2006年07月27日

囲碁のすばらしさ

私が通っている地元の碁会所の子ども教室に遊びに行った。
一回は互先(ハンデ無し)、もう一回は3子置いて打つも、どちらも惨敗。
碁というのは、微妙な体調や精神状態が表れやすいようで、圧倒的に実戦経験が不足している私は、その点も非常に脆いらしい。

布石の段階では、いつの間にか中央を占める美しい形に展開するのだが(現在研究中の「自然流」による)、弱いところから打ち込まれ、局地戦になると負けてしまい、そこから戦線が破られて崩れてしまった。
「戦い」という局地戦になると、まさに調子が大きく影響するようで、つい弱気な手を打ったのが悪かったらしい。

子どもは、子どもにもよるが、多くは石を取ろうと戦いを仕掛けてくるので、上手くさばくテクニックを身につける必要があるらしいのだが、私の勉強はまだそこまで進んでいないのが問題らしい。
弱い私の話はどうでもいい。

碁の良い点の一つは、年齢が関係ないところにある。
スポーツと違い、子どもも大人も対等な頭脳勝負なのだ。
プロの多くは中学生前後でプロになることを考えれば分かるだろう。
しかし、それだけなら将棋も同じかもしれない。
が、将棋は20代あたりがピークで、後は弱くなるばかりらしい。
将棋界で活躍するプロは若手ばかりだ。
囲碁も最近でこそ韓国などを中心に若い人の活躍が目につくが、50歳になったからと言って棋力自身が衰えるということはあまりないらしい。

80歳を超えるプロ棋士もいるし、昨年の世界アマチュア囲碁選手権の日本代表は75歳の菊池大先生だった。
3歳から死ぬまで遊べる、あるいは3歳と90歳が対等に競える競技というのは、他にないのではないだろうか。
そういう普遍性というか超年齢性が、大きな魅力になっている。
例えば、私が80歳まで生きるとすれば、あと40年以上も成長し続けることのできる分野がある、というだけでも素晴らしいことだと思うのだ。

ま、成長具合は人それぞれなんだけど……
posted by ケン at 23:58| Comment(3) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

カメラと散歩の危険な「罠」

前の日曜日はカメラを持って町の古い建物を「作品撮り」した。
と言ってもそんなに気楽なものではない。
ロシアではいまだに撮影禁止箇所が多く、諸事うるさい。
私のいるU市は、中国との国境に近く、軍も駐留している。
何と言っても、大学の目の前に軍司令部があるのだ。
個人的には、軍司令部の前に置いてある、BT−5?とおぼしき、おもちゃのような戦車の写真を撮りたいのだが、もちろん撮っていない。

kyuusigai.JPG
秋口に撮影した旧市街

町の中には、他にも軍関係の施設が多く、「誤って」写真を撮ろうものなら、拘束されてしまう。
こういう場合、ロシア人は問答無用だ。

「ロシア人はいい人」などと言うのはパンピーの話でしかない。
組織や組織人としての「ロシア(人)」は、どこまでも冷酷で、人を人と思わない。

写真を撮ったのが若い女の子だったとしても、平気で何日でも拘束し、尋問してくる。
そういう例は、現実に多い。
駅で記念写真を撮っただけで、3日間拘束された旅行者の話など、ごく当たり前にある。
つまり、ロシアで「知らない」ということは即死を意味する。
少なくとも「知りませんでした」では、ロシアの官憲は許してはくれない。
こういう辺りは、帝政ロシア、ソ連から今日に至るまで、ロシアの文化の一つと言って良い。

何も知らない人は、
「ソ連=社会主義=独裁」だから民衆に対して残酷だったと思っているかもしれないし、「ロシアになって民主化されたのだから」と思うかもしれない。
が、一国の官僚文化や国家の思考パターンは、体制が変わった程度では変わらない。
基本的には、体制が変わってもそのまま生き残るのが「官僚」というものだからだ。
軍、警察、官僚の体質はソ連時代のまんま、と考えるのが妥当だろう。

ロシアで写真を撮るなら、知識と勇気があり、機転が利かないとならない。
十分注意していても、難癖をつけられるかもしれない。
常に危険と隣り合わせ。
ロシアとはそういう国であり、およそ日本人の想像の範疇にはない。
posted by ケン at 18:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

郵便

ロシアの郵便局は日曜と月曜が休み。
平日仕事の人が土曜日に行けるように、という配慮なのだろう。
が、いかんせん使いづらい。
土曜日は開いていると言っても、午後の3時か4時まで(局によって違う)。

で、1時から2時までは、今時「昼休み」がある。
社会主義やめたんなら、働けよ!と言いたいが……。
しかも、なぜか土曜日にも昼休みがある。
私のうちの近くの郵便局は、土曜日は3時まで、しかも1〜2時は昼休み。
実質的に午前中しかやっていない。

この前なんぞは、せっかく木曜日に荷物が届いていたというのに、
金曜日は大雪、
土曜日は所用、
があったため、
日月は休みで、
受け取ったのは火曜日。
これではせっかくEMSが一週間で着いても効果半減である。

言い忘れたが、
小包やEMSなどはいちいち受取証を持って、郵便局に行かねばならないのだ。
さらに多くの場合、郵便局は窓口が一つしか開いておらず、30分待ちなどはザラだ。

郵便を出すのも、ものすごい時間がかかる。
小包などは、ありがたいことに、一人しかいない窓口員が、いちいち品を確かめて、丁寧に梱包してくれるものだから、すさまじい時間がかかる。
単なる書留も、何枚もの用紙に記入し、窓口員がいちいちチェックし、さらにパソコンに人差し指で打ち込み、お金の計算を何度もして……、と言った具合なのだ。
この辺りのサービス事情は、ソ連時代とそれほど変わりない。

ロシアがいつまでたっても発展しないのは、流通事情が悪いのと、行政の効率があまりにも悪いことが大きな原因となっている。
流通事情が悪いのは、行政の能率に起因するところが大きいため、やはり行政の効率化、つまり手続きの大幅な簡素化がなされない限り、いつまでたってもロシアは発展しないものと思われる。
が、官僚システムの非効率は、ソ連だけの問題ではなく、帝政ロシア時代からの伝統でもあり、いわばロシア固有の弊害であり、ロシア人自身がそれを良しとしているところもあるようだ。

結論を言えば、ロシアの発展はまだまだ先の話であり、
日本人が生活するにははなはだ不便なところである、ということだ。
posted by ケン at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする