2019年08月30日

2019年夏の読書

『140字の戦争 SNSが戦場を変えた』 デイヴィッド パトリカラコス 早川書房(2019)
SNSによって変化した現代戦争の様相をジャーナリスティックに検証する一冊。SNSは「アラブの春」の原動力にもなったが、同時にイスラエルによるガザ侵攻に際しては、一人の少女が発したSNSが世界の反イスラエル感情を喚起し、軍事的にはイスラエルが圧勝するも、政治的には敗北とも言える状況に陥った。世界には、いわゆるフェイクニュースとともに、個人が発する「物語」(本書では「ナラティブ」)が蔓延、従来型の報道がフェイク扱いされ、何が真実で何がフェイクなのか容易には判別付かない時代になっている。政府もまた安直に事実を隠し、統計を改竄するだけにタチが悪い。本書はあくまでも欧米視点で描かれており、あくまでジャーナリズムの見解でしかないが、現象として何が起こっているのかを確認するには十分すぎる内容になっている。

『「砂漠の狐」ロンメル ヒトラーの将軍の栄光と悲惨』 大木毅 角川新書(2019)
今更解説する必要も無いと思うが、大木先生のロンメル本。既存のロンメル本は殆ど1980年代までの古い学説に則っており、最新の研究が全くと言って良いほど反映されていないという。その俗説を打破し、最新のロンメル像と評価に迫る。ロンメルは果たして名将だったのか、師団長としては最高でも軍司令官としてはどうだったか。ただの目立ちたがり屋だったのか。ヒトラー暗殺計画への関与はどうだったのか。非常に興味深い項目が並んでいる。新書であることが物足りないくらいだ。

『「帝国」ロシアの地政学』 小泉悠 東京堂出版(2019)
ロシア関係ではメディアに出ずっぱりの小泉先生の新著。日本人から見ると、非常に分かりにくいロシアの「ジャイアニスム(人のものは俺のもの、俺のものは俺のもの)」が、どのような論理と戦略に基づいているのか、歴史も踏まえて解説している。確かにロシア人は地政学好きで、地政学で説明すると何となく分かった気にはなってしまうのだが、本当にそれでいいのか?と思わなくも無い。一般書なので、著者の主観や感慨を交えながら書かれており、読みやすいは読みやすいが、研究者的には物足りないだろう。「地政学は胡散臭い」くらいの気持ちで読むとちょうど良いかも。

『新史料による日露戦争陸戦史 覆される通説』 長南政義 並木書房(2015)
2015年の刊行にもかかわらず、古書店で目が飛び出る値段が付いている名著。いかんせん700ページもあって、一回途中で止まってしまったので、改めて読破した。日露戦争の研究もだいたい1970年代までで止まってしまっている観があり、新しい資料やソ連崩壊後のロシア側資料も出ているにもかかわらず、書物には反映されていないところがある。そこで、最新の資料を駆使して日露戦争の陸戦に焦点を絞って再構築したのが本書だ。その緻密さは完璧とも言えるほどで、今後もこれほどの著作が出てくる目処は無いのではないかというくらいの完成度。従来のモヤモヤした日露戦争観がクリアにされ、大概のナゾが解決された。自分も買いそびれて図書館で借りたのだが、ゲーマー的には一家に一冊欲しいくらいだ。本を再読しながら書評も書きたかったのだが、時間が足りなかった。再版が望まれる。

『誰が一木支隊を全滅させたのか ガダルカナル戦と大本営の迷走』 関口高史 芙蓉書房出版(2018)
今でも定説となっている「わずかな兵力でも勝てると敵を侮り、敗れた後は軍旗を焼いて自決した」一木支隊長の行動と思考を、数少ない生存者、遺族、最新の資料から再構成して、俗説の打破を試みている。「米軍の情報はおおまかに伝えられていた」「交戦命令は出ておらず偵察だけの予定だった」「陸海の調整の都合で少ない兵力を二分して投入」「目標地点から35km離れて上陸」「情報漏洩により待ち伏せ」というのが大まかな流れになる。戦場の描写に稚拙なところは見受けられるものの、全体としては「まぁそうだったんだろうな」「上層部のいつもの無責任ぶりと責任のなすりつけあい」という感慨。なかなか読んでいてしんどい一冊だった。

『二・二六帝都兵乱』 藤井非三四 草思社文庫(2016)
軍事視点に絞って書かれた二・二六事件。当時の陸軍の組織、人事、部隊配置、国家戦略などに焦点を当てて、何故クーデターの発生を許し、どのような影響を与えたのかを再検証している。クーデター側の兵力は8個中隊編成計1360名、小銃1044丁、軽機43丁、重機25丁で弾薬は9万発を動員したにもかかわらず、用意した糧食は一食分だけと、どこまで「本気」だったのか。鎮圧部隊は戦車22両を持ち出し、東京湾に長門を配して主砲を準備していたが、これもどこまで本気だったのか。満州事変と第一師団の満州移駐問題との関係。国民兵制・徴兵制とクーデターの問題。陸軍内部の対立と人事抗争、鎮圧の過程と事後処理の不透明さ。結局のところ、日華事変=日中戦争の勃発で吹っ飛んでしまうが、問題を転化しただけで、最終的には軍の滅亡に突き進んでいくところとなった。著者の主張に全て同意できるわけではないが、非常に納得度の高い一冊になっている。
posted by ケン at 12:00| Comment(6) | 学問、文学、教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月03日

大学教員の研究は労働時間の3割で減少の一途

【労働時間の3割だけで研究? 大学教員、他の仕事多く…】
 大学教員が研究に使えるのは働いた時間の3割強で、16年前より10ポイント以上減っていることが、文部科学省が26日に公表した調査でわかった。学生を教育するのに費やす時間や、医学教員が診療する時間の割合が増えたことなどが影響した。事務作業には2割弱が割かれており、担当者は「事務時間を研究に回せる対策が必要だ」と話している。
 調査では、常勤の教授と准教授、講師、助教をまとめた大学教員の昨年度の研究時間は、働いた時間の33%だった。2002年度は47%、08年度は36%、13年度は35%で、減少が続いている。
 立場ごとでは、教授が32%、准教授が33%、講師が29%、助教38%。任期付きの研究者らが77%、博士課程の学生は86%、大学病院で診療しながら研究もする「医局員」は15%だった。政府は23年度までに助教の研究時間を5割以上にするなどの目標を掲げているが、なお隔たりがある。
 理学や工学、農学の研究時間の割合は08年度以降、あまり変わっていなかったが、医局員ら保健分野で研究時間の割合が減ったことが全体を押し下げたとみられる。
 今回初めて、競争的資金を申請するための書類作成に費やした時間も調べた。平均して年間43時間で、研究時間の5%、働く時間の1・7%だった。
 調査は大学教員や博士課程の学生らをそれぞれ無作為に選び、計9440人から回答を得た。回収率は57・5%。調査は02年から約5年ごとに実施している。
(6月26日、朝日新聞)

これも典型的な負のスパイラル。
研究分野の「選択と集中」を進めると同時に、教育費の削減を続け、さらに「学部教育の適正化(授業数の増加)」を行った結果、事務と教育と雑務ばかりが増加、肝心の研究時間は15年前に比して70%にまで低下してしまっている。

「選択と集中」は攻めているときや勝っているときはプラスに働くが、守っているときや負けているときにやると、全般的に戦線が薄くなるだけで、逆効果になってしまうことが多い。
インパール作戦や「ラインの守り」作戦(バルジ)などは典型例だろう。

競争的資金を獲得するための書類作成と申請手続きに年間43時間もかかっているが、まさに非効率に極みである。
そういえば、某市では1億円のプレミアム商品券を配るために3千万円の経費が予算計上されたという話を聞いたことがあるが、似たような話である。
システムというのは基本的にシンプルなほど効率的で、複雑なほど非効率的なものだ。軽減税率などその最たるものであろう。

この点だけ見ても、日本の衰退は止めようがないように思われる。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | 学問、文学、教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月25日

最近の読書傾向から(2019-03, 04)

『日本統治下の朝鮮 - 統計と実証研究は何を語るか』 木村光彦 中公新書(2018)
1910年から45年までの日本による朝鮮統治を経済面に絞って研究したもの。統治期間中、農業生産性は毎年2%近く成長し続け、鉱工業に至っては年10%に及んだ。食生活や公衆衛生も大幅に改善されたという。言うなれば、明治維新以降、本土内で行われた殖産興業をさらに急速に行ったということだろう。工業化に一定の目途がついてきたところで戦争が起きて、(日本人的に)全て失われたことになった。ただ、朝鮮統治のための日本政府の財政負担は非常に低く見ているが(1935−39年で一般会計歳出総額の0.4%)、実際には各種補助金の大半は日本政府の持ち出し、外債の殆どは本土内で買われ、総督府の赤字も確か朝鮮銀行、さらに日本銀行からの補填になっていたはずで、少し単純化し過ぎているように見える。いずれにしても、「元を取る」にはまだまだ程遠い道のりにあったわけで、日本に植民地の資源を自力開発すること自体、相当に無理筋であったことが分かるわけだが、普通の人が読んだら「日本すげぇ〜」に終わってしまいそうな話だった。

『シフト 』 マシュー・バロウズ ダイヤモンド社(2015)
著者は米国大統領のために中・長期的予測を行う諮問機関である国家情報会議(NIC)に勤務し、15年先を予測する「グローバル・トレンド」を執筆、編集していた。NICを退任し、報告書として「書けなかった」部分を含めて、より自説に重きを置いて書き直したものになっている。いわゆる「未来予測」ものなのだが、さすがにアメリカの最高機関がやっていることなので、かなり参考になる。ケン先生は「グローバル・トレンド」を読んで、アメリカのアジア撤退が遠からず実現することを確信したわけだが、本書にも「もし、中国と衝突しても、アメリカが自動的に日本の味方をしてくれると、日本の指導者たちは誤解しているようだが。現実にはアメリカは自国の利益と中国の利益の間に折り合いをつけ、紛争は回避しようとする可能性が高い。アジア情勢の急速な変化と新しい国際秩序のなかで、どのような舵取りをしていくかは、日本の取り組みが遅れている領域であり、今後の大きな課題となるだろう」と書かれている。ただ、アメリカ人らしく、デモクラシーと自由貿易に対する盲信が貫かれており、「そこは全く疑わないんだ」と少し笑ってしまった。

『戦略的交渉入門』 田村次朗/隅田浩司 日本経済新聞出版社(2014)
ハーバード・ロースクールで研究されてきた「交渉学」を分かりやすく実用的に解説している。交渉とは「自分の利益の最大化を目指すゲーム」ではあるが、そこに感情や心理的バイアスが加わるため、予想外のことが発生しやすく、コントロールが難しい。しかし、理論と技術と準備を抑えておけば、相当部分はクリアできる。とかく交渉では「合意を得ること」を最優先する余り、つい妥協に傾きがちだが、「無理な合意」は結局のところ自分の利益を損ね、利害関係者(組織内)への説明がつかなく、合意自体も長続きしないという。例えば、相手の手口を「これはアンカリングだから、その話にはのらないで、話題を変えよう」と思えるだけで、交渉はかなり有利に進められる。交渉ごとは、大小はあれど、人生に欠かせない要素であるだけに、基礎知識として抑えておきたい項目が多い。

『6つのケースで読み解く 日米間の産業軋轢と通商交渉の歴史: 商品・産業摩擦から構造協議、そして広域経済圏域内の共通ルール設定競争へ 』 鷲尾友春 関西学院大学出版会 (2014)
上司に当たる教授から「大学の紀要に日米通商交渉の経緯と仕組みについて教科書的に書いて欲しい」と言われ、「へっ?自分がですか?」と変な声で返事してしまった。確かに私の肩書きは「日本経済研究員」ではあるのだが。そんなわけで、今期中色々読んでいるうちの一冊。日米間の産業軋轢と両国間の通商交渉の歴史を、繊維・鉄鋼・自動車・半導体・構造問題協議からTPPまで6つのケースで読み解く。アメリカがいかに国内の有権者の民意を受けて保護貿易を主張し、イデオロギー上の建前を糊塗するために、日本に「輸出自粛」を強要してきたかがよく分かる。また、アメリカがパワープレイで他国に輸出制限を強いてきたことで、米国内の産業構造の転換を遅らせることにもつながり、長期低迷の原因にもなっていることが推測される。いや、やはり専門分野外の書を読むと、大変だが、新たな「気づき」が多くて面白い。
posted by ケン at 12:00| Comment(4) | 学問、文学、教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月15日

陸軍人事―その無策が日本を亡国の淵に追いつめた

WeChat Image_20190311141406.jpg
『陸軍人事―その無策が日本を亡国の淵に追いつめた 』 藤井非三四 光人社NF文庫(2013)
『昭和の陸軍人事―大戦争を戦う組織の力を発揮する手段 』 藤井非三四 光人社NF文庫(2015)

いわゆるミリオタは見向きもしないだろう一冊だが、これが超面白い。
日本陸軍の人事がどのような制度の下に、運用されていたのか、そしてそれがどのように戦争に影響したのかを解説している。
とにかく「なるほど!」と思ったのは、226事件で多くの将校を予備役に入れたものの、その多くは「いつか現役復帰させてやるから」と空手形を切った上でのことだった。その翌年に盧溝橋事件と上海事変が起こり、日華事変・日中戦争に突入すると、大動員のために現役復帰し、皆サルのように戦争を支持したという。同時に、戦時編制と師団増説が続き、連隊長以上のポストが大売り出し状態となって、これもまたバンザイ状態になったという。

また年功序列と成績主義が蔓延しており、戦時でもそれが優先された結果、「無天(非陸大卒)でこの序列では連隊長はダメ」「大佐を6年やらないと少将にはなれない」などということが戦争中でもまかり通り、殆ど選択肢の無い人事で戦争を戦っていたという。
言われてみれば、長妻氏の話によれば、民主党政権時に大臣として厚労省の人事を主導しようとしたところ、全く同じようなこと(このポストはこの経験が無いとダメ、あのポストはあの大学卒の占有地みたいな)を人事部長に言われ、「大臣の人事権など無いも同然じゃ無いか!」と声を荒げたことがあるという。それでも無理に人事権を行使したところ、内部から刺されてしまったところがあるらしい。

その一方で、人事権の恣意的な行使もなされ、有名どころでは服部や辻のケースがあるが、かの栗林忠道も、第23軍参謀長として香港攻略戦における部下の不手際(独断専行)を咎められ、陸士26期の中将進級一選抜から外されたあげく、留守近衛第二師団長から寄せ集めの第109師団を任され、南方に飛ばされたのだという。「アメリカ帰り」「仲間(後ろ盾)の少ない騎兵科」ということもあっただろう。

ここで比較してみたいのはアメリカ軍である。
ニミッツ提督が開戦時に少将だったことは有名だとしても、アイゼンハワーは1941年3月に大佐に昇進したばかりで、それが1年3ヶ月後には中将になってヨーロッパ戦域の連合国軍最高司令官に就任している。マッカーサーに至っては、1930年に一度退役(名誉昇進で大将)したのに、1941年7月に少将として現役復帰を果たしている(翌日中将に昇進)。
アイクと同期のブラッドレーが大佐になったのは1941年2月で、この時すでにパットン(ウエストポイント3期上)は少将に就任していたが、1944年のノルマンディー戦においてはアイクが最高司令官、ブラッドレーが第一軍司令官、パットンは第三軍司令官となっている。
このパットンは、1912年に士官学校を卒業して、第一次世界大戦の終了時には大佐にまで昇進したが、大戦終結と共に少佐まで格下げされている。いかにもアメリカを象徴する事例であろうし、日本では考えられない話だ。
また、中将以上の階級は基本的に役職に付随するもので、退役する場合はその階級のまま退役できるが、現役を続ける場合は次の役職によっては降格になる場合もある。これも日本では考えられない話だが、極めて合理的な発想である。

政治を担っていた者として、読んでいるだけで色々ダメージの入る一冊だが、示唆するところが非常に多く、お薦めしたい。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | 学問、文学、教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月05日

「砲兵」から見た世界大戦ー機動戦は戦いを変えたか

917my-73OkL.jpg
『「砲兵」から見た世界大戦―機動戦は戦いを変えたか』 古峰文三 パンダ・パブリッシング(2017)

ブログで連載された記事をオンデマンド出版したものだが、非常に興味深かった。
砲兵の立ち位置や戦場における価値あるいはドクトリンが、一次大戦から二次大戦にかけて、どのように変質したかを描いている。

第一次世界大戦の主役だった砲兵は、その鈍重さから一次大戦までは兵器として重視されておらず(肝心なときに使えない)、一次大戦の塹壕戦に至ってようやく価値が認められたもののの、一次大戦の終結とともに軍事費の削減で忘れ去られてしまう。
砲兵中心の火力主義を、予算上と同時に人命重視の観点から覆したのが電撃戦、機動戦理論だった。
しかし、電撃戦も戦争の長期化に伴う、ソヴィエトや連合国の火力重視の前に潰え、最終的には火力優勢を得た方が勝利するに至った。
ドイツによる電撃戦は砲兵支援に代わる近接航空支援があったからこそ有効打を与えられたのであって、航空優勢が失われると、その威力は激減してしまう。

例えば、イギリス軍の戦車損失の要因をみると、北アフリカ戦線では対戦車砲によるものが40.3%、戦車によるものが38.4%だった。しかし、ノルマンディ以降になると、対戦車砲22.7%、戦車14.5%、間接砲撃・空襲などが40.7%となっている。
この辺は「パットンズ・ベスト」をプレイしたことがあるものなら、ある程度は納得できるが、やはり実感としては「そんなものだったのか」という感慨を抱いてしまう。
結局のところは、通信網の整備による砲兵支援の精度向上が決め手になるようだが、精度が低いと無駄撃ちが多くなって、消耗戦になってしまう。こうした課題は現代においても有効で、中東などにおけるアメリカ軍の空爆が決して決定打になり得ないことも、改めて理解させてくれる。

戦間期のドクトリンの変容と戦況の推移がどのように関わっているのか、エル・アラメインで起こったことの本質(英軍の火力集中と独軍の支援不足)、ソ連軍がなぜ強かったのか、日本軍がなぜ(意外と)頑強に戦えたのかなど、色々「目から鱗」のことが書かれている。
非常に簡潔にして要点を抑えており、いささか物足りないくらいではあるが、中途半端に戦史をかじっているものだからこそ、「なるほどそういうことだったのか!」という発見が得られる貴重な一冊と言える。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | 学問、文学、教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月21日

演劇と言語教育

39245839_1340381019398096_2969907440654483456_o.jpg

言語教育と演劇は密接な関係を持つ。
現代人が素のままでコミュニケーションをとるシーンというのは実は少なくて、相対的に多いのは「学生として先生に相談する」「社員として上司に意見を求める」「営業員として顧客に売り込む」など身分や立場に即してたコミュニケーションとなる。その場合、狭義の言語運用能力以外のスキルが求められるわけで、広義の演技力を無視した言語教育は実践で十分に機能しない、という考え方だ。
また、言語学習の教科書では殆どが一対一の対話しか想定していないが、現実には3人以上が集まって話すケースが非常に多い。少なくとも多人数コミュニケーションを仮想体験する場を用意しておくべきだろう。

その意味では、TRPGも原理は同じなのだが、こちらは言語依存度が高い点が課題となる。
演劇の優れているところは身体を駆使する点。人間がコミュニケーションを行う上で、言語が支配するのは2〜3割程度でしかなく、実はその他の身体、場、社会的要素などに依存するところが非常に大きいからだ。
ケン先生が仮にロシア語でD&Dをやっても、ストーリーを理解するのが精一杯で、自分から積極的に参加するのは難しいだろう。

今回「日本語表現法」を担当するので、演劇要素を組み込もうと考えているが、まだ具体的なプランには至っていない。
また、学部時代にロシア語劇をやっていた者としては、将来的に学生の日本語劇ユニットを立ち上げることも視野においている。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | 学問、文学、教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

5、6月の読書報告(2018)

81kUtd1+i0L.jpg
『アメリカ外交の大戦略―先制・単独行動・覇権』 ジョン・L・ギャディス 慶應義塾大学出版会(2006)
冷戦研究の泰斗であるギャディス先生による、911事件以降のアメリカ外交論。基本的に講演録なので分量は少ないが、アメリカによる先制攻撃ドクトリンがブッシュ政権固有のものではなく、独立戦争と米英戦争(1814)に端を発する伝統的な考え方であるとするもの。むしろルーズベルトによる国際協調・大同盟路線こそが異端だったが、それによって世界覇権が確立したことを高く評価しつつ、安全保障環境の変化で再び先制攻撃ドクトリンに転換したと説明している。非常に納得させられる部分が多く、お薦めしたいのだが、イラク戦争は失敗したと断じているにもかかわらず、先制攻撃・単独行動ドクトリンは正しいとする結論部分だけは、「何故そうなる?」と疑問を禁じ得ない。

『新版 北朝鮮入門』 礒崎敦仁、澤田克己 東洋経済新報社(2017)
中国で朝鮮半島問題について講義して欲しいと言われ、門外漢なので途方に暮れ、専門家の同志に相談したところ、真っ先に薦められた一冊。表題にもある通り、確かに入門書で、北朝鮮に関する事項をかなり網羅的に書いているのだが、その水準は高く、記述もバランスがとれており、まず全体像を把握するにはもってこいのものだった。

41kNVU+VlqL.jpg
『フクシマ以後 エネルギー・通貨・主権』 関曠野 青土社(2011)
関先生は、在野の思想家なれど、全体主義学徒の私は非常に多くの示唆を受けている。「近代の終焉」「代議制民主主義の機能不全」「国民国家の終焉」などのキーワードを論じる。欧米日などの民主主義国家は、階級間の利害調整弁としての機能が期待され、階級間の和解の上に成立していたが、国家が銀行=資本を優先救済するために税金を投じた時点で、その和解は破綻したという理解。確かに、国家と資本の癒着が急速に進み、大衆からの収奪が苛烈になるのは、2000年以降である。議会制民主主義も国民国家も、一定の階級和解が前提となって成立しうるが、その和解が破綻している現状では、成立要件を欠き、システムが機能不全に陥り、統治不全が進行する恐れが強い。そもそも議会制民主主義は、19世紀の産業革命を前提とし、一国の工業化を実現する上で、労資間の階級和解が必要(合理的)だという認識に基づいていて成立したものであり、近代化と資本主義が終焉を迎える21世紀に通用する合理的理由は無い。

51TIgsfg-2L._SX311_BO1,204,203,200_.jpg
『閉じてゆく帝国と逆説の21世紀経済』 水野和夫 集英社(2017)
『資本主義の終焉と歴史の危機』 水野和夫 集英社(2014)

水野和夫先生の小論を集めたもので、水野ファン的には真新しさは無いものの、「資本主義の終焉」「近代の終焉」「国民国家の終焉」というキーワードを考える上で欠かせない要素を全て提示してくれている。成長型経済から定常型経済への転換という視点なくしては、今後の世界は語れない。

『立憲君主制の現在: 日本人は「象徴天皇」を維持できるか』 君塚直隆 新潮社(2018)
イギリス王政の研究家である著者による、世界各国の君主制度の現状を網羅した珍しい一冊。立憲君主制を採用している国が多い欧州諸国の場合、王族がデモクラシーの原理を尊重しつつ、政治に直接触れることなく、国際親善と国内の階級和解に精力的に活動することで、市民からの信頼と階級和解の象徴となって、体制の安定に寄与しているという。だが、既存の立憲君主制が「安定的」に見えるのは、一定の経済的繁栄とそれに基づく国民福祉が充実しているからであって、立憲君主制が体制安定に積極的に寄与しているという著者の見解は、いささかマッチポンプの嫌いがある。今後、急速に貧困化が進むであろう日本と欧州にあって、君主制が階級和解の象徴となり得るのか、その辺をもっと考察すべきだろう。

toubudoku.jpg
『東部戦線の独空軍』 リチャード・ムラー 朝日ソノラマ(1995)
なかなかの名著。アメリカの比較軍事史研究者による博士論文の解題であるだけに、それなりの基礎知識が必要ではあるものの、非常に深い内容で戦争の本質を追究している。表題の通り、独ソ戦におけるドイツ空軍の盛衰に焦点を当てている。英本土航空戦で消耗し、限られた航空戦力をもってどの任務を優先するのか、ソ連政府を屈服させるために最も効率的な航空運用は何かという空軍内部の議論が検証されており、興味深い。1942年以降は、想定外の長期戦と総力戦の中で、ソ連空軍も強化され、独空軍は損耗を増やし、戦略の再構築が求められる。デミヤンスク包囲戦における空中補給作戦では第8航空軍団が265機の損失を被るものの、作戦全体では「成功」と見なされ、スターリングラード・ポケットにおける空中補給につながって行く経緯も参考になる。原書にはあるはずの参考文献がついてないのが惜しすぎる。

『中国化する日本』 與那覇潤 文春文庫(2014)
一時期話題になった一冊。中国化とは、権力の一元化と経済分野の放任主義を指すキーワードで、これに対するのが分権化と経済社会の固定化を指す「江戸時代化」という認識。指摘は興味深いところもあるが、中国論で言えば足立啓二先生の『専制国家史論』を読むべきだ。日本社会論としては、奇をてらいすぎなのと、自己顕示欲が前面に出すぎて、評論文としては全く水準に達していない。

『国体論―菊と星条旗』 白井聡 集英社新書(2018)
既出。
posted by ケン at 13:21| Comment(0) | 学問、文学、教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする