほど、こうなっているのか!」と思わせるところが非常に多く、映画とは思えないくらいだった。

久しぶりに映画館でもう一度見てみたいと思える作品を見た気がする。
超お薦めである。

【追記】
本作を見ると、日本で国政選挙が近くなるたびに「飛翔体」が発射されるのは、官房機密費が北に流れているためであることが容易に想像さよう。
posted by ケン at 10:28| Comment(2) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月21日

アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場

320.jpg
『アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場』 監督・脚本:アク・ロウヒミエス フィンランド(2017)



フィンランドは、1939年の冬戦争で失われたカレリヤ地方を奪還すべく、(実質)枢軸国の一員として1941年の対ソ戦に参戦した。
フィンランド政府は本戦争を「冬戦争の延長」と位置づけ、「継続戦争」の名称が付けられた。
本作は、この1941年6月から44年9月までの継続戦争を、フィンランドでは著名な小説『無名戦士』に基づいて映像化したものである。
人口550万のフィンランドで100万人を動員したというから、大変なことになっている。
いかんせん、当時の人口400万人の内、50万人が戦時動員されたというのだから、日本で言えば1千万人が動員されたのと同じ規模になる。つまり、ほぼほぼ家族で誰かしら従軍したような話なのだ。

ストーリーは、機関銃大隊の同じ中隊に所属する4人の兵士を主人公に展開する。
継続戦争では、主に戦闘が行われたのは、侵攻時の1941年と退却時の1944年で、残りは塹壕戦ということになる。
非常にオーソドックスな組み立てと脚本で、変に奇をてらわず、無闇に感動的にすることもなく、戦争を美化することも無く、戦争映画の基本に忠実的なところが非常に好ましい。
継続戦争なので、1941年の「カレリア奪還」「共産主義を倒せ」というノリノリと、3年戦っても終わらない憂鬱と、総退却・末期戦という「3つの味が同時に楽しめる」要素もある。
現代の映像技術と尋常では無い火薬量で、ソ連側の猛砲撃やフィンランド軍の機関銃の凄まじさが良く再現されており、見ているだけで疲れるところはあるものの、非常に見応えのある出来になっている。

個人的には『ウィンター・ウォー〜厳寒の攻防戦』の陰惨さに軍配を上げたいところだが、映画としての出来は本作の方が勝っているだろう。
一度は見ておいて損は無い作品である。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月30日

【再宣伝】アンノウン・



継続戦争!!
頼むから俺が帰るまで終わらないでくれ!!
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする