2018年05月22日

永田町から見た南北朝鮮問題・下

前回の続き)
もっとも、この点について各国の利害は一致していない。中国に権限を委ねて東アジアから手を引きたいアメリカに対し、経済発展を優先させたい中国は安全保障のコストを上げたくないことから消極的スタンスを保つものと見られる。また、北朝鮮と韓国は、中国の影響力増大を恐れることから、米中のバランスが保たれることを望むだろう。

いずれにせよ、米朝和解とそれに続く朝鮮戦争の終結は、冷戦構造の継続と対米従属(衛星国)を切望する霞ヶ関・自民党にとっては悪夢でしか無い。
霞ヶ関と自民党というのは、冷戦期における東欧諸国の共産党と同質のもので、覇権国であるアメリカによる世界支配の正統性の下で、封土統治の権限が認められ、議会選挙や公務員試験などは形式的・儀礼的なものでしかない。それは、日本の義務教育において、デモクラシーやリベラリズムに基づいた主権者教育がなされてこなかったことが証明している。
冷戦の最終盤において、ソ連が財政上の理由から東欧の覇権を手放した瞬間に、東欧諸国の共産党はハンガリーを除いて瓦解、解体してしまうわけだが、それは彼らがソ連共産党の権威の下でのみ統治の正統性を持ち得ていたためだった。かろうじてハンガリーだけは、体制内改革を進めていたこともあって、社会主義労働者党が存続し得たが、例外的なケースだった。

日本の霞ヶ関と自民党もまた、体制内改革を否定し、東アジア内での和解を拒否して強硬姿勢を貫き、国内にあっては親露、親中、親朝、あるいは国連連携派を弾圧してきた結果、対米従属に基づく緩い開発独裁国家から抜け出す術を持たず、中国を中心とする東アジア新秩序体制に参加するだけの政治的資源が無いという情況に陥っている。
例えば、現在の外務省には北朝鮮と交渉するパイプがなく、今頃になって自民党などの政党幹部が朝鮮総連を訪問する事態になっている。中国については、若干マシとはいえ、尖閣沖で漁船衝突事件が起きた際、外務省にも民主党にも中国側と本格的に交渉するパイプがなく、事態を悪化させ続けたことがある。これらは、圧力・強硬外交一本槍のツケと言える。

対北外交については、日本は1990年の金丸訪朝団と2002年の小泉首相訪朝の二度、大きな転機を迎えていたが、どちらの場合も帰国後に国内の強硬世論が沸騰、日本側から和解を拒否してしまった。この二度については、北朝鮮側も大きな譲歩を示していただけに、「首領様」の権威を大きく傷つける格好となり、「日本は一切信用できない」という話になっている。昨今でも、経済制裁などで最強硬路線を唱え、在日朝鮮人に対する差別や弾圧を放置してきた日本政府を信用する理由は、北朝鮮側には無い上、貿易ゼロの日本と交渉するメリットも失われてしまっている。日本側がよほど巨額の戦後補償を用意しない限り、日朝交渉は進みそうにない。
同じ傾向は日露外交にも見て取れる。政府が60年にわたって四島返還を主張し続けた結果、領土問題でロシア側と妥協することができなくなってしまっている状況がある。

なお、日本政府や有識者は、「日本の経済制裁が北朝鮮を屈服させて、外交交渉のテーブルにつけた」などと臆面も無く述べているが、現実の北朝鮮は仮想通貨とインターネット上の仮想企業を駆使して取引しており、米ドルと数年前の紙媒体の資料に基づいた経済制裁は、控えめに言っても十分に機能していない。
実際のところ、北朝鮮では中国を見習って国内のイントラネットが整備されつつあり、スマートフォンも全国で10〜20%、平壌に限れば30%以上の保有率になっているとの情報もある。だが、日本人の大半は1990年代後半の飢餓で痩せこけた子どものイメージしか無い。

日本は、外交的には孤立、盟主から見放されつつある中で、国内では貧困化が加速している。霞ヶ関と自民党は、改革によってアジアシフトと経済再生を進めるのではなく、外交的強硬路線を継続しつつ、国内では収奪と権威主義化を進めることで、体制の存続を図ろうとしている。トランプ米大統領と安倍総理の関係は、ソ連のゴルバチョフと東独のホーネッカーを彷彿させるものすらある。
朝鮮半島の和解は、日本にとって「ベルリンの壁崩壊」に相当する大きな変動の始まりとなるかもしれないが、体制転換を望んだ東欧の市民と異なり、日本人は市民意識が低く、東欧で見られたような自由社会への憧憬に相当するものが中国型モデルに対しては存在しないこともあって、現状維持を望む声の方が大きい可能性もあり、その場合は緩慢なる死を迎えることになるだろう。逆に、貧困化の進行が国民を好戦的にするケースもあり、この場合、満州事変のような陰謀が政府内で画策される可能性もゼロでは無い。

なお、日米の民間で行われた世論調査(2017.12)によれば、対朝軍事侵攻に賛成するのは、日本20.6%、米32.5%、反対するのは日本48.3%、米44.2%だった。イラク戦争時に米国内で9割の支持があったことを思えば、米国人の内向き化が指摘される。また、日本国内でも思ったよりは、朝鮮紛争の勃発を望む声は多くなく、今のところは理性が働いていると見て良い。但し、この手の世論調査は参考にしかならない。例えば、1937年の日本を見た場合、盧溝橋事件が起こる前と起きた後では、世論の反応が大きく変化している。

今日の外交的孤立を招いた主な原因は、オルタナティブ(別案)を用意すること無く、冷戦構造と対米従属を盲信し続けた霞ヶ関と自民党にあるが、国際情勢を読み解くだけの情報が無かったことも大きい。日本は憲法上の理由と対米配慮の点から対外情報機関を設置してこなかったが、それは結果的に諜報分野における対米依存を強め、アメリカにとって有利な情報しか入ってこない状況を生んでいる。国家の自立という点で、優秀な情報機関は必要不可欠だが、保守派は対米配慮、リベラル・左翼は「戦前回帰」を恐れて、議論してこなかったことが、危機的状況を生んでいる。この点でも戦後体制は制度疲労を起こしており、ケン先生が「待機主義」に移行した理由にもなっている。
posted by ケン at 00:00| Comment(4) | ロシア、中国、国際関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

永田町から見た南北朝鮮問題・上

【北朝鮮非核化は「リビア方式」にしない トランプ米大統領】
 ドナルド・トランプ大統領は17日、北朝鮮の非核化について、いわゆる「リビア方式」は適用しないと発言した。非核化後に体制が覆されたリビアの経緯を知る北朝鮮の、懸念緩和が目的とみられる。2003年に当時のリビア指導者、ムアンマル・カダフィ大佐は核兵器の放棄に同意した。しかし、2011年には西側諸国が後押しする反体制勢力によって殺害されている。ジョン・ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が北朝鮮の非核化で「リビア方式」の適用に言及したことで、北朝鮮は懸念を強めていた。北朝鮮は16日、来月12日に予定される米朝首脳会談を見送る可能性を警告。一方のトランプ大統領は17日、会談は今でも予定通り開かれるとの考えを示した。
(5月18日、BBC)

先日訪中した際に、朝鮮半島問題について話してもらいたいとの依頼を受け、専門分野ではないので、「永田町から見た南北問題」のテーマで現地の日本研究者を相手に講演した。いかんせん急な話だったため、簡単なハンドアウトしか作れなかったことと、情勢もめまぐるしく変化しているだけに、踏み込んだ話はできなかったものの、「日本側の視点」は抑えられたと思われる。

日本では、大手紙も有識者の多くも、「米朝首脳会談は失敗に終わり、アメリカが軍事行動を起こす」観測を示している。これは、彼らの情報源が外務省あるいは首相官邸であることに起因しているが、根拠のある話というよりも、「日本が数年耐え抜けば、ドイツがヨーロッパを制覇してイギリスも屈服する」類いの願望に近い話であろう。

日本の霞ヶ関と自民党は、根源的なところで冷戦体制の存続を希望しており、そこに60年以上の既得権益がからんだことで、他の外交的選択肢を潰してきた経緯がある。
安全保障論や地政学的なところから入ると、日本は北緯38度線を最前線とする東洋の冷戦構造下で、長いこと後方支援の地位に甘んじてきた。戦争状態を抱えたまま重武装し続けねばならなかった韓国に比して、はるかに軽い軍事的負担で済んだことは、日本の高度成長の主要因でもあった。

1990年代以降、日本は国際社会から経済力に見合った軍事的負担を求められるようになり、海外への軍事投射能力を少しずつ育成し始め、2000年代以降には中国の台頭によるシーレーン防衛が課題となったほか、米国の中東シフトが顕著となったことを受けて、独自の防衛力強化に乗り出さざるを得なかった。
米国側はすでに1990年代半ばには、日本に対して自主防衛を求めてきたが、冷戦構造そのものが既得権益化していたことと、霞ヶ関と自民党が「アメリカから支配の正統性を付与された」ことがあって(白井同志の言う「菊と星条旗」)、特に外務省はアジアから手を引こうとしているアメリカの裾を掴んで放さない挙に出ている。結果、アメリカ側の要求は高まる一方となり、あり得ない価格のミサイル防衛システムや航空機などの購入も、イラク戦争への派兵も受け入れざるを得なくなっている。

もし仮に今回の米朝会談が成功した場合、それは朝鮮戦争の終結を意味するものとなる。一部の報道では、米朝会談と同時期に中国の習近平主席が同地(日本報道ではシンガポール)を訪問するということだが、これは米朝会談で「手打ち」が決まった場合、そのまま中国代表を交えて、休戦協定が結ばれる可能性を暗示している。
意外と知られていないことだが、朝鮮戦争の休戦協定は「国連軍代表=アメリカ、北朝鮮、中国」の三国で締結されており、韓国側は代表者を送っただけでしかない。この休戦協定を平和条約に転換する場合も、必要なのは米朝中の三カ国のみであり、韓国側は同意さえあれば十分で、文大統領には拒否する理由が無い。

だが、現状における朝鮮戦争の終結は、在韓米軍の撤退と韓国の中国覇権入りを意味し、日本が冷戦継続を臨む場合、日本海が冷戦の最前線となることを意味する。すでに米国には、中国と覇権を争う意思はなく、できれば日本からも撤兵して、東アジアの安全保障から手を引きたい意向が強い。ただし、米国の中には、いまだ覇権主義者も少なくないため、日本政府などの懇願もあって、実現していないが、大きな流れとしては「パックス・アメリカ−ナの終焉」は時間の問題となっている。

冒頭の記事は一つの象徴とも言える。北朝鮮の非核化を言う場合、検討されるのは主に「リビア方式」と「イラン方式」で、前者は「核兵器が完全に撤去されたことが確認されたら、経済制裁を解除して支援を行う」であり、後者は「撤去段階を見極めながら、経済制裁を緩和して行く」ものを指す。
この「リビア方式」の場合、完全に撤去したリビアは西側諸国の煽動による「アラブの春」で瓦解、カッザフィー氏は見殺しにされた。また、イラクでは「大量破壊兵器の完全撤去が確認できない」と難癖を付けられて、アメリカなどの多国籍軍が侵攻、フセイン氏も殺害された。北朝鮮的には絶対に認められない方式である。
この間、日本の「専門家」「有識者」やマスゴミは、「アメリカがイラン方式を容認することはあり得ない」「米朝会談は高確率で失敗し、アメリカは軍事行動に出る」旨を主張し続けてきたが、早速ボロが出ている。連中は、自らの願望を述べているだけで、国際情勢の何をも反映していないのだから当然の結果だった。

さらに日本側が懸念するのは、米朝会談においてアメリカ側が妥協して、長距離弾道弾の破棄で手打ちして、核兵器の廃棄についてはウヤムヤにしてしまう恐れがあることだ。この「ウヤムヤ」は、核廃絶の実証が困難であることに起因している。先に挙げた2003年のイラク侵攻の口実を思い出すと良い。アメリカを中心とした査察団による厳密な検証を強行した場合、米国内や日本の好戦派が査察を妨害して、イラクの二の舞となる可能性が高い。
トランプ大統領の考え方はビジネスマンのそれなので、国際政治も効率優先で考える傾向が見られる。それだけに、朝鮮半島問題には深入りせず、戦線を整理縮小する方向で動いており、米国を中心とした核査察体制にはしたくないと考えているだろう。そして、可能な限り、中国を引き込み、場合によっては査察団の主役に据えることで、責任を押しつけた方が話が早い(反対するのは日本だけ)。
アメリカからすれば、要は核弾頭が米本土に届かなければ「十分」であり、あとは交渉材料でしかない。下手に時間をかけて情勢が悪化し、軍事介入の声が高まる方が、トランプ氏的には悪夢だろう。極論すれば、北朝鮮の核兵器は、中国吉林省の国境を越えたところに移送して隠してしまうだけでも、形式上は「廃棄」にできる(中国にとっては迷惑千万な話だが)。北朝鮮は北朝鮮で、核兵器製造のデータと体制保証さえあれば、実物は中国やロシアに移管されても問題ない。
以下続く
posted by ケン at 13:23| Comment(2) | ロシア、中国、国際関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

武家のタブー

31944312_1221881257914740_4735816023595286528_o.jpg

古来、武家は牡丹、芍薬、椿の類いは「落首」を連想させるとして、庭に植えるのを忌避してきたが、武家の娘であるはずの母は全く知らずに植えてしまった模様。まぁ自分は武人じゃないからいいんだけど。伝統なんてそんなものです。buk
posted by ケン at 00:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

黄浦江遊覧船で上海観光

今回の上海行きでは、最終日に観光することができた。
研究者の一人が案内と空港までの見送りを担当してくれた。

IMG_20180512_110220.jpg

IMG_20180512_114838.jpg

まずは黄浦江遊覧船にて上海の新旧街並みを拝見。
旧市街にある「十六浦」が発着所になっているが、かつては十六種の貿易品によって船の発着場が指定されていたことから来ている。
船は長江に向かってのんびりと進み、20分強で反転、戻ってくるだけなのだが、左手に旧市街、右手に新興金融街が建ち並び、その対比が面白い。中国人的には「夜景の方がきれい」とのことだが、初心者としてはどこに何の建物があるかを確認する方が先だろう。
この辺りは戦場にもなっていなかったようで、戦前の建物が良く残っており、「上海租界」の雰囲気を色濃く残している。敢えて言えば、横浜に近いかもしれない。

32215075_1225842994185233_596519172993712128_n.jpg
右手の赤い屋根はロシア領事館。やはり軍事的要所にある。

32703970_1227917977311068_5479191943894269952_n.jpg

上海獶太難民紀念館。二次大戦期に欧州から逃れてきたユダヤ人難民の多くは上海に来るも、日本側はゲットーをつくって一部地域に集住を強制した。日本人的には、河豚計画とあわせて考える必要がある。記念館自体は最近できたもので、展示物も多くは無いが、どうやらユダヤ系の人もたくさん来ている模様。

IMG_20180512_140733.jpg
記念館の前にある古い建物を利用したカフェは非常に洒落てる。
posted by ケン at 12:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

OECDジェンダー間給与格差ランキング

31913793_1220381184731414_5571467658391453696_n.jpg
OECD諸国における男女の賃金格差ランキング。
韓国のフェミニスト運動を考えれば、日本女性は良い子ちゃん過ぎるくらい。1789年のパリジェンヌを見習うべきかと。

ちなみに中国における女性の賃金は男性の77%で、さらに格差拡大中らしいが、一方で民間企業の管理職の35%が女性で、こちらの比率は上昇中とのことで、若干事情が異なる模様。
男女間の給与格差については、日中に大差は無いものの、日本企業における女性管理職比率は7%にも満たず、「女性活躍」と豪語する割に日本は中国に大きく遅れている。この点も、日本が世界の潮流に遅れる一方であることを象徴していると言えよう。

また、賃金だけでなく、日本では民間企業に総合職で入社した女性の65%以上が10年以内に辞めているという数字もあり、男性の29%に比して倍以上の差がある。これでは、女性管理職を増やすことなどできるわけがない。

今後、裁量労働制の導入拡大などで労働時間規制が撤廃された場合、より長時間働ける男性の優勢がますます強まり、女性労働者に対する教育効果が一層低下、賃金・管理職ともにますます格差が広がってゆくものと推測される。
posted by ケン at 12:22| Comment(0) | 労働、経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

神戸マラソンのボランティア募集から見えるもの

Dc62LePV4AAD4MO.jpg

神戸マラソンの通訳ボランティア募集。「TOEIC 700点以上」「中検2級以上」なのに、報酬・交通費ゼロ。飲食の提供無し。傘差し禁止。更衣室無し。にもかかわらず、「通訳に配置されるとは限らない」。

大学で教員が学生を募集するようなことは無いと信じてます。

日本は完全にタガが外れて、身分社会化が進んでいる。超高給の運営役員と無報酬の奴隷の二層社会。
運営役員は貴族からしか選ばれず、奴隷は一生無報酬のままという暗黒。
貴族にとっては「理想的な自由社会」だが、奴隷にとってはどうだろうか。
その視点が無い限り、廃滅の日は遠くない。
posted by ケン at 12:00| Comment(4) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

いざ大陸浪人へ!

先の週末、中国の新任地に赴いて、契約と事前打ち合わせ。
二泊三日の急行便だったが、比較的日本に近い都市だったので楽なものだった。
中国は広いので、場所によって時間も費用も大きく異なってしまう。

何故か空港までハイヤー(レクサス)の出迎え付き。
確かに「迎えの人をやりますから」とは言われていたが、準VIP待遇だった。
いやいや、自分いつからそんな重要人物になったんだ?

現地の日本研究センターと赴任予定の大学で、研究者を前に「永田町から見た朝鮮半島情勢」を報告。
これは事前に依頼があって、どう見ても自分の専門分野では無く、断ろうかと思ったのだが、「みな関心の強いテーマですので是非」と言われ、連休前に急いで資料を集め、連休中に読み込んで、ハンドアウトを作成、連休後に調整して臨んだ。いかんせん、ギリギリまで日中韓三国首脳会談などがあって、変化が激しく定説もなく、いかにも苦しいまとめ方にしかならなかった。
内容はいずれ再整理してブログに載せたいとは思っているが、基本的には「強硬姿勢一本槍のツケ」「経済制裁の無効性」「日朝関係の歪さ」「朝鮮戦争の終結によって日本が冷戦の最前線になる恐怖」などの視点から報告を行った。専門的なところには踏み込まず、あくまでも概論として話した。安全保障の専門家を対象としたものではなかったため、むしろちょうど良いレベルになったようで、非常に好評だった。「日本の視点」だけでなく、実務的な視点というのも新鮮だったかもしれない。

32266908_1225842167518649_8763154965259616256_n.jpg

昼食会にしても夜の懇親会にしても、毎回食べきれる量の倍くらいの料理がテーブルに置かれ、食べる端から注文されてゆくので、いつまで経っても減らない。本では読んだことはあるものの、実際にもてなされてみると、なかなかに厳しい。食べなければ、あちらの面子が立たないし、そうは言っても物理的限界は存在するからだ。
結果、滞在中は常に「満腹」か「腹一杯で苦しい」のどちらかで、三日目の朝などは食べないでおいたところ、案内役の人に「先生、朝食は何を食べられましたか?」と聞かれて、「いや、昨晩腹一杯食べたから食べなかった」と答えたところ、「それは申し訳ありません!今すぐ手配します!」と、近くの売店で買ってきた中華饅の山を渡されて、途方に暮れた次第。中国人は食べ過ぎです(笑)

取り急ぎ、労働ビザ取得に向けて必要な書類を用意しなければならないが、中国側のハードルも上がりつつあり、手続きが煩雑化、時間がかかりそうな気配。
このビザの関係や宿舎の準備の都合もあって、赴任は9月頭になる予定。
本ブログも「脱・永田町編」モードになります。

【追記】
時世なので、付記しておくが、今回の就活に際しては、秘書として得た知己を通じて紹介はしてもらったものの、議員の口添えや紹介の類いは一切利用していない。本件も、現地の日本研究者の懇親会に同席したその場で、大学の重鎮から声をかけていただいたことに端を発している。関係で言えば、「ボスの友だちの友だちの友だち」くらいに遠いものである。
posted by ケン at 12:06| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする