2017年07月05日

ハクソー・リッジ

bg_main_pc.jpg
『ハクソー・リッジ』 メル・ギブソン監督 アメリカ(2016)

良心的兵役拒否者ながら太平洋戦線への従軍を志願し、公式記録で75人の負傷兵を保護したとして名誉勲章が授与されたデズモンド・T・ドスの入隊から沖縄戦までを描く。
とはいえ、映像化されているのは沖縄戦の、前田高地戦の2〜3日間だけで、「ハクソー・リッジ」とは米軍側の名称で「弓鋸崖」を意味する。そもそもこの邦題が適当だったのか大いに疑問だ。

以下、ネタバレ注意。



ネット上の評判は悪くなく、一部に熱い支持者がいるようだが、動員の方は芳しくないらしい。敢えて沖縄や対日戦であることを隠した宣伝が、映画の内容までも隠してしまって、二の足を踏ませているのかもしれない。何がテーマなのか分かりづらいとも言える。
そして、結論から先に言えば、戦闘シーンこそ部分的に充実しているものの、テーマ的に戦争映画なのか宗教映画なのか曖昧で、しかも最終的には形の異なる英雄譚になってしまっていて、「こんな立派な人がいたんです」程度の主張に終わっている

客観的に見ると、宗教的に尖りすぎた主人公が、愛国心と信仰と宗教的義務に突然目覚めて、軍隊内の軋轢を乗り越え、美女と恋を成就させ、文字通り剣林弾雨の戦場で八面六臂の活躍をして戦友を救いまくり、生還するという話で、しかも本人は自身の特異な精神と信仰に何の疑問も躊躇も無いため、ある種、異世界ヒーローもののような話になってしまっている。
おそらくは、現代日本人の大半は主人公に共感を覚えることは無いのではなかろうか。狂信的なまでの「信仰に基づく義務感」から軍の規範や習慣に反してでも従軍し、「国家に尽くす」という発想は、普通に想像の範疇を超えるからだ。

ところが、現実のアメリカ人がどう感じたかは分からないが、米国と米軍の成り立ちを考えた場合、本主人公の存在は必ずしも特異なものではない。少し長くなるが、説明しておこう。

アメリカ独立戦争は、もともと七年戦争とフレンチ=インディアン戦争に伴う財政危機を回避するために、英政府が植民地(のみ)に対する課税強化を行ったことに端を発する。様々な新規課税が植民地移民の合意なくして進められた上に、東インド会社の茶だけは非課税の独占販売ということになり、「ボストン茶党事件」(1773年)が起きる。これに対して英政府が弾圧に乗り出して懲罰的立法による自治権剥奪を行った結果、各植民地を守る民兵が暴発、イギリス正規(連合王国)軍との戦闘に入った。アメリカ独立のための「大陸軍」が結成されたのは、植民地ごとに分断された民兵の統率を一本化するためであり、現に独立が認められ戦争が終結すると、大陸軍は実質的に解散、その後も長いこと常備軍を置くことに慎重なスタンスが続いた。独立戦争に続く、米英戦争が1812年に起きたとき、米陸軍はわずか1万人足らずしか持たなかった。

アメリカ軍の目的は「独立を維持すること」にあり、「必要なときに必要な兵を志願募集、不要になったら解散して市民生活(信仰)に戻る」ことを原則とした。アメリカ合衆国は、本来的には平等な権限を有する州の連合体(合州国)であり、巨大な権限を有する中央政府や軍隊は「悪しき英国モデル」として忌避すべき存在だった。アメリカ市民にとって至高の価値は、イギリス国教会から独立した「崇高なる純粋な信仰生活」(ピューリタニズム)であり、個人の信仰と家族共同体を守るために軍に志願することは、神に忠誠を尽くし天に徳を積むものだった。結果、軍に集ったものは「信仰と家族を守る兄弟」と考えられた。つまり、「神に対する義務と神の下での平等によって信仰共同体を協同防衛する」というのがアメリカ軍の根幹理念だった。アメリカが、無神論のソ連や中国、あるいはイスラム諸国に過剰な敵愾心を示すのは、「信仰共同体に対する脅威」であるからなのだ。

作中の前半部は、志願して入隊しながら小銃を手にすることを拒否する主人公に対する隊内イジメと軍法会議で終始するわけだが、「信仰の内容がどうあれ、信仰を守るために軍役に従事するのは米国市民の本分である」という主人公の主張と、軍事法廷が出した結論は、アメリカの国と軍の成り立ちを理解していないと、主張は狂信者のそれ、判決は非常に御都合主義的に見えるだろう。結果、よほどアメリカ史に通じていないと作品の意味するところが理解できず、恐ろしくハードルの高い作品になっている。そして、後半部の延々と続く戦闘と救出のシーンは、ギブソン監督にとっては「神の試練」を描いたに過ぎず、監督の主張は前半部に集約されているという点でも、戦争映画としては問題ありすぎだろう。

その戦闘シーンは、確かに沖縄戦の中でも最も過酷な5月上旬の前田高地を描いているだけに、日本側の火力集中も凄まじく、米側にも死傷者が続出するわけだが、肉体損壊の描写が全く容赦なく、スプラッター映画以上になっている。故に「プライベート・ライアンを超えた」などという話も出ているが、どうだろう。日本軍は真っ昼間から突撃してくるし、しかもかなり密集しており、映像演出上の理由なのだろうが、疑問は禁じ得ない。

やはり戦争ドラマとしては、トム・ハンクス『ザ・パシフィック』の方が、平均的なアメリカ市民が出征してどう感じて何を考え、見えない日本軍に撃たれまくる恐怖感や、突然襲いかかってくる敵の恐ろしさ、つまり太平洋の戦場の実相が良く伝わっている(ような気がする)。
やはりギブソン映画は「宗教映画」なのである。
posted by ケン at 12:43| Comment(2) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

完全版 ウィンター・ウォー〜厳寒の攻防戦

ソ・フィン戦争=冬戦争を描いたフィンランドの名作『TALVISOTA』(邦題:ウィンター・ウォー〜厳寒の攻防戦)の完全版が、一週間限定で公開された。「完全版」というのは、元々90年代に公開されたのは半分以下に大幅カットされたバージョンで、販売されたDVDもそれだった。私もDVDで見たクチだが、面白いは面白いが人物関係もストーリーも全く繋がりが分からず、「どうしてこんなことに」と思っていた。
制作は1989年で、もっと早く完全版も公開できたのではないかと思うのだが、版権が散逸してしまってどうにもならなかったらしい。とにかく今回完全版が公開されたのは僥倖だったが、今度は一週間限定、しかも朝の一回だけ。つまり、土日のどちらかで必ず見なければならないという状況に陥った。
しかも、相変わらず邦題は『ウィンター・ウォー』などというもので、何故日本語で定着している「冬戦争」にできなかったのか。日本のDVDでは95分程度のバージョンだったものが、実は原作ドラマは300分以上、映画に編集されてなお197分の超大作であったことも判明、省略しすぎて別物ではないかと。
言いたいことは山ほどあるが、ここは我慢。

以下、ネタバレ注意

320.jpg
『ウィンター・ウォー 厳寒の攻防戦』 ペッカ・パリッカ監督 フィンランド(1989)


1939年秋、軍事的要衝カレリア地峡の割譲を迫るソ連の要求をフィンランドが拒否。ソ連軍の侵攻に備え、マルティとパーヴォのハカラ兄弟をはじめ多くの男たちが招集されるが、武器は乏しく満足な装備もなかった。凍てつく寒さの中ついに強大な兵力と軍事力を誇るソ連軍が国境を越えてくると、フィンランド軍は厳しい戦いを強いられ……。

本作は、今公開されている「ハクソー」のような英雄譚とは異なり、ごく一般的な市民が徴集され、民兵も同然の兵装で「まさか戦争にはならないよね」位の感覚で前線に送り込まれたところ、「兵が七分に森が三分」みたいなソ連軍が攻め寄せてきて、ひたすら壕に籠もって耐え続ける話である。
人間関係も戦争も非常に淡々と描かれ、戦死はあっという間、ラストですら突然終わってしまう感じで、どこまでもカタルシスを否定する精神が貫かれている。アメリカ人に爪の垢を煎じて飲ませたいところだ。
動員される方も、米国人のように愛国心に燃えて志願するとかではなく、「ソ連、攻めてくるってよ」「ふ〜ん、どうせちょっと戦ってすぐ講和ってとこだろ、面倒くせぇ」くらいのノリで、見ている日本人の方が「そんなんでいいんきゃ?」という感想を持ちそうだ。

全体的には、動員から戦場に着くまでのシーンは比較的短く、戦場シーンの大部分は塹壕戦で、ひたすらソ連軍の砲爆撃に耐え、時々T26に支援されたソ連軍が大挙して突撃してくるのをスオミ機関銃とモロトフ・カクテルでなぎ倒すというもので、似たようなシーンが延々と続くという意味で退屈は退屈なのだが、冬戦争の実相が良く伝わっている感触があり、どこまでも貴重な映像であることは間違いない。延々と続く砲撃の恐ろしさがよく分かる作品でもある。
マニアックなフィンランド軍やソ連軍の装備については、よだれものであることは言うまでも無い。

ただ、完全版を見ても、相変わらず登場人物の人間関係はよく分からない点が多かった。日本陸軍などと同じで、一つの郷里から召集されて部隊が編成されているため、小隊内もかなり縁戚関係で占められているみたいなのだが、それを抜きにしてもまだ誰が誰だかわかりにくい演出になっている。一つには、軍事に疎い人が翻訳をしているため、どうも階級や部隊編成、指揮系統に誤訳があり、物語を分かりにくくしてしまっている。フィンランド語ができる日本人など数える程度しかいないだろうから、やむを得ないかもしれないが、DVD化するときは、多少値段が上がっても良いので、梅本先生に監修してもらうべきだ(必ず買うから)。また、大河ドラマを再編集して短くしているところも、「完全版」ながら限界があるのだろう。

色々難点はあるものの、テーマと映像自体が超貴重であるという点だけでも名作といえる作品であり、DVDが出たら必ず購入して普及に努めたい。そして、是非とも継続戦争の映画『Tali-Ihantala 1944』も公開あるいはDVD化していただきたい。
posted by ケン at 01:00| Comment(0) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

夏アニは賭ケグルイの一択!

og_img_kakegurui_v02.png



2017夏アニは賭ケグルイ(原作・河本ほむら、画・尚村透)の一択!
すでに原作も予習済み。準備万端であります!

「勝てば特権階級。負ければポチ。ハイリスク・ハイリターン」−政界も同じです。そりゃあみんな狂いますよ。

シグルイにしても賭ケグルイにしても、日本人はこっちの方が素なのでは無いかとすら・・・・・・
posted by ケン at 01:00| Comment(0) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

ミュシャ展とバベルの塔展

別の日ではあるが、ミュシャ(ムハ)展とバベルの塔展に行く。
特にミュシャ展は会期末ということもあり、凄まじい混雑で、平日に早退して行ったにもかかわらず、入場に40分待ちで、もうちょっと遅かったら入れなかったかもしれなかった。最終日などは90分待ちだったという。

sp_main_top.jpg

ミュシャ展が特別だったのは、門外不出だった「スラヴ叙事詩」が全20点まとめて来日し、展示されたことにある。「スラヴ叙事詩」はチェコを始めとするスラヴ民族の歴史的エピソードを巨大絵画に描いた作品群。一次大戦前後の混乱、二次大戦中の秘匿(ナチスの掠奪を逃れるため)、共産党政権下での冷遇(退廃芸術)が重なって、日の目を見るようになったのは、1960年代のことだったが、それも作品が巨大すぎる問題もあって、辺境地の城で展示されていた。プラハ市内のヴェレトゥルジュニー宮殿に移設されたのは2012年のことだった。自分も90年代にプラハとブルノには行ったが、その頃はプラハにはなく、図鑑でしか見たことなかっただけに、この機会を逃せば二度と見られないかもしれなかった。
実際に見てみると、確かに巨大で、作品の全容を見るためにはかなり離れて見る必要があった。あまり展示されてこなかったためか、保存状態は良いようで、ミュシャの淡い色使いが非常に美しい。個々の題材は、日本人には殆ど馴染みのないもので、私でも「知っている」程度のものが多かったが、そんなことはどうでもいいだろう。
圧倒的多数の装飾絵画とは異なるミュシャの魅力とパワーに直に接することができて、この上なく幸福だった。

2017_babel_b_l.jpg

バベルの塔展は、16世紀ネーデルラント絵画のボシュ(ボス)とブリューゲルを中心に聖書のエピソードを題材にした幻想絵画を中心に展示している。
改めて見ると、シュルレアリスムの原点とも言える怪奇作品が多く、『ベルセルク』の三浦建太郎氏が非常に強く影響受けていることがよく分かる。
「バベルの塔」は何人もの画家が描いているが、中でもブリューゲルのそれが最も有名。私も実物は見たことがないので楽しみだった。作品は思ったよりも小さく、非常に緻密に描かれているので、凝視しなければ細かいところは分からないのだが、同作の前だけはエスカレーターのように通過させられるため、詳細は背後に展示されている拡大図を見なければならなかった。まぁこれも最新技術で良くできているので文句はないのだが。
全体の展示バランスも作品の選定もセンスが良く、見応えのある展覧会だった。ただ、ミュシャ展よりはずっと人が少ないものの、作品が小さいものが多いだけに、見て回るのは大変だった。
posted by ケン at 12:00| Comment(2) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

TVドラマ「巨匠とマルガリータ」

P1250569.JPG

ТВ Сериал "Мастер и Маргарита"

ミハイル・ブルガーコフの発禁小説「巨匠とマルガリータ」がロシアでドラマ化され、初回視聴率50%という恐ろしい数字をたたき出した。
原作を読む気にはなれないので、せめてドラマでもと思ったのだが、500分という大河で、これすら見終える自信が無い。
posted by ケン at 13:00| Comment(0) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

祖国は我らのために

stage_66346.jpg
「祖国は我らのために」 マコンドープロデュース 古川健・脚本 蔵本朋幸・演出

ロシア革命100周年ということで、様々な図書が出版される中、舞台も上演されていた。脚本家の方からして物心ついた頃にはソ連が無くなっていたくらいの年頃で、演じている役者さんに至っては大半がソ連崩壊後の生まれという、圧倒的に若い世代ばかりで、実際のソ連を知る最後の世代になってしまった私としては、観る前から不安ばかりしかなかった。案の定、観客も若い人ばかりで、自分は圧倒的に高齢寄りだった。一般論的には、ソ連でも演劇でも若い人に興味を持ってもらうのは良いことだとは思うが・・・・・・
1917年ロシア歴2月、帝政ロシア首都ペトログラード。
圧政と世界戦争の長期化によって市民たちは、その日のパンにすらありつけない貧しい生活を余儀なくされていた。
彼らの目の前にはまばゆい宮殿。
贅沢な生活を思うさま楽しむ一部の貴族、資本家。
やがて貧しい市民の心に怒りの炎が宿る。『革命』という名の炎が・・・。

「20世紀最大の事件」と呼ばれたロシア革命。

名もなき若者たちは立ち上がり、強大な旧権力に戦いを挑んだ。その戦いの先に理想の社会を夢見て

まず脚本が非常にボリシェビキ視点で、今どき日共でもこんな革命礼賛はしない。とはいえ、帝政に対する絶望と「二月革命の裏切り」が、十月革命の原因になったことは否めない。だが、2時間という枠で分かりやすさを追求した結果、ケレンスキーらが悪者、レーニンらが救世主になってしまっている。これを肯定的に捉えるとしても、ケレンスキーにもメンシェヴィキにも彼ら(なり)の正義があったことを描かないと、ただの革命礼賛になってしまう。ケン先生的には、そこまで割り切ることはできない。

演出的には、35人もの役者が絶え間なく動き回り、あるいは組体操的なものがあったりして、迫力はあるのだが、どうにも「力技で押し切る」観が強く、「パワー以外はどうなの?」と思わざるを得なかった。つまり、大声とドタバタが多すぎてプロパガンダ的になってしまい、評価するのが難しい。幕間も暗転も殆ど無く、観ていて疲れるのも問題。
やはりロシア革命を描くなら、視点は大衆では無く中上流になってしまうものの、『ドクトル・ジバゴ』辺りのものを参考にした方が、現代あるいはソ連を知るものとしては良い(ロシアっぽさが出る)ような気がする。
そうでなければ、あれこれバランスを取ろうとしてことごとく失敗して臨時政府を瓦解させてしまうケレンスキーの「無能」に焦点を当てた方が、政治的には面白く、現代的な視点となるだろう。

細かいところでは、メンシェヴィキはレーニン派によるレッテルに過ぎず、決して誰も少数派を自称したりはしない。まぁ分かりやすくするためには必要な措置なのかもしれないが。また、アレクサンドロフのソ連国歌「祖国は我らのために」は、スターリン期のものであり、当時みなが歌っていたのは圧倒的に「インターナショナル」だった。この点も気になる人は非常に気になっただろう。

厳しい話にはなってしまったが、こうしたテーマに取り組む姿勢は高く評価したく、今後も期待したい。
posted by ケン at 12:34| Comment(0) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

Hugo Bossと黒い制服はヤバいという話

実はドイツのアパレル・ブランドである「Hugo Boss」がナチスの制服を制作していたことを知り、驚いている。レベルこそ低いものの、ヲタ歴だけは40年からある上、短いものの一時期はアパレル業界に身を置いていたこともある自分が知らなかったことがショックだった。

a0LV38d_700b_v1.jpg

初代フーゴ・フェルディナント・ボスは、婦人服仕立屋の店主で一次大戦に一兵卒として出征、生還後、混乱下の南ドイツ・メッツィンゲン(ロートリンゲン)で総合ブランド「Schneiderei Hugo Boss」(仕立屋ボス)を立ち上げ、作業着や地方自治体の制服を中心に制作していた。それもドイツ経済の浮沈に大きく左右され、大恐慌で一度は倒産してしまう。ところが、フーゴ氏が1931年にナチ党に入党したことから、大転機が訪れる。

1932年、ボスは国家社会主義ドイツ労働者党の制服の制作を受注する。最初に制作したSSの制服がいきなり大ヒットする。同党の国政選挙の得票は、1932年7月で1375万票と急成長する時期にあった。そして33年には政権を獲得、翌34年には独裁権を確立する。
ボスがプロデュースしたSA、SS、ヒトラーユーゲントなどの制服デザインがナチス人気に大きな影響を与えたことは言うまでも無い(デザイナーはKarl Diebitschら)。数年前に自社を潰した街の仕立屋のオヤジがわずか数年にして、欧州随一の大国の各種制服を一手に手がける国家的あるいは世界有数のメーカーになったのである。
だが、それも10年を経て第三帝国が崩壊、同時に「ボス帝国」も瓦解し、一転して「ナチス協力者」として告発され、事業停止に追い込まれてしまう。フーゴ氏は、公民権を停止され、「全体主義への奉仕者」と罵倒されながら、48年に死去する。

戦後は娘婿が事業権を継承、戦後も警察や郵便の制服を作り続け、紳士用スーツで再起を図り、80年代には再び西ドイツを代表するアパレル・ブランドに成長、全世界に進出している。
私がプロデューサーだったら、是非とも映画化あるいは舞台化したいところだが、欧州では上映できず、ボス家の許可も下りそうに無いから、今まで実現していないのだろう。

やはり黒い軍服というのは、それだけで強そう(怖そう)に見える。だが、デザインを学んだ経験のある者としては、黒は「締める」のが難しく、下手するとアクセントや締まりの無いデザインになってしまい、扱いが難しいのを知っている。
この点、ケン先生のお勧めは、ソヴィエト・ロシアの海軍歩兵(Морская пехота)である。ボーダーのシャツとレトロな海兵帽が特徴で、どちらかと言えば「ダサ格好いい」系ではあるし、米海兵隊と同様「マッチョなヤンキー」ではあるのだが、引き締まった印象を持たせるデザインになっている。ウラジオストクで、少人数ではあるが行進しているところを見たことがあるが、実際に見ても格好良かった。

53205818.jpg

61cc03d67a244f988635f3d2c0cca73b.jpg

Soviet_naval_infantrymen_DN-SN-86-00829.jpg

日本の場合、明治期は陸軍でも海軍でも黒を基調としていたが、後に機能性の問題から廃止されていった。現代では、陸上自衛隊の予備学校である高等工科学校の制服に残っているくらいだが、今見ても「明治の香り」がしてヲタク的には嬉しいものの、強さや格好良さの点では惜しいものがある。個人的には赤い線が締まりを悪くしているように見えるのだが。まぁ、現代ドイツや日本の場合、敗戦国である以上、周辺国に脅威を与えないよう配慮する義務があり、軍服もあまり強そうに見えてはならないという暗黙の了解があるのだろう。仕方ないとは言え、惜しすぎる。

P1250320.jpg
posted by ケン at 12:22| Comment(0) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする