2020年07月08日

徳川家広氏が立憲離党

【徳川家広氏が立憲離党】
 立憲民主党静岡県連は26日までに、昨年の参院選静岡選挙区に同党から立候補し落選した徳川家広氏の離党を了承した。徳川氏は徳川宗家19代目。「自分の役目は終わった」などとして、5月に離党届を提出していた。 
(6月26日、時事通信)

もともと立民は「国会議員の、国会議員による、国会議員のための党」であり、単なる選挙互助会に過ぎないわけだから、立候補するために入党し、当選できなければ離党は正しい姿だとは言える。

しかし、それを徳川宗家がやるとなると、幕臣の末裔としては色々思うところがある。
1868年1月6日、鳥羽伏見戦に敗れた旧幕軍は、大坂城に向けて退却途上にあった。
大坂城にはなお2万人からの軍が詰めており、再戦に向けて士気は上がっていた。徳川慶喜も、一世一代の名演説をもって兵を鼓舞した。
戦すでにここに至る。たとい千騎戦没して一騎となるといえども退くべからず。汝らよろしく奮発して力を尽くすべし。もしこの地(大坂城)破るるとも関東あり、関東破るるとも水戸あり、決して中途にして止まざるべし。
『会津戊辰戦争史』

ところが、その晩、慶喜は松平容保らを連れて船に乗って江戸に逃げてしまった。二万の兵は置き去りにされたのである。
夜半に及び、松平太郎(組頭)は戎服に容を改めて来たり、余輩一同が悠然として落ちつきたるを見て余と西に向かいて、君たちは何で落ちついて居るか(と親指を出して)、

「もう疾(と)うにお立ち退きになりましたぞ、早く落ちる用意をしたまえ」

と告げたり。西はこの語を聞きて怪しめる色をなしたるに、余は早く語を発して、

「太郎殿そんな不吉な戯言は仰せられぬものでござる」

と一本やり込めて見たれば、松平は

「どっちが戯言だ。嘘と思うなら、御用部屋なり、御座の間へなり、行って見たまえ。御老若方も奉行衆も皆お供で立ち退かれたぜ。僕は今にわかに陸軍の歩兵頭に転じて、これから出陣する所だ。君たちは早く立ち退きたまえ」

と言い捨て、急ぎ役所を出で行きたり。  

『懐往事談』 福地源一郎

わが先祖は戊辰役に出征しなかったとはいえ、主君に置き去りにされ、敵中の城に放置されたご先祖の同僚の気持ち、いかばかりか。
幕臣の末裔としては、この故事が思い出されるだけに、徳川家広氏のやり口を見ると、「結局、おみゃあもきゃ!」と叫びたくなるのである。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | 政局ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月04日

当選後に意見の相違で離党

【立憲・須藤参院議員が離党届 都知事選で山本太郎氏応援】
 立憲民主党の須藤元気参院議員(42)=比例代表=は17日、離党届を提出した。18日告示の東京都知事選を巡り、党方針に反し、れいわ新選組の山本太郎代表を応援すると表明していた。党は受理していない。自身のツイッターに離党理由について「都知事選を巡る相違がきっかけですが、以前から消費税減税など経済政策で意見の相違があったので必然的な帰結だと思います。お世話になった立憲民主党に感謝いたします」などと書き込んだ。須藤氏は元格闘家で、2019年7月の参院選比例代表に立憲公認で出馬し、初当選した。
(6月17日、毎日新聞)

須藤氏の場合、昨年の参院選で当選して一年も経っていない。
その参院選では、本人は消費税のことなど口にしておらず、政策のアピールすら殆ど見られなかったという。
当人は「以前から消費税減税など経済政策で意見の相違があった」と言うが、「以前から」を証明するものは殆ど無く、勝手に離党したいだけの名目と見られても当然だろう。
そもそも山本太郎が好きで、消費減税を主張したかったのなら、最初から「れいわ」から出馬すれば良かった話で、立民から出馬して殆ど党の経費と人手で選挙を戦い、当選した後に、「実は政策が違った」と言うのは有権者を欺く行為でしかない。言うなれば、議会制民主主義に対する挑戦である。

永田町では、参院全国比例区の場合、「一人立てるのに一億円」とも言われるが、その挙げ句が「お世話になった立憲民主党に感謝いたします」で離党では、詐欺に遭ったも同然だろう。
もっとも、責任の半分は、候補者の人格や背景を精査すること無く、政策を詰めることも無く、「知名度があれば誰でも良い」というスタンスで候補者をかき集めた立民のスタンスと見識にある。所属議員の品質管理は政党の責務であるからだ。
また、議員は党員の代表でもあるわけだが、立民には党員がいないため、「当選できそうなら誰でもいい」という話になってしまっている。
実際、その議員の質は恐ろしく劣悪で、ケン先生がさじを投げた理由でもある。

とはいえ、現実には、まともな人間(こういう人に政治家になって欲しいと思うような)ほど、立候補や政治そのものを避ける傾向が強まっており、与野党を問わず、政治家の質的劣化が進んでいる。

「昔の政治家は優秀だった」とも言われるが、高度成長下なら誰がやっても成功した可能性もあり、「政治家や官僚が優秀だったから高度成長が実現した」のか「高度成長が実現したから政治家が成功者と見なされた」のかについては、歴史家による検証が必要だろう。私自身は、最近後者の方に傾いている。
posted by ケン at 12:00| Comment(3) | 政局ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月03日

恥ずかしい言い訳をする須藤議員

【須藤元気参議院議員 立憲民主党を離党へ】
 立憲民主党の須藤元気参議院議員が消費税の引き下げに慎重な党の方針に反発し、離党届を提出しました。執行部はこれを受理せず、議員辞職を求める方針です。
 立憲民主党を離党した須藤元気参院議員:「世代交代したい。上の人には引退してもらいたい。消費税減税とかそういうこと言うなとか何が言うなだよ。いいじゃないですか言ったって」
 須藤氏は18日に告示される東京都知事選挙で党が支援を決めた候補者とは別の候補を応援すると表明し、執行部から注意を受けていました。須藤氏は去年7月の参議院選挙で立憲民主党の比例代表として当選していることから、執行部は離党届を受理せず、議員辞職するよう求める方針です。
(6月18日、テレビ朝日)

「世代交代したい。上の人には引退してもらいたい。消費税減税とかそういうこと言うなとか何が言うなだよ。いいじゃないですか言ったって」
面白すぎる。当選して一年にも満たないものが、自分の力で権力を握ろうせずに、先輩に引退を勧める政治家。いかにもチートや異世界転生ものが流行する時代を象徴している。

田中角栄が自民党政務会長に就任したのは、須藤氏とほぼ同じ43歳の時、幹事長には47歳で就いている。田中が自ら議員立法によってガソリン税の道路特定財源化をなしたのは35歳の時のことだった。
わが伯父上が海軍省軍務局第一課長として「軍令部条例並に省部事務互渉規定改定案」に反対し、大臣にまで直談判したのは43歳の時のこと。それでも艦隊司令を経て大将にまで昇進している。

ソ連ですら、ゴルバチョフが党中央委農業担当書記に就任したのは47歳の時、政治局入りは48歳だ。
ジューコフに至っては、44歳で上級大将となり、世界最大規模の陸軍の参謀総長に就任している。

仮に須藤氏が辞職した場合、繰り上がるのは市井紗耶香氏らしい。いやはや立憲民主党の議員クオリティの高さですなぁ。。。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | 政局ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月29日

迷走の挙げ句、宇都宮にしたものの

【都知事選、現職の小池氏が安定した戦い…読売情勢調査】
 7月5日投開票の東京都知事選について、読売新聞社は世論調査と取材を基に情勢を分析した。過去最多となった22人の候補者の中で、現職の小池百合子氏(67)が他候補を大きく引き離し、安定した戦いを展開している。ただ、有権者の2割以上が態度を明らかにしていない。
 ほかの主要候補では、元日本弁護士連合会会長の宇都宮健児氏(73)が続き、前熊本県副知事の小野泰輔氏(46)とれいわ新選組代表の山本太郎氏(45)は横一線だが、いずれも支持に広がりを欠いている。
 支持政党別で見ると、自民支持層と公明支持層のそれぞれ約7割が小池氏を支持。立憲民主党の支持層でも、約4割が小池氏を支持し、2割強が宇都宮氏、1割強が山本氏を支持している。
 都市部で選挙結果に影響を及ぼすことが多い無党派層では、約5割が小池氏を支持し、宇都宮氏が約1割、山本氏が1割弱の支持を得ている。小野氏は新宿区や港区など都心部の有権者の1割強の支持を得ている。
 新型コロナウイルス感染症の収束が見通せない中で行われている都知事選で、争点として重視する問題(複数回答)を尋ねたところ、「新型コロナウイルス対策」が82%と最多となった。さらに、「高齢化対策や福祉政策」と「景気や雇用対策」が各72%など、感染拡大の影響が大きい課題が続いた。一方、「五輪・パラリンピックへの取り組み」は40%にとどまり、来年に延期された東京大会に対し、他の争点に比べて関心があまり高まっていないことが浮かび上がった。
 調査は6月25〜27日、東京都を対象に、無作為に作成した番号に電話をかける方法で実施。有権者在住が判明した1309世帯の中から766人の回答を得た。回答率59%。
(6月27日、読売新聞)

立民支持層の4割が小池支持で、宇都宮支持は2割強。これでは、「最初から小池を支持すべきだったのでは」と言われてしかるべきだろう。実際、連合東京は小池を支持している。連合の場合は、自らの利権で現職を支持しているわけだが、恐らくは加盟員にアンケートを採っても同様の結果になっただろう。

これは、自ら候補者を立てられず、衆院選がらみで山本にすり寄り、ダメそうだからと共産党がらみで宇都宮支持に至ったという迷走ぶりが祟っている。
立民は当初は独自候補を擁立しようともしたようだが、打診先には断られ、他に適当な候補も見つけられなかった。

他方、「れいわ」は、来秋までに行われる衆院選で、東京の選挙区に大量擁立をめざしており、立民としては選挙協力を持ちかけたいところだった。もっとも、「れいわ」は深刻な資金不足に陥っており、大量擁立するにも資金がなく、N国などと同様、山本が知事選に立候補することでカネを集める算段をしていた。
そこで、立民は山本に知事選における支援と総選挙における選挙協力のバーターを持ちかけたが、山本は逡巡したらしい。その理由は不明だが、恐らくは、以前の参院選で獲得した票よりも少なかった場合、総選挙とそのカネ集めに打撃を受けることを心配していたようだ。最近の「れいわ」の支持率を見れば、そうだろう。

一方、宇都宮は当初「山本が出るなら自分は出なくても良い」と考えていたようだが、山本の逡巡に業を煮やして出馬を表明。
宇都宮出馬の反応を見た山本は、「これなら自分も行けるかもしれない」と判断して出馬を表明したようだ。

立民は、NK党との選挙協力を重視して、宇都宮支持を決定するも、実際のところは国会議員が応援演説に来るくらいで、実質的な支援は無いも同然らしい。
もっとも、宇都宮の選挙事務所も実質的にはNK党員と怪しげな活動家集団に牛耳られており、立民関係者や一般市民が入り込む余地など全く無いという事情もあるらしい。
同時に、山本が「後出しじゃんけん」で立候補してしまったため、山本に遠慮して宇都宮支援に一本化できない事情もあるという。立民内には、自らの選挙区事情を考えて、自分の選挙区にれいわ候補が立てられないように、山本を支援する向きも少なくないと聞く。
こうした全くやる気が感じられない立民のスタンスは、NK党関係者を激怒させており、野党共闘にも影響が出るかもしれない。

いずれにしても現職再選は避けられない情勢だが、問題は二位争いで、仮に宇都宮が三番手以下になった場合、立民とNK党や社民党の関係にひびが入るだろう。そして、山本が100万票近い票を得た場合(無さそうだが)、山本は集金に成功して、東京で本格攻勢に出るだろう。

立民は戦略的には小池を支持すべきだったかもしれず(国政と地方は違うと強弁して)、戦術的には「山本潰し」に全力を挙げるべきだった。
そこには、「国会議員の、国会議員による、国会議員のための党」であることの弊害しかない。
posted by ケン at 09:16| Comment(9) | 政局ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月27日

連合東京は現職支持

【連合東京は小池氏支持 都知事選】
 連合東京は17日の執行委員会で、東京都知事選(18日告示、7月5日投開票)に再選を目指して出馬する現職の小池百合子知事の支持を決めた。前回知事選は自主投票だった。都知事選をめぐっては、立憲民主党が宇都宮健児元日弁連会長を支援し、国民民主党は自主投票を決定している。連合は両党の支持母体だが、対応が分かれた。
(6月17日、時事通信)

連合東京というのは、東京のサラリーマンの組合なので、マルクス的な意味での労働者から最も遠い存在にある。
それだけに、都政ともズブズブの関係にあり、東京五輪も彼らにとっては「利権そのもの」なのだ。
連中は都知事の現職であるならヒトラーでも東条でも支持するという意味で、まさに産業報国会そのものと化している。

連合はもはや私の中では、「弾圧されても助けてやらない」存在になっているが、せめて労働者代表を僭称することだけは今すぐ止めて欲しい。
つーか、政治から手を引けば良いのに。
posted by ケン at 12:00| Comment(4) | 政局ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月25日

河井事件の背景にあるもの

【河井夫妻を強制捜査へ 東京地検特捜部、買収容疑】
 自民党の河井案里参院議員=広島選挙区=の陣営による公選法違反事件で、議員らに現金を配布した買収疑惑について、検察当局が案里氏と夫で前法相の克行衆院議員=自民、広島3区=の捜査主体を東京地検に移送して立件する方針を固めたことが16日、関係者への取材で分かった。広島地検内で保管されていた証拠資料などを東京地検特捜部が改めて精査するなどし、国会閉会後の18日以降の夫妻への強制捜査に向け、最終調整を進めているもようだ。
 また、夫妻が離党の意向を関係者に伝えていたことが16日、分かった。17日にも離党届を提出する方針。案里氏陣営をめぐっては、車上運動員に法定上限を超える報酬を支払った違法報酬事件に加えて、夫妻がそれぞれ広島県内の首長や議員、元陣営スタッフらに現金を手渡すなどした買収疑惑も浮上し、広島地検が捜査していた。関係者によると、現金は約100人に配られた疑いがあり、1人当たりの受領額は数万円〜100万円近くと幅がある。検察側が押収した資料には配布総額が2千万円超になることを示すものもあるという。
 最高検は、現職の国会議員の捜査には昨年12月以降、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業をめぐる汚職事件で現職国会議員を17年ぶりに収賄罪で逮捕、起訴するなどした東京地検特捜部の政界捜査の経験などが必要と判断したとみられる。すでに特捜部の検事も広島へ応援に入って重要な参考人の取り調べなどを担当しており、オール検察で捜査を進めていた。
(6月17日、産経新聞)

永田町の論理で説明すると、これは菅官房長官の直系である河井と、岸田政調会長の側近である溝手との「仁義なき戦い」と言える。岸田は安倍首相の長州閥の後継と見なされている一方、これに対抗する菅が広島に楔を打ち込む。さらに新長州閥の肥大化を嫌う二階幹事長が菅を後援する形で、数億円の不明金が河井系列に拠出され、ばらまかれた。あの手の不明金を出せる権限を有するのは幹事長だけで、二階は小沢に手法を学び、小沢は田中に学んでいる。

さらに溝手は東大出で、宏池会直系の地元エスタブリッシュメントであるのに対し、河井は一応広島出身だが貧しい家庭で大学も慶応。つまり、譜代の上級武士である溝手に対して、外様の足軽出身の河井という構図もある。
「有り難くカネを頂戴せよ」みたいな河井の尊大さも祟って、広島では「ヤツは外様の成り上がりだから、どうなってもいい。ヤツの代わりなどいくらでもいる」という扱いになっている。

安倍氏は貴族意識が強く、菅を実力から官房長官に据えているものの、内心では「成り上がり者」と侮蔑し見下しており、プライベートでは自宅に誘ったことも無いという。菅が後継を希望しても、安倍は「(総理に)なるというなら実力でなれ、俺はお前には絶対やらせない」という態度なので、後継レースが苛烈化している。

端的にいえば、総理後継レースに伴う自民党の内部抗争であるわけだが、階級差別や女性蔑視も相まって、色々見るに堪えない話になっているのだ。
posted by ケン at 12:00| Comment(3) | 政局ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月12日

今秋に解散・総選挙?

【二階氏「早期解散の必要性感じない」】
 自民党の二階俊博幹事長は1日の記者会見で衆院解散・総選挙の時期について「特に早期解散の必要性を感じていない」と述べた。「今は新型コロナウイルスの問題解決に懸命に努力するのが大事だ。なお必要があればやればいい」と話した。「解散はいつあってもいい。自民党はそれだけの準備はしている」とも語った。
(6月1日、日本経済新聞)

本来であれば、五輪の大花火を上げたところで、満を持して秋に解散・総選挙に打って出て、野党はほぼ壊滅という流れにあったが、コロナ渦によって全て吹き飛んでしまった。
ゲーマー的には、「イベント強力すぎだろ!くそゲー」と言いたくなる展開だが、リーマン・ショックであれ、東日本大震災であれ、現実は往々にして「強力すぎるランダム・イベント」が発生する。

来年の9月には自民党総裁の任期、10月には衆議院の任期が満了するため、任期満了を待つ場合は、自民党は安倍総裁の四選か次期総裁を選択した上で、総選挙に臨む必要がある。しかし、これは野党側に最も有利な展開である上、自民党にとっても不都合が多い。
安倍氏の四選は党規約の改正が必要である上、さらなる長期政権による緩みが出る恐れが強い。すでにコロナ対応での不満が広範に高まっており、リスクも高い。かといって、有力な後継者がいないため、例えば岸田氏などが後継に選ばれたとしても、指導力を発揮する時間も余裕も無い。敢えて言えば、小泉氏などで人気勝負に出る手は考えられるが、後先考えないで、「今さえ良ければ良い」ような話だろう。

順当に行けば、五輪中止に関係なく、秋の臨時国会冒頭に解散し、10月にも選挙を行う可能性が高いものの、コロナ第二波のリスクは非常に高く、ゲーマー的に言えば、2Dで6以下か7以下で「第二波きて敗北」となりかねない。解散して、投票するまでには一ヶ月近くが必要となり、その間に第二波が来た場合、「こんな時に解散しやがって」「とにかくお前らにコロナ対応はさせられない」と野党側に有利になる恐れがある。つまり、解散カードを切ること自体がバクチになってしまっているのだ。
荒技では真夏に臨時国会を召集して解散・総選挙に打って出るという手もあるのだが、やはりバクチ要素が多すぎて、よほどの覚悟が無いと、その決断は難しいだろう。以前の安倍氏ならやっていたかもしれないが、さすがに弱気、あるいは「もう十分」になっているという話もあり、どうも「ガンガン行こうぜ」展開にはならなさそうだ。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | 政局ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする