2016年09月13日

タイトル見ただけで生きた心地しない三冊

P1250299.jpg

『ペリリュー・沖縄戦記』 ユージン・スレッジ 講談社学術文庫(2008)
太平洋戦争に海兵隊の一兵卒として出征したユージン・スレッジの戦場回顧録。米HBOが制作した『ザ・パシフィック』の原作二本のうちの一冊になる。
個人の戦争体験記はアマチュアであるが故に文章や表現が稚拙だったり、視点が主観的過ぎて読み手の想像力が追い付かなかったりする上、翻訳物は翻訳と表現文化の違いからさらに読みにくくなりがちだが、本作は翻訳物の戦争体験記ながら記述が非常に客観的かつ明快で、読み手の想像力を喚起し戦場の実像に近づかせてくれる。明快ながらも緻密で、表現に無駄が無く、客観的ながらも自分の信条や精神状態については誠実に回顧しており虚飾が無い。一兵卒の戦場記録としては、本作以上の水準のものを私は読んだことが無い。日本や日本兵に対する感情までが客観化されているため、日本の読み手にとっても抵抗が少ないと思われる。以下、詳細はこちら

『ノモンハンとインパール』 辻密男 旺史社(2000)
最近見つけて即買いした一冊。第23歩兵師団所属、熊本野砲6連隊の衛生兵として出征した辻密男の回顧録。ハイラルに赴任すると、いきなりノモンハン事件が起きて、中隊で200名からの戦死者を出し、17名の生存者の一人となった。筆致は淡々としているものの、出だしから生きた心地がしない。一年後にようやく内地に帰還して除隊し、釣具店店主に収まるも、2年半後の昭和18年4月に再招集を受け、同じく熊本野砲6連隊に入隊、今度はビルマに送られる。インパール作戦では、第31歩兵師団(烈)宮ア支隊所属として、最前線となったコヒマ攻略戦に参加している。ノモンハンでもコヒマでも、戦車に対して火炎瓶で攻撃するほか無かった日本軍が、どういうものだったかよく分かる。2度も最悪の激戦区に投入され、しかも生還するという超悪運と超幸運自体、凄まじいとしか言いようが無い。

『最悪の戦場に奇蹟はなかった―ガダルカナル、インパール戦記』 高崎伝 光人社(2007)
ガダルカナルとインパールという15年戦争の中でも二大双璧と言える地獄の両方に投げ込まれ、文字通り万死に一生を得て生還する話なのだが、文章は軽妙洒脱で「兵隊やくざ」的な語り口なので、勝手に想像していた陰惨極まりないというイメージは無く、その点ではいささか拍子抜けさせられた。クドカンが一兵卒として軍に入って回顧録を書いたらこんな感じかもしれないというノリと文才。学歴こそないかもしれないが、500ページ近い大著を一気に読ませるものがある。以下、詳細はこちら
posted by ケン at 12:31| Comment(0) | 学問、文学、教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

岡田さんが論壇デビュー?!

SKM_C284e16090511440_0001.jpg

本9月5日付けの読売新聞文化面。
我らが同志である岡田一郎氏がついに論壇デビューを果たした。
先に中公新書で刊行された『革新自治体 - 熱狂と挫折に何を学ぶか』の著者である。

91+-BKuSx3L.jpg

現在では「財政赤字を増やした」と負のイメージばかり語られる、1960〜70年代の革新自治体の実像を再検証した一冊。私が長年住んでいるC市もまさにこの革新自治体の先鋒的存在だっただけに、関心はあったものの、気軽に読める良書が無く、良い機会となった。当時の国政や政党の系譜から、全国の主な革新自治体の始まりから終焉まで扱っているだけに、網羅的になってはいるものの、非常に読みやすく、国政と政党との関係まで含めて分かりやすい構成になっている。詳細は、書評を書くつもりだが、負のイメージを払拭させ、現在に通じる課題を示してくれる貴重な一冊と言える。


若干の補足をしておくと、本書にはなぜか左派の側から「共産党の協力についての記載が少ない」「後世の歴史家視点すぎる」旨の批判が寄せられ、むしろ中間から右派側からの評価の方が高いくらいなのは非常に興味深い。また、確かに当時の革新自治体運動は終焉を迎えたものの、私が住むC市は民共社の連立政権が14年も続いており、隣のK市では最近まで12年間共産党政権だった。確かに全体から見れば少数派だが、決して「失われた」わけではなく、その価値と存在意義は形を変えてもなお健在なのでは無かろうか。
posted by ケン at 13:04| Comment(0) | 学問、文学、教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

オックスフォードの自分を変える100の教え

41S0ZoR3TYL.jpg
『オックスフォードの自分を変える100の教え』 岡田昭人 PHP研究所(2016)
【目次】
信念の章
学習の章
勇気の章
対話の章
決断の章
愛情の章
運命の章

恩師の新著。ビジネス書というか、自己啓発本であり、正直なところ私の苦手とする分野で、どう評価したら良いのか分からない。そもそも「自分を高めたい」とか「人生で成功したい」などという欲望から程遠いところで生きているので、ムリというものだろう。
かいつまんで言えば、オックスフォードでエリートが身につける思考や行動の習慣について、分かりやすく解説したものだ。色々な教訓がスマートに書かれている。

だが私は、「大切なことはすべて武家とロシアが教えてくれた」を旨としており、本質的には蛮性と親和的であるため、どうにも「スマートなエリート論」に抵抗を覚えてしまう。恐らくは同じ理由から、小さい頃に父に叩き込まれた『論語』が嫌で嫌で仕方なかったのを思い出す。

まぁ今日は恩師の新著の紹介ということで。
posted by ケン at 13:00| Comment(0) | 学問、文学、教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月04日

6、7月の読書報告(2016)

91+-BKuSx3L.jpg
『革新自治体 - 熱狂と挫折に何を学ぶか』 岡田一郎 中公新書(2016)
同志の新著。現在では「財政赤字を増やした」と負のイメージばかり語られる、1960〜70年代の革新自治体の実像を再検証した一冊。私が長年住んでいるC市もまさにこの革新自治体の先鋒的存在だっただけに、関心はあったものの、気軽に読める良書が無く、良い機会となった。当時の国政や政党の系譜から、全国の主な革新自治体の始まりから終焉まで扱っているだけに、網羅的になってはいるものの、非常に読みやすく、国政と政党との関係まで含めて分かりやすい構成になっている。詳細は、書評を書くつもりだが、負のイメージを払拭させ、現在に通じる課題を示してくれる貴重な一冊と言える。

『代議制民主主義 - 「民意」と「政治家」を問い直す』 待鳥聡史 中公新書(2015)
デモクラシーに対する不信が高まり、ポピュリズムが蔓延、強権的なリーダーが目立つ中、代議制民主主義とは何か、何を目指す制度なのかを再検証している。直接民主主義が物理的に不可能な中で、有権者は政治家に政策決定や官僚監視を委任し、政治家は官僚に政策実行を委任すると同時に、有権者に対して説明責任を負う。だが、どのようにして政治家を選出し、政治家に何をどこまで委任するかについては、様々な制度が存在している。この委任と責任の関係を、良く整理して明快に説明している。新書としては、非常に濃い内容だが、プロフェショナルとしても考えさせられるところの多い一冊である。

51lVdtz5yLL.jpg
『タックス・ヘイブン―逃げていく税金』 志賀櫻 岩波新書(2013)
日本では数少ない専門家(故人)が、世界規模の脱税・節税・租税回避のカラクリを解説する。専門的すぎて分かりづらい部分もあるが、基本的には解説書と言うよりもノンフィクション的な感じで、前のめりに読んでしまった。これも一度目を通しておいて損はしない一冊。

『EU騒乱:テロと右傾化の次に来るもの』 広岡裕児 新潮選書(2016)
難民、テロ、財政難、右傾化、そしてこれらに起因する反EUの動きを在仏40年のジャーナリストがレポートする。欧州で起こっていることの全体像を把握するにはちょうど良い一冊かもしれないが、民主主義やEUを肯定するスタンスで書いている上、定型的な西側自由主義史観に基づいているため、「いかにも外務省ご推奨」的な公式見解に陥ってしまっている。

91K37cSvGML.jpg
『ドイツ国防軍兵士たちの100通の手紙』 マリー・ムーティエ他 河出書房新社(2016)
二次大戦中の普通のドイツ軍兵士の手紙を、1万6千通余のアーカイブから厳選したもの。それだけと言えばそれだけなのだが、現実のドイツ兵が戦場で何を考えて戦っていたのかを見る点で貴重な資料となる。映像や将軍の回顧録からは分からない実相がある。

『日本会議 戦前回帰への情念』 山崎雅弘 集英社新書(2016)
既出

『関白秀次の切腹』 矢部健太郎 KADOKAWA(2016)
既出
posted by ケン at 12:57| Comment(0) | 学問、文学、教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

日本会議 戦前回帰への情念

13737515_733068520129352_7969415770691402949_o.jpg
『日本会議 戦前回帰への情念』 山崎雅弘 集英社新書(2016)

山崎雅弘氏の新著。この間、日本会議ネタは何冊も出版されているが、どれも読んでいないので、違いについてはよく分からない。本ブログで取り上げてこなかったのは、「フリーメイソン」や「コミンテルン」のような秘密結社や陰謀論の臭いが強く、現実政治を取り扱う場には相応しくないと考えられたからだった。そのスタンスは、今でも変えるつもりはないが、それは知識として否定するものではない。

本書は、「日本会議とは何か」を網羅的に取り上げており、「安倍政権との関係」「人脈と組織」「価値観」「その目指すところ」「改憲への意志」を中心に説明している。その根底にあるのは、明治帝政、それも国家神道との一体化が進んだ昭和前期の体制への憧憬であり、その否定の上に成り立っている戦後体制に対する憎悪が、運動のエンジンになっている。山崎氏は、事象を一つずつ検証しながら、歴史と照らし合わせて「戦前回帰」や「国家神道」への情念を立証している。一般には、なじみの無い個人名や歴史の話が多いが、全体的にはコンパクトに分かりやすく書かれており、良質な新書と言える。

ただ、新書で分量的に限界があるのだが、もともと自民党内あるいは保守層全体でも少数派だったはずの反動主義者・歴史修正主義者が、なぜ2000年以降に急速に拡大し、自民党を支配して内閣を組織するまでに至ったのか、その疑問には答えていない。それ故に、「ある日突如秘密結社が現れて自民党を支配した」的なストーリーを想像してしまう人が出てくる恐れがある(本書がそう言っているわけでは無い)。私の関心は、むしろこの「なぜ権威主義・反動家が保守派の大勢を占めたのか」にあるが、これについては本ブログの記事を参照してもらいたい。

右傾化する東欧諸国 
自由民主主義の終焉 
右翼のヤバさと中道の難しさについて 
国と保守派が君が代を強制するワケ 
歪なる保守主義 
左右の定義 
【目次】
はじめに――大河ドラマ『花燃ゆ』と日本会議の副会長

第一章 安倍政権と日本会議のつながり――占領された内閣
1.第二次安倍政権の発足と日本会議の役割
2.重なり合う「日本会議」と「神道政治連盟」の議員たち
3.慰安婦問題・南京大虐殺問題への日本会議の関わり
4.中国の軍事的脅威をアピールする安倍政権と日本会議
5.光を当てる地方紙・週刊誌・ネット言論と、光を当てない大手メディア

第二章 日本会議の「肉体」――人脈と組織の系譜
1.「神道・宗教勢力」と「保守・右派勢力」の融合
2.神社本庁と日本会議の深い関係
3.日本会議とその前身/関連組織が行ってきた主な政治運動

第三章 日本会議の「精神」――戦前・戦中を手本とする価値観
1.安倍首相と日本会議と天皇――「日本の国柄」の核心を成す存在
2.「日本を取り戻す」――具体的には、何を「取り戻す」のか
3.日本会議の思想の原点を物語る書物『国体の本義』と『臣民の道』
4.戦前・戦中の思想と価値判断を継承した日本会議の活動方針

第四章 安倍政権が目指す方向性――教育・家族・歴史認識・靖国神社
1.安倍首相と日本会議と教育改革――「愛国」「道徳」という名の政治教育
2.安倍首相と日本会議と家族観――国民の内面に踏み込む
3.安倍首相と日本会議と歴史認識――大東亜戦争の肯定
4.安倍首相と日本会議と靖国神社――「国に殉じた英霊」の理想化

第五章 日本会議はなぜ「日本国憲法」を憎むのか――改憲への情念
1.安倍首相と日本会議が日本国憲法に示す「敵意と憎悪」の背景
2.日本国憲法を「神道指令の恒久化」と見なす日本会議
3.安倍政権と自民党の憲法改正案
4.日本会議の改憲運動と「産経新聞」の憲法改正案
5.憲法改正運動の最前線に躍り出た日本会議
posted by ケン at 10:00| Comment(0) | 学問、文学、教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月18日

4・5月の読書計画

この間の米大統領予備選におけるトランプ候補の言動や、TPPをめぐる議論を見ていて、「トッド先生を読み返す必要があるな」と思い至る。気づいてみると、『最後の転落』が再販されているし、実家の図書室には母が読み散らかした本が山積みされているので好都合だった。やはり、「米帝以後」や「デモクラシーの終焉」を考える時には外せない。幕臣の先祖を持ち、自らの目で「ソ連崩壊」を見てきた私にとって「巨大権力の瓦解」は常に大きなテーマの一つであり続けている。先生は、「ソビエト連邦の崩壊のような重大な危機というのは、政府枢要が問題を解決しようとせず、先延ばしにした時に起きる」と述べておられるが、今のアメリカや日本にも同じことが言えそうだ。

帝国が衰退する時 
TPP情報が開示されないワケ 

11168481_692326234203581_3465262938570927378_o.jpg

『帝国以後−アメリカシステムの崩壊』 E・トッド 藤原書店(2003)
米帝によるイラク侵攻の直前に書かれた一冊だが、米国初の金融危機を予測したり、イスラム教の教義が脅威なのではなく、近代化に対する伝統派の反発が(移行期)危機を生んでいるとの見解、あるいはもはや米軍は北朝鮮やイラクを敵にする程度の力しか無いなどの指摘、今もって「神の目」と言うに相応しい。

『デモクラシー以後−協調的保護主義の提唱』 E・トッド 藤原書店(2009)
「TPP情報が開示されないワケ」の元ネタの一つ。フランス社会のエリート化と格差拡大がデモクラシーの危機を生起させている。エリートが自由貿易を志向し、国民に競争を押しつけて収奪し、その利益はエリート内でのみ分配される。同時に貧困層と中間層を対立させることで、富裕層の独占と延命が図られる。これを維持するためには、デモクラシーは不適当であるがために、権威主義化が進んで行く。フランスの現状分析だが、他の西側先進国にも通じるところが多く、非常に参考になる。

『最後の転落−ソ連崩壊のシナリオ』(再販) E・トッド 藤原書店(2013)
初版は1976年。ロシア語も読めない若き研究者が、誰も予想しなかった「ソ連崩壊」を予測し、いまや「予言書」として評価されている。その分析は、40年を経たいまも全く古さを感じさせず、逆にアメリカや日本の「転落」を予測する上で欠かせないものになっている。経済成長が止まり、国民の生活水準が低迷する中で、軍事的冒険を行うことの危険性を指摘している点は非常に重要。

kamakurametubou.bmp
『鎌倉幕府の滅亡』 細川重男 吉川弘文館(2011)
『太平記』では早々に滅亡してしまう鎌倉幕府。定説では「蒙古襲来時に恩賞を与えられなかった」「徳政令を乱発した」などから理由が説明されるが、果たして最新の研究ではどのような評価になっているのか。承久の乱で朝廷を圧倒し、元の来襲を退けた鎌倉幕府だが、実は「蒙古襲来」から49年で滅亡してしまっている。「東国政権」「御家人の利権調整団体」としての鎌倉幕府が、いかに変遷し、分不相応な権力を有するに至ると同時に、権力の寡占が腐敗と停滞を生み出したかが、コンパクトに説明されている。分量不足で「あっさりしすぎ」な観はあるのだが、戦国期や江戸期のような基礎知識があるわけでもないので、納得できる説明があれば十分としたい。結局のところ、東国政権である幕府は、王朝の衰退と外国の侵略で全国支配を余儀なくされたものの、それだけの統治システムは構築できず、地方分権を図ろうとするも失敗に終わり、中央統制を強化しようとするも、ついには御家人層からも見放された、ということのようだ。
posted by ケン at 12:50| Comment(0) | 学問、文学、教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

3月の読書報告

どうも2月からこの方、多忙なのと政策資料を読む機会が多いこと、さらに家ではTRPGのシナリオ作りが相まって、あまり本が読めていない。まぁこんな時期もあるだろう。

31PC5mVtQ-L__SX303_BO1,204,203,200_.jpg
『戦国の陣形』 乃至政彦 講談社現代新書(2016)
ちまたに評判の一冊なので読んでみたが、表題に比して内容は「結局のところよく分からない(資料に無いから)」というもので、本自体も薄い。「魚鱗」や「鶴翼」などの陣形が、「何となく」イメージで使われてはいたものの、今日のように定式化・マニュアル化されたものではなく、江戸期の軍学書で伝説化されたことで、今日に至るまで実態が分からなくなってしまっている、ということのようだ。とはいえ、武田信玄や上杉謙信の頃になると、装備別の編成や陣形について改革がなされていった模様。著者の推測部分が非常に多く、「ふ〜ん、そうなんだ」という感想しか抱けない。戦国期の合戦についても、江戸期以降の創作が多く、実態はかなり異なったという指摘はその通りなんだろう。

51XBKlUoZaL__SX350_BO1,204,203,200_.jpg
『秩禄処分 明治維新と武家の解体』 落合弘樹 講談社学術文庫(2015)
明治維新の「三大改革」といえば、一般的には「徴兵制」「学制」「地租改正」とされる。だが、本書のテーマである「秩禄処分」もまたそれに匹敵するか、それ以上の革命的改革だった。何と言っても、江戸期だけで260年に渡って支配してきた武士層を、新政府官吏を除いて、いくばくかの資産を与えて全員解雇するというもので、血を見ないわけがない革命的事業のはずだった。ところが、現実にはわずかな例外を除いて無血革命に成功した。当時、士族の家禄は、新政府の予算の3分の1を占めるほどのものだっただけに、今から見れば魔法でも見るかのような話だ。とはいえ、考えてみれば、わが家は明治維新で100石超からの家禄を失い、さらに戦後の農地改革と預金封鎖で土地と資産も失ったが、「七代末まで祟れ」みたいな言い伝えは残されていない。そのナゾを明快に解き明かしてくれる良書。分量的には多くないが、非常にコンパクトに要点をまとめられている。まぁ言ってしまえば、日本人は大勢順応的に過ぎるということなのかもしれないが。ただ、思っていたよりも推進者たちが苦悩しながら取り組んでいたことは印象的だった。
posted by ケン at 13:02| Comment(2) | 学問、文学、教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする