2019年07月21日

アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場

320.jpg
『アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場』 監督・脚本:アク・ロウヒミエス フィンランド(2017)



フィンランドは、1939年の冬戦争で失われたカレリヤ地方を奪還すべく、(実質)枢軸国の一員として1941年の対ソ戦に参戦した。
フィンランド政府は本戦争を「冬戦争の延長」と位置づけ、「継続戦争」の名称が付けられた。
本作は、この1941年6月から44年9月までの継続戦争を、フィンランドでは著名な小説『無名戦士』に基づいて映像化したものである。
人口550万のフィンランドで100万人を動員したというから、大変なことになっている。
いかんせん、当時の人口400万人の内、50万人が戦時動員されたというのだから、日本で言えば1千万人が動員されたのと同じ規模になる。つまり、ほぼほぼ家族で誰かしら従軍したような話なのだ。

ストーリーは、機関銃大隊の同じ中隊に所属する4人の兵士を主人公に展開する。
継続戦争では、主に戦闘が行われたのは、侵攻時の1941年と退却時の1944年で、残りは塹壕戦ということになる。
非常にオーソドックスな組み立てと脚本で、変に奇をてらわず、無闇に感動的にすることもなく、戦争を美化することも無く、戦争映画の基本に忠実的なところが非常に好ましい。
継続戦争なので、1941年の「カレリア奪還」「共産主義を倒せ」というノリノリと、3年戦っても終わらない憂鬱と、総退却・末期戦という「3つの味が同時に楽しめる」要素もある。
現代の映像技術と尋常では無い火薬量で、ソ連側の猛砲撃やフィンランド軍の機関銃の凄まじさが良く再現されており、見ているだけで疲れるところはあるものの、非常に見応えのある出来になっている。

個人的には『ウィンター・ウォー〜厳寒の攻防戦』の陰惨さに軍配を上げたいところだが、映画としての出来は本作の方が勝っているだろう。
一度は見ておいて損は無い作品である。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月30日

【再宣伝】アンノウン・



継続戦争!!
頼むから俺が帰るまで終わらないでくれ!!
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【宣伝】帰ってきたムッソリーニ



ムッソリーニたんもご復活されるようで。
でも、夏休み後かよ〜〜。
それにしても「帰ってきた昭和帝」や「帰ってきた東条」ではどう見てもつまらなそうなところが辛い。
しかし、「国防軍の夜2」をコメディーにして映像化すればイケそうな気もする。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月16日

『八佰/The Eight Hundred』


『八佰/The Eight Hundred』 菅虎監督 台湾(2018)

第二次上海事変、四行倉庫戦が映画化。
まぁ色々盛っていそうではあるけど、日本の仮想戦映画よりは見応えはありそう。

7月5日から大陸でも上映されるらしいので、帰国前に必見!
posted by ケン at 13:57| Comment(0) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月26日

宝塚deゲバラ?!

フェイクニュースかと思ったらマジだった。
今年一番の衝撃かもしれない・・・・・・

D7GXRpsVsAQDF1K.jpg
ミュージカル『チェ・ゲバラ』
作・演出/原田 諒
「20世紀で最も完璧な人間」とサルトルに言わしめた男、エルネスト・ゲバラ(通称チェ・ゲバラ)。生涯一闘士としての生き方を選び、鋼のように強い意志と炎のような情熱を持った彼は、数々の伝説を残した革命家でありながら、人間愛を貫いた男でもあった。没後50余年を経ても、その不屈の精神と高い理想は今なお色褪せることはない。フィデル・カストロとの友情、妻アレイダとの愛、革命家仲間たちとの心のふれあいと軋轢──多彩な登場人物たちを織り交ぜながら、その誇り高くも激しく、清廉で理想に燃えた生き様をドラマティックに、そして鮮烈なまでに力強く描き出すミュージカル。
エルネスト・ゲバラはアルゼンチンの裕福な家庭に生まれながらも、ラテンアメリカの貧困を憂い、その原因となっている列強国による支配を打破すべく立ち上がる。キューバのフィデル・カストロと志を同じくしたエルネストは共に戦い、キューバ革命を成功へと導く。やがてキューバ政府の要職に就いたエルネストだが、自らの存在意義と国家のあり方に苦悩することになる。「祖国か、死か!」──民族や国家を超えて、世界革命を追い求めた孤高の革命家の眼は、自らに課した次なる責務を見据えて
posted by ケン at 09:31| Comment(0) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月13日

【宣伝】『芳華』

本日日本で公開される中国映画。これがなかなか凄くてイイ。
1970 年代の中国、軍隊芸術団に青春を捧げる青年たち。 劉峰(リュー・フォン)は純朴で人助けが好きな好青年として仲間に信頼されている。何小萍(フー・シャオピン)は希望と 理想を持って芸術団に入団したが、農村出身であるため芸術団の先輩たちにいじめられている。激動の時代、恋の動悸、 人々が運命に翻弄され、思わぬ結末に...

1970年代の「文工団」を舞台とした青春群像劇あるいはラブストーリーなのだが、「文革」「バレエ」「中越戦争」という、ケン先生的には「盛り込みすぎでは?!」というくらい萌え要素満載となっている。実際、前半部と後半部では全く別の映画になってしまっている向きは否めないのだが、決して悪いわけではない。


『芳華』 馮小剛監督 中国(2017)

文工団というのは、要は軍の慰問部隊のことで、ソ連の赤軍合唱団に女性を加えたものと考えれば良いだろう。
ヒロインは父親を労働改造所に送られて、単身文工団に入団するが、それを理由にいじめられてしまうが、努力と根性で認められてゆく。かなり少女漫画の王道すぎる設定ではあるが、文革という背景があるだけに、簡単には片付けられない。
この文工団には多くの少女が所属していて、主に舞踊(中国バレエ)を担っている。舞踊の練習シーンも非常に美しく描かれているのだが、ロシア・バレエ好きのケン先生的には「やっぱソ連・ロシアの方がスパルタだな」などと思ってしまう。

後半に入ると、毛沢東の死を経て、中越戦争が勃発。解放軍の一部である文工団も当然動員され、ヒロインが恋心を抱いていた先輩は、団内で起きた不祥事から最前線送りにされてしまう。そして、二人はそれぞれ心身にダメージを受けて終戦を迎え、文工団は解散、改革・開放時代に突入してゆく。

前半の王道過ぎる少女漫画っぷりと、後半の戦争・戦争後遺症の描かれ方のアンバランスさが、なかなかに上手に融合され、描かれており、ハリウッド映画にありがちな「パンシャブの構造」(恋愛と戦争を一緒に描くな!)に(ギリギリのところで)ならずに済んでいる。

特に中越戦争で中国側がボコボコにされるシーンだけでなく、傷痍軍人やPTSDについてまで真正面から描いていることは、正直なところ良く公開が許可されたと驚きを禁じ得ない。実際、公開直前に当局のストップが掛かって、延期されたというのだが、果たしてどこが検閲・削除されたのか分からないくらいだ。この点だけでも、十二分に見に行く価値がある。当局による言論規制が強まっていると言われつつ、ここまでの表現は認められるということを確認できよう。

ただソ連・ロシア学徒的には、全体的に美しく描かれ過ぎており、わずかに「きれいすぎる」「ゆるい」不満が残ったことは否めない。ケン先生はどうしても中国をソ連・ロシアと比較して、いつも「(良くも悪くも)ゆるいなぁ」と思ってしまうわけだが、ロシアの場合、「幸せは悪」くらいの徹底した悲劇・悲観主義が全てを覆っていて(そこまで不幸にしなくてもといつも思う)、それに慣れすぎているからだろう。
そもそも文工団に可愛らしい女の子が沢山いて、「きゃっきゃ、うふふ」状態なのも、赤軍合唱団愛好者の私的には、「そうじゃないんんだ!!!」と叫びたくなってしまう。

ちなみに、私は日本公開の話を聞いて初めて本作を知り、「見てみたい」と微信にアップしたところ、友人から「(ネットの)QQで見られるよ」と教わり、「5元」をスマホ決済で払って、そのまま鑑賞した。中国語字幕があるので、半分くらいは意味が取れる。いやはや、中国は超便利である。いささか味気ないとは言えるが。
posted by ケン at 00:00| Comment(6) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月29日

映画が1900円に

【TOHOシネマズが鑑賞料金を値上げ 一般1900円に】
 TOHOシネマズが3月18日、映画鑑賞料金の値上げを発表した。アルバイト人件費などの運営コストの増加を理由に、6月1日から料金を改定。TOHOシネマズ名の全国66拠点で、現在1800円の一般鑑賞料が1900円、1100円のファーストデイやレディースデイは1200円に変更される。
 TOHOシネマズは、以下のコメントを発表。「弊社では、デジタル映写機や自動券売機等の導入による運営の効率化を図るとともに、映画をより多くのお客様にお届けし楽しんでいただくために新規出店や鑑賞環境の改善などに努めて参りました。しかしながら、アルバイト人件費を中心とした運営コストの上昇や各種設備投資への負担増により、企業努力だけではこれらの吸収は極めて困難であると判断し、鑑賞料金を改定させていただきます。今後も更なる企業努力により、お客様にご満足いただけるようサービスの向上に努めて参りますので、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます」。
 改定後は、現在1800円の一般鑑賞料金が1900円に。1100円のシニア、ファーストデイ、レディースデイ、TOHOシネマズデイは1200円、2200円の夫婦50割引(2人で)は2400円となる。大学・高校・中学・小学生、幼児、レイトショーの料金改定はなく、12月1日の「映画の日」は現行料金の1000円で実施される。
(3月18日、映画.com)

色々なものが少しずつ値上がりしているが、映画1900円は高すぎだろう。日本にいた時はさほど気にならなかったが、海外から帰ってみると強く感じる。
そもそも「アルバイト人件費を中心とした運営コストの上昇」ということだが、時給1000円程度でボーナスも社会保障費も無い人件費が経営を圧迫するだろうか。これが本当だとすれば、そもそも経営に失敗しているとしか思えない。
やはりMX4Dを始め、IMAX、TCX、ATMOSなどの映画そのものの上映費用ではなく、付加価値を高めるための投資があまりにも高くついていることが大きいのでは無かろうか。これらは個人的には「どうでもいい」ものであり、そのために値上げされるのは、いささか納得がいかない。

この傾向は2000年代前後に日本の家電メーカーが、中国・韓国ブランドと競争するために、価格競争では無く、付加価値を高めることで対応しようとした結果、使われない機能ばかりが増えて、ユーザーからそっぽを向かれ、ほぼ全滅してしまった(残るはパナと日立のみ)故事が思い出される。

今の時代、映画館での上映など止めて、ネット配信だけで良いのではなかろうか。それで価格が半分以下になるのであれば、その方が良いように思える。少なくとも、その選択肢は欲しいところだ。
posted by ケン at 12:00| Comment(2) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする