2017年10月21日

むずかしい選挙3 2017

今回の選挙は「先が見えない」「展開が読めない」という不確定要素が大きい点が苦しかった。私などは生来、人としての共感度が低いのか、常に一歩引いて物事を見てしまい、容易にコミュニティに同化しない性格なので、「駄目なら駄目で仕方あるまい」と高をくくっていた。だが、陣営内は「RMで行く」との最終決定がなされた後も、悲壮感たっぷりで、「日本のいちばん長い日」とまでは行かないまでも、それに近い一種のヒステリー状態にあった。

特に「RMで行くかどうか」という選対会議では、候補(ボス)が「落選してもいいから、今回はRMで出たい」と肺腑から絞り出すように懇願したのに対し、列席した地方議員たちからは「RMから出るなら支援できない」「ポスター貼りもハガキも電話がけも自分でやってもらうことになる」「無所属なら支援するのもやぶさかではない」などと反対、「RMでも支援する」とハッキリ述べたのは市会議員一人だった(それも忠誠心では無く小池嫌いだから)。発言を許された秘書の大半が「自分はボスの意向に従うのみ(承詔必謹あるのみ)」と曰う中、同僚は「土地柄を考えればRMでの選挙は苦しい。無所属なら自治体議員が支援するというなら無所属もやむを得ないのではないか。当選後に入党すれば良い」と述べ、ケン先生は「自分は、ボスがRMで出馬しても、我々がシグルイになれば、ギリギリ小選挙区で勝ち抜けると計算しますが、無所属でなら労組と地方議員の支援が確実に得られるというのであれば、無所属もアリかと愚考します」「次の世論調査でRMの支持率が一定程度確保できれば、組合や地方議員の意向も変わってくるかと」と意見具申した。

結局その場は「もう数日様子を見る」「支援労組の意向を確認する」として判断先送りとなった。現実には、世論調査でRMが希望に近い支持率を出し、労組がRM候補への支援を表明、地方議員も続々と態度を軟化させ、あたかも既定路線のようにRMからの出馬が決まった。
「国会議員なのに自分の意思で政党も選べないのか」との批判は当然だ。だが、現実の国会議員は、戦国期の戦国大名のようなもので、実際の選挙運動の相当部分を担う地方議員=国人衆の支援なくしては、100%無党派層頼みの空中戦になってしまい、まずもって当選はかなわない。
例えば、今川家の侵攻を受けたある家の当主が「自分は織田家に忠を尽くす」と宣言したところ、一族郎党が「家を滅ぼす気か、なぜ今川につかない?」と反対した場合、容易ではなく、下手に我を貫けば、幽閉されたり殺害されたりする恐れがある。極端な例を挙げれば、治承・寿永の乱(いわゆる源平合戦)において、最初に挙兵した源頼政は、以仁王を擁する摂津源氏当主(清和源氏嫡流)という最良の条件でありながら、本人が動員できたのはわずか150騎に過ぎなかった(50騎という数字もある)。一族郎党や地下人がこぞって反対したためである。

現実には日を経てRM党の支持が拡大すると同時に希望が失速、総評系組合はRM支持を決定して遅ればせながら動員を開始、地方議員の間でも「勝ち馬に乗る」空気が濃くなって、最終的には一人を除いて全面支援を決めた。そして、市民運動系の市民が選挙区の内外から続々と支援に入り、事務所は常に満員近い状態になっている。
つまり、ボスの信念と正義が状況を打破した格好だった。いまや自民党候補を圧倒、選挙戦中盤には自民党側は戦意を喪失するに至っている。
選対内で唯一「RMでもギリギリ勝てる」と進言した私の面目は半分だけ保てたものの、参謀役としては恥ずかしい気持ちもある。

とはいえ、盛り上がっているのは一部のリベラル層だけで、従来の支援者層は総じて冷淡であり、電話がけから得られる有権者一般の感触は「選挙には行かない」無関心が多いというもので、選対の盛り上がりに比して、後方本部事務長の私としては「これで勝っているというのが不思議」というのが実感だ。今回は何とか勝利できるとしても、風頼み選挙や従来型の選挙手法の限界を示すところも多々あり、今後の課題は少なくない。
posted by ケン at 20:31| Comment(8) | 政局ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

むずかしい選挙2 2017

中盤から終盤にかけて希望が失速し、ついには立憲に追い抜かれるまでに至っている。
それは良いのだが、現実には希望票が自民に逆流してしまい、弱い野党が分裂、小選挙区では自民の圧勝モードが確立しつつある。当初は自民候補に優勢を確保していた立憲の候補も接戦となる始末で、これはこれで苦しい展開。接戦区でいくつ勝てるかが、最終議席と選挙後の勢力図に大きく影響するだけに、最終盤ながら重要な局面に入っている。
特に圧倒的な少数野党とはいえ、第一野党になるか第二になるかでは、その後の展開が全く異なるからだ。立憲が第一野党になれば、連合内でも旧総評系の影響力が大きくなり、大手を振って立憲の支援ができるようになるだろう。それだけで今後の政局や選挙を大いに優位にできる。

逆に第一野党になった場合、またぞろ希望からの出戻り組や「議員になりたい病」の連中がもみてしながら近づいてくることは容易に想像されるだけに、早々に党の党是や理念を明確にし高く掲げておく必要がある。それに併行して地域組織を立ち上げて、選挙に協力してくれた市民に党に参加してもらう仕組みを整備する必要がある。それをしないと、またぞろ議員独裁党になって、前原のような売党奴を量産することになるだろう。
posted by ケン at 08:37| Comment(1) | 政局ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

むずかしい選挙 2017

明日より選挙中盤。
「希望」の大波に押しつぶされる危機は去ったものの、立憲も一部のリベラル派から強い支持を受けているだけで、広がっているわけではなく、「負けない」戦いを演じるのが精一杯というところだろう。
現実には、元民進議員の多くは希望で討ち死に、立憲では健闘するとは思われるが、なかなかに難しい。
一部のリベラル派が盛り上がっているのに対し、従来の支持層はむしろしらけている(また自分と関係ないところで分裂、合流か)感じがあり、大きな温度差がある。同時に、非常に票が読みにくい展開となっていて、戦況把握が困難になっている。要は「戦場の霧」が濃すぎて一寸先が見えない展開なのだ。
同時にマスゴミが立憲を持ち上げるものだから、陣営は緩むし、他陣営からは敵視されるし、やりづらいったらありゃしない。

【追記】
RM党の発足がギリギリ選挙に間に合ったのは、旧社会党系の大重鎮であるA先生によるところが殆ど。A先生は解散当日には、自派閥の参院議員と総評系組合に対し、「無駄になる可能性もあるが、新党結党に向けて準備しておくように」と指示を出して地元に向かったという。そのため、参院の秘書や総評系組合の書記が大動員されて突貫作業を行い、何とか間に合わせたというのが実情らしい。A先生は小沢氏に次ぐ、最後の「本物の政治家」と言えよう。
posted by ケン at 20:44| Comment(3) | 政局ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

第48回衆議院総選挙の初期情勢

今回の総選挙は、突然の解散、野党第一党の自主解散、新党乱立などの要素が非常に票を読みにくくしている。また、小池都知事の出馬問題もいまだ可能性を残しているほか、北朝鮮問題を始め、他にも波乱要素があり、非常に読みにくい展開となっている。特に希望が設立されると希望人気が、立憲民主党が結党されるとツイッターが沸騰するという具合に、世論の波の幅が大きすぎて、どちらに転ぶかで大きく展開が異なるため、予想もあまり役に立たない状態にある。
まず現時点での政党支持率を見てみよう。

自民 32%
希望 13%
立憲 7%
KM 5%
NK 4%
維新 3%

政党支持率から推測される比例獲得議席。但し小池氏が出馬しない場合。

自民 48〜55
希望 32〜37
立憲 22〜27
KM 24〜26
NK 16〜19
維新 10〜14

同様に小選挙区。

自民 180〜200
希望 20〜35
立憲 15〜25
KM 6〜8
NK 0〜2
維新 4〜8
無所属 10〜15

以上見る限り、よほど自民党が下振れしない限り、自民党の過半数割れは無く、まして自公の過半数割れなどは「あり得ない」と言えるレベルにある。
小池都知事の出馬にしても「全国民が望んでいる」とはとうてい言えない状態にあるだけに、「小池出馬」の影響は限定的に終わるものと考えられる。とはいえ、「自分が出馬すれば、自公は過半数割れして、希望が政局の主導権を握れる」と判断すれば、当日出馬もあるだろう。どちらに判断するか読めない以上、以上の予測もどれほどの意味があるかわからない。
posted by ケン at 20:12| Comment(3) | 政局ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

当選したい病

自治体議員がこぞって「立憲から出るなら支援を止める」の大合唱。
中には総評系の組織内議員もおり、平素言ってることとやることが恐ろしく違う。
確かに民進党の組織決定は、「民進党をあげて希望の候補を支援する」であったため、組織論的には無所属やまして立憲から出る候補を支援するのは組織決定に反することになる。
だが、この決定は国会議員のみによる両院議員総会での議決であり、党員や地方議員の意思は全く反映されていない。
そもそも一党の解体を党代表が一存で決め、密かに交渉し、党の議員には決定を伝えるのみで、強引に多数決で「代表一任」を取り付け、党大会の決定すら経ずに最終決定してしまうなど、共産党ですら不可能だろう。例えば、S委員長が党幹部会や中央委員会の議決を経ずに一人で他党との合流を決めてしまうなど、スターリンでも不可能だったに違いない。その意味で、民進党は全く非民主的な政党であり、消失すること自体は僥倖といえる。
そのような政党から当選している地方議員もまた同様の存在で、大半のものは自らの当落しか頭に無いのだろう。
posted by ケン at 19:18| Comment(0) | 政局ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

立憲民主党の船出

希望の党から排除された前議員を中心となって「立憲民主党」が結党。
これを受けて、前原民進党代表は「分裂は想定内」と発言、自らの売党行為が準備された陰謀であったことを認めた。これにより民進党内のリベラル派は壊滅寸前に追い込まれた。だが、希望側の非道な対応や権威主義的傾向が露呈してくると、早くも失速しそうな情勢にある。他方、リベラル新党が立ち上がると、これまで「相応しい投票先が無い」と考えていた層が一気に盛り上がりを見せている。
リベラル派の候補は最悪の展開こそ回避できたものの、希望が失速したように立憲民主党が失速する可能性もある。非常に民意の揺らぎが大きくなっているだけに、まだまだ予断を許さない状況にある。

今後、希望の党は立憲民主党候補に大攻勢をかけると思われるが、自民党にとっては好都合な状況にある。三つどもえになって得をするのは自民党だが、今のところ自民党にとっての脅威は希望であって立憲ではないため、自民党としては立憲を間接支援するのが戦術的に有効な選択肢となっている。KM党にとっても、自らが主導権を握るためには「自民党や希望が勝ちすぎない」ことが肝心であるだけに、立憲民主党の健闘は「望むところ」だと考えられる。また、希望が立憲に対して攻勢をかければ、ダーティーなイメージを強めるだけに、必ずしも自らに有利に働くとは限らない展開になっている。
とはいえ、立憲民主党はかろうじて総評系組合の支援が期待できるだけで、資金的にも人員的にも苦しい戦いが強いられるのは避けられない。もっとも、希望も立候補者からカネをむしり取るような有様ではあるのだが。

選挙の結果は「ダイス次第」なところが大きいが、問題は選挙後の民進党の動向となる。前原代表の狙いは、選挙でリベラル派を追い落とした上で、120億円とも150億円とも言われる党資産を持って希望に合流するところにあるが、これを阻止する必要がある。そのためには、無所属で出ている前原氏をなんとしても選挙区で落選させ、党代表から引きずり下ろした上で、参院民進党が新代表を選出、全資金を持って立憲新党に合流するか、最悪でも分党して合流する必要がある。
幸いにして、前原氏には「パソナ疑惑」「公明内通疑惑」「外国人献金疑惑」など山ほどスネに傷を抱えているだけに、民主的な世論に期待するところ大である。
posted by ケン at 18:31| Comment(9) | 政局ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

厳しい緒戦

立憲民主党が設立されたものの、地元では連合も自治体議員も「希望か無所属で」と強い圧力をかけてくるので、非常に厳しい状況にある。
地方議員は、自分の次の選挙のことしか考えていないのでそうなるのだろう。
連合は本部の決定待ちだが、やはり勝ち馬に乗りたい気持ちが強く、希望の方しか見ていない。

近々あるいは週末にも行われるであろう世論調査で、立憲民主党の支持率が一定程度出て、希望が低下すれば、流れも変わってくるだろう。世論の動向に期待しながら、いまは耐えるほかあるまい。
posted by ケン at 09:17| Comment(3) | 政局ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする